41ufaMS+QdL._SX351_BO1,204,203,200_ copy

ハイセが自分の過去を探り、どんどん真相に近づいていますね。
単行本の5巻では、ハイセの過去をよく知る人物の一人、月山が絡んだ話が主体でした。

最初はチームワークがなかったクインクス部隊も、どんどん力をつけています。
「ロゼ」討伐編は、今が最高潮と言えるくらい盛り上がっていますが、5巻ではその途中のかなり気になるところで終わっており、続きが早く読みたくなりますね。

今回は、東京喰種(トーキョーグール):re6巻の発売日や、5巻のネタバレ感想やあらすじについて書いていきます。

スポンサードリンク

6巻発売日は?

物語が大いに盛り上がっており、6巻も衝撃の内容となります。

気になる6巻の発売日ですが、

【2016年3月18日金曜日】

であると予想されます。

ここまでは、

5巻:12月18日
4巻:9月18日
3巻:6月19日
2巻:3月19日
1巻:12月19日

と、発売されていますので、3ヶ月後の3月18日が発売日でしょう。
19日になることはないと思います。

5巻あらすじ

大まかなあらすじを箇条書きにて書いていきます。

スポンサードリンク

  • 月山の使用人「カナエ」が体を改造される。
  • ハイセ発案「マスク作戦」にて、グールの内情を探る。
  • 月山家殲滅戦。
  • 月山グループ側はほぼ壊滅。捜査官側も甚大な被害。
  • 屋上のハイセと月山の戦いにカナエ乱入でハイセがちょっとだけ覚醒。
  • 屋上に「梟」現る。

というようなあらすじになっています。
5巻は戦いが多く、たくさんの喰種と捜査官がやられました。

「梟」の登場で物語がどう動くのかかなり気になるところですね!

以下、5巻の感想などを書いていきます。

ネタバレ感想

5巻はたくさんの人や喰種がお亡くなりになったなーという感じです。
人を食べているといえど、あそこまで徹底的に喰種が殲滅されているところを見ると心が痛みます。

月山が「あんていく殲滅戦」の際のカネキの心情を感じ、多くの喰種の思いを背負い戦う決意をするところもいいですね。
ハイセと戦っている中、無力化しようとするところを見ると、まだまだカネキくんに未練はあるんかなと思いますが。

捜査官のキジマと伊丙入がやられたのも意外でした。
伊丙入は上がなくなってましたし、キジマも頭にチェーンソー刺されて、失禁までしている人間が生きているわけありません。

それにしてもアオギリの「ノロ」は何者なのでしょうか。
強すぎて全く足元にも及びませんし、最後の攻撃で誰がどれだけやられたのかも気になりますね。

ハイセも気になりますが、クインクス+αの方も続きがかなり気になるところです。

亜門さんもどこにいってしまったのでしょうか。
6巻で登場することを期待しましょう。

まだ続きを読んでいませんが、6巻では何か大きなことが起きるそうです。
早く続きが読みたいところですが、来年の春、3月18日まで首を長くして待ちましょう!