過冷却コーラの作り方や注意点!失敗の原因や爆発の危険性は?

スポンサードリンク




夏休みの自由研究といえば、毎年困るのがテーマを決めることです。実際に自分が興味を持てることでないと実験をしても楽しくありません。そこでオススメなのが過冷却をテーマにした自由研究です。

とくにみんなが大好きなコーラを過冷却水にすることができるなら楽しいと思いませんか?

今回の記事では、自由研究にもおすすめの過冷却コーラの作り方や注意点などをお話していこうと思います。

過冷却コーラの作り方や注意点!失敗の原因や爆発の危険性は?

そもそも、過冷却コーラって何の事だか分からないという方もいるでしょう。

過冷却コーラは、『過冷却という現象を利用してつくるフローズンコーラ』のこと。
過冷却とは、水などの液体が凍るはずの温度より低くなっても液体の状態が保たれる現象のことで、この現象を利用して液体がペットボトルに入っている時は液体のままで、コップに注ぐと凍り始めるということになります。

これをコーラで作ってみようということなのです。

過冷却コーラの作り方は?

では、さっそく過冷却コーラの作り方をご紹介していきましょう。

1.常温のコーラの500mlペットボトルを準備します。

缶のコーラは、爆発する可能性があるので必ずペットボトルのコーラを使いましょう。
また、最初から冷えたコーラを使うと冷えすぎてしまうので失敗の可能性もあるので常温の物を準備してください。

2.コーラをよく振りましょう。

炭酸飲料をよく振ると蓋を開けた時にあふれ出ますね。
コーラの入ったペットボトルがパンパンになるぐらいまでよく振って、炭酸を抜くようにしましょう。

よく振って炭酸を抜くことで、完成した時に蓋をあけたコーラが噴き出るのを防止します。

3.冷凍庫に入れて3時間15分冷します。

冷凍庫の温度や効き具合などによっても時間は変わるので目安になりますが、完全に凍ってしまわないように冷凍中には何度かコーラの状態を確認しましょう。

4.蓋を外して、コップに注いで完成

蓋を外す時はゆっくりと開けるようにしましょう。
勢いよくキャップを外すと吹き出してしまう可能性がありますので、注意しましょう。

これで完成です。
意外と簡単でしたね。

過冷却コーラは破裂の心配はないの?

炭酸水を冷凍庫に入れるときいて、一番気になるのは破裂の危険性でしょう。

本当にペットボトルのコーラを冷凍庫に入れて冷やしても破裂はしないのでしょうか?

過冷却コーラの作り方でもお話したように、缶のコーラを使うと破裂の可能性があるので絶対にやらないでください。

ココでは必ずペットボトルのコーラを使うことを御紹介しています。

ペットボトルもさまざまなサイズがありますが、大きすぎるペットボトル避けた方がいいでしょう。

なぜなら、先ずは炭酸を抜くためによく振らなくてはいけません。
それを行わないと爆発まではしなくても、蓋を開けた時にコーラが噴き出す可能性があるからです。
大きなペットボトルだと炭酸を抜く作業も大変なので、500mlぐらいが適当なのでおすすめです。

過冷却コーラを作る時のよくある失敗は?

では、実際に過冷却コーラを作る時によくあるのはどのような失敗があるのでしょうか?

ペットボトルを使った場合には、破裂することはほとんどありませんが、長時間冷凍庫に入れっぱなしにすると容器が破損する可能性があります

コーラの状態を見ながら、実験をするようにしましょう。

また、缶だけでなくビンのコーラも破裂の可能性があるのでこの実験には向きません。

冷凍庫の温度は、-15℃から-20℃です。
極力、冷却中のコーラを刺激しないようにすることが大切ですので、冷蔵庫の開け閉めが多いご家庭の場合には失敗する可能性があります。

過冷却状態では刺激によって冷凍が開始されてしまうので、振動の少ない状態をキープしましょう。

また、蓋を開ける時に、一気に開けてしまってはいけません。
必ずガス抜きをしながら開栓してください。

ゆっくりと軽くキャップを開けて、少しずつ炭酸ガスを逃すように開けるのがポイントです。
これがガス抜きですが、ガス抜きをせずに勢いよく栓を開けると、炭酸ガスが遊離して高圧になり急に吹き出す可能性もありますので、注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、自由研究にもぴったり、夏にたのしみたい過冷却コーラの作り方についてご紹介しました。

過冷却コーラと言うとイメージがわかないかもしれませんが、わかりやすいのはコンビニなどによくあるフローズンコーラです。美味しいですよね。

氷みたいなのにシュワシュワしていて、おいしいですよね。
そんな過冷却コーラをどのようにつくるか、どんな温度が最適か、どのくらいの時間冷せばいいのか、など条件をかえて作ってみることで自由研究にもなります。

もちろん、できた過冷却コーラは美味しく頂くことができるので、ぜひ、楽しみながら実験をしてみてください。

くれぐれも、破裂の恐れがある缶やビンのコーラを使わないように気を付けましょう!

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です