色が変わる食べ物やスイーツの作り方!夏休みの自由研究に

スポンサードリンク




夏休みの自由研究といえば、テーマを考えてから工作や実験をするのに時間がかかって、夏休みの最後までなかなか終わらないなんてことも少なくありません。

今年は、そんな夏休みの自由研究でいつもとは違う楽しみ方をしてみませんか?

それが、色が変わる食べものやスイーツを作ってみること。

今回の記事では、夏休みの自由研究にもぴったりな色が変わる食べものやスイーツの作り方をご紹介しようと思います。

色が変わる食べ物やスイーツの作り方!夏休みの自由研究に

まずは、色が変わる食べものの作り方をご紹介するまえに、色が変わるしくみについてお話していきましょう。

一般的に、色が変わるのは赤シソや赤キャベツなどのアントシアニン系の色素が含まれているものです。

アントシアニン系の色素が含まれる食品の色は、酸性、中性、アルカリ性で色が変化します。

アントシアニン系の色素は、酸性では赤以外の光を吸収して赤色になります。
中性になると、緑色の光を吸収することで紫色に見えるようになります。
そして、アルカリ性になると緑と赤の光を吸収するようになるので青色に見えるようになるのです。

このような法則を使うことで、不思議な色が変わる食べ物を作ることができるのです。

色が変わる魔法の焼きそばの作り方

では、まずは「色が変わる焼きそば」の作り方からご紹介していきましょう。

材料:

  • 中華麺 1玉
  • 紫キャベツ 100g
  • 水 2分の1カップ
  • 豚肉の薄切り お好みで
  • レモン汁 お好みで
  • 塩・コショウ 適量

作り方:

  1. まずは熱したフライパンに油をひいて、豚肉を炒めていきます。
  2. 豚肉に火が通ったら一度お皿に移してから、一口大に切った紫キャベツをフライパンでしんなりするまで炒めます。
  3. 紫キャベツがしんなりしてきたら水を加えて、中華麺と炒めた豚肉を戻して、塩コショウで味付けすれば完成です。

料理としてはこれで完成です。

ここで、お好みでレモン汁をかけることで赤色に変色する不思議な焼きそばになります。

また、中華麺はアルカリ性なので緑色に変色します。

味付は塩コショウだけなので、色が変わるのを楽しんだ後はお好みの味付けにすると良いでしょう。

色が変わる不思議なホットケーキ

つぎに、スイーツとしても大人気のホットケーキを御紹介しましょう。
こちらも美味しく作って色が変わるのを楽しめるので、小学生のお子さんとたのしんでみると良いでしょう。

材料:

  • ホットケーキミックス 150g
  • ブルーベリージュース 130ml
  • タマゴ 1個

作り方:

  1. ボウルに卵とブルーベリージュースを入れて泡だて器で混ぜ合わせます。
  2. 混ぜ終わったところに、ホットケーキミックスをいれてさらに混ぜ合わせます。
  3. その生地をフライパンに流して焼いていきます。
    両面がしっかり焼けたらホットケーキの完成です。

この時点で紫がかった緑色をした断面のパンケーキ。
ここにレモン汁をかけると紫色からピンク色に変色します。

ブルーベリー味のさっぱりしたホットケーキ。
見た目も可愛いピンク色で召し上がれ。

色が変わる爽やかゼリーの作り方

最後にご紹介するのは夏にピッタリのさわやかなゼリーです。

材料:

  • 紫キャベツ4分の1
  • 粉寒天 
  • 砂糖50g
  • 水 
  • レモン水
  • (あれば重曹)

作り方:

  1. 紫キャベツを千切りにして、一度凍らせます。
  2. 凍った紫キャベツを鍋で茹でて色を出します。
    ざるなどで濾して紫色の水を取っておきます。
    ※キャベツは後で食べましょう。
  3. 濾した紫色の水に砂糖と粉寒天を入れてます。
  4. 3をバッドなどに入れて冷やし固めましょう。
  5. 固まったら細かく砕いてガラスの器に盛って出来上がりです。

そして、ここからが色の変わるゼリーとして楽しめるところです。

器に盛ったゼリーにレモン水をかけると紫色から赤色に。
重曹を入れると黄色に変化します。

レモン水は焼きそばのときと同じですね。

このゼリーの味は紫キャベツの味とレモンの味なのでさっぱりしていて、夏にはぴったりです。
色の変化を楽しんだあとは、バニラアイスなどをトッピングして食べるとよりおいしく頂けます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、夏休みの自由研究にもおすすめの色の変わる食べものやスイーツの作り方を御紹介しました。

今回ご紹介したように色の変わる食べものとして使われる材料は、アントシアニン系の色素をふくんでいる、紫キャベツやブルーベリー、赤シソといったものです。

これらの材料を使って、酸性のレモンをかけることで色の変化を楽しむことができるというわけです。

実験として色の変化を写真や動画で記録しておくと、自由研究としてまとめるときにも役立つでしょう。

もちろん、安全な食べものを使っているので自由研究としてまとめた後は美味しく食べることができます。

ほかにもどんな食べ物が作れるか考えてみたり、レモン汁以外にも色を変えられそうな酸性の材料がないか考えてみるのも楽しいでしょう。

小学生のお子さんは、火を使うので大人の方と一緒に楽しみながら実験をして見ると良いでしょう。

楽しくておいしい自由研究、ぜひ今年の夏休みに挑戦してみてくださいね。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です