自由研究で中学生向け簡単な工作テーマ例まとめ【2020夏休み編】

スポンサードリンク




夏休みの課題と言えば、自由研究!
アイディアが浮かばず、どうしようと悩むお子さんも多いと聞きます。
できるなら簡単に自由研究の工作を終えたいですよね。
そこで、中学生の方向けの自由研究の工作ってどんなものがあるのか?見ていきましょう。

自由研究で中学生向け簡単な工作テーマ例まとめ【2020夏休み編】

1、ガリレオ式望遠鏡

「スーパームーン」、「獅子座流星群」と最近夜空の観察が話題になることが多いですね。
将来は「NASA」や宇宙飛行士を夢見ているお子さんにおススメしたいのが、手作りの望遠鏡です。

作り方は、こちらのサイトをご覧下さい。
https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/idea_db/831.html

望遠鏡の基本形は、ガリレオタイプです。
おおよそ400年前に「ガリレオ・ガレイ氏」により製造されました。
ガリレオは、自作の望遠鏡で土星の輪や木星を周回する衛生を見つけたと言われているのです。

望遠鏡の仕組みについて少しみていきましょう。

望遠鏡は、対物レンズに凸型を接岸部分に凹レンズを使用しています。
このレンズの部分を今回の工作では、グラスの底と老眼鏡で代用するのです。
また、お菓子の筒の中に黒画用紙を使うことで光の乱反射を抑制します。

2、電波時計を作ろう

正確な時間を維持できるのが人気の電波時計もお家で作れます。
ただし、こちらはキットが必要なので学研のホームページから購入して下さい。

学研HP ; http://otonanokagaku.net/magazine/vol38/

電波の周波数により時計の情報をアンテナがキャッチします。
さらに、その受信した情報がマイコンに送信させれることにより時計が稼働する仕組みです。

現代は、電波により操作されるものが数多くあります。
将来理系に進学されたいというお子さんは、その仕組みを知っておくとより興味も深まりますね。

3、竹とんぼで飛行距離を実験しよう

ドラえもんでお馴染みの「竹コプター」。
頭の上に付けるだけで空を自由に飛べるなんていいなあ…。
それは無理な話ですが、昔ながらの「竹とんぼ」を作ってどのくらい飛ばせるのかを実験してみましょう。

作り方はこちら
https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/idea_db/914.html

プロペラ部分の形状を少し変えることで風の受け方に差が出ます。
少しでも遠くに飛ばすためには、空気の抵抗を極力避けないといけません。
羽の長さを短くしたり長めにするなどしてまずはじめてみましょう。
さらに、竹以外にもひのき、ベニア板、スギなど素材を変化させて同じ形状で飛ばして見ると面白いですよ。

4、キャンディーポットを作ろう

駄菓子屋さんでよく見かけるお金を入れると飴が出て来るキャンディーポット♪
お家にあるとどことなくレトロでかわいいですよね。
オシャレに女子ウケするものを費用を抑えて作りたいというお子さんにおすすめです。

動画サイトで作り方を紹介していますので参考にしてみるといいでしょう。

5、ハーバリウムを作ろう

枯れないお花として人気の「ハーバリウム」も簡単に作れます。
宿題の工作って作ったはいいけれどもタンスの肥になっちゃっうこと多いですよね。
ハーバリウムでしたらインテリアとして使えるので女の子におススメです。

センスが問われるので色使いや使うお花に気を配りましょう。
出来上がり次第では、お友達からも「女子力高い!」なんて言われるかも?

こちらも動画で簡単に作り方があります。

専用キットを使うと費用が高くなってしまうのでこのように100円ショップのグッズを使うとコスパもよく作れますね。

塾の勉強が忙しく、工作の材料を買いに行く時間ももったいないというお子さんもいるでしょう。

そんな学生さんは、市販の便利キットを購入して作らてはいかがでしょう。

市販の便利キット

1、アーティックサイクロンクリーナー

飲み終えた後のペットボトルにキットを貼付け、プロペラ部分を装着するだけで簡単に作れます。
プロペラが掃除機のファンとなりゴミを吸い取ってくれます。

せっかくの自由研究ですから掃除機の仕組みについてまとめておくと評価アップ!
キットを使っているんですからまとめくらいは、しっかりとしないといけません。

具体的には、

  1. 電池がモーターの動力となってファンを動かすこと
  2. ファンが高速回転することによりごみを吸引すること
  3. サイクロン式クリーナーは、ゴミと一緒に空気を吸い込み遠心力を利用して掃除をすること

という部分がポイントです。

2、プラネタリウムクラフトキット

キットを組み立てるだけでなんとお部屋でプラネタリウムを体験できます。
しかも、季節や時間による星空を勉強できるのでその後の勉強にも役に立つので一石二鳥です。

夏の夜空に見える星座や時間ごとの位置などをまとめると先生ウケするでしょう。
さらに、星座にまつわるお話なども図書館で調べて付け加えるとよりやりがいもありますよ。

3、ソーラーエコハウス

東関東大震災以後、夏や冬に電力不足が問題となっています。
ソーラーハウスを家庭で装備したり、ソーラーパネルが設置されている空き地を目にする機会も増えました。

太陽電池により集めた太陽光を電気に変換することで資源として使えるという部分についてしっかりとまとめるといいです。
なぜ、太陽光が環境に優しいとされているのかについても関心を抱くとより自由研究の完成度も高まります。

結論に触れると…。
太陽光は、原子力発電などに比べると

  • 有害な廃棄物がでない
  • 各家庭で分散して電力という資源を集められる
  • 騒音・振動などがおきない

ということです。

これからより電力をはじめとする資源問題が深刻化すると思われますのでしっかりと学ぶよい機会になります。

まとめ

中学生の工作の自由研究についてまとめさせて頂きました。
自分の興味がある分野とそうでもない物を分かる年代なので提出して課題をクリアーするのもありです。
一方で工作を作り終えた後に一歩踏みこんで、それを利用して実験やテーマを挙げてまとめてみる
と自分自信でもやりがいがありますね。

いつも夏休み最後に慌てて課題をこなしている学生のみなさん!
今年は、ちょっぴり早めに終わらせて残りの夏休みをエンジョイしましょう。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です