news_thumb_onepunch10 copyONE先生の代表作である今人気急上昇中の「ワンパンマン」。
原作は自身で書かれていますが、となりのヤングジャンプでの掲載はアイシールド21の村田雄介先生が絵を担当されています。

最近、最新刊である10巻が発売されました。
今はガロウ編の序章ですが、続きがかなり気になるところですね。

今回は、ワンパンマン11巻の発売日や、10巻の感想などを書いていきます。

スポンサードリンク

11巻発売日は?

ここまで、

  • 7巻:2014年12月4日
  • 8巻:2015年4月3日
  • 9巻:2015年8月4日
  • 10巻:2015年12月4日

という4ヶ月周期で発売されています。

あまり大きく発売日が変わっていないことを考えると、次の11巻の発売日も変わらない可能性が高いです。
10巻の発売予告でも、「2016年の春」ということが書かれています。

ですので、11巻の発売日は、

2016年4月4日

あたりではないでしょうか。
3日が土曜日になりますので、4日が発売予想日です。

10巻あらすじ

10巻の大まかなあらすじです

  • 前巻でガロウに負けたタンクトップマスター、チャランコが入院。
    サイタマがお見舞いに行き、武術を体験するため武闘大会に出場することに。
  • ガロウ対黄金ボールとバネヒゲは、ガロウの圧勝で終わる。
  • ガロウとカツラを探していたサイタマが遭遇。
  • ガロウは追っ手かと勘違いして攻撃するがサイタマ無傷。
    サイタマの手刀でガロウは一撃でダウンする。
  • 金属バットが護衛中に巨大なムカデと遭遇。
    鬼レベルのムカデ2体を倒すも、竜レベルのムカデ長老が出現する。

以上で、本編は終わりです。

スポンサードリンク

番外編は

  • タツマキの休日
  • センス
  • 数字

の3話。
タイトルの通りタツマキの話と、サイタマがヒーロースーツコンテストに出場する話。
数字は、童帝が肉体の強度を図る仮面を作って試す話になっています。

10巻感想

10巻を読んでまず思ったことは、番外編が多いということです。
番外編が多いのはいいことなんですけど、その分本編が削られているので「もう本編が終わったの?」という感じでした。

それでも面白いことに変わりはないのでいいのですが。

出だしの入院のお見舞いが終わるとさっそくガロウvsA級チーム。
黄金ボールが意外と善戦していましたね。
ガロウの足を射抜き、バネヒゲが応援にくるも、一瞬でやられてしまいます。

トムボウイがネタバレしていなければ、もう少し傷を負わすくらいできていそうでしたが。
タンクトップの時よりもいい戦いしていたんじゃないかなと思います。
S級といえどタンクトップも所詮やられ役ですしね。

サイタマは相変わらず。
強すぎてガロウでも話にならないですね。

適当感も半端ないです。

急に話が変わり金属バットの話になりますが、S級でも、鬼レベルにかなり苦戦していますね。
長老ムカデは金属バットには相性が悪いようですし、誰が倒すことになるのか気になるところです。

10巻は長老が出てくるところで終わっています。

あとは番外編ですね。

番外編は、

タツマキが暇人ということ。
サイタマのセンスが最悪ということ。
シルバーファングのゲームセンスが最悪ということ。

などがわかりました。
番外編のボリュームも多く、10巻の話も面白かったです。

次の11巻の発売日予想は2016年4月4日。
発売まで気長に待ちましょう!

以上、ワンパンマン11巻の発売日予想と10巻感想などについてでした。