はと麦茶の副作用やデメリット!1日の摂取量や飲みすぎの危険性も

スポンサードリンク




 

メディアなど、健康や美容、さらにはダイエットにまで効果的だと紹介されている『はと麦』。

とはいえ、本当に飲むだけでそんな効果があるのか気になるところです。

はと麦茶ってよく聞くけど、実際はどうなの?
いいことしか聞かないけど、デメリットや副作用はあるの?
1日にどれくらい飲めばいいの?

そんな疑問にお答えします。

スポンサードリンク

はと麦茶の効能

はと麦茶には、良質なアミノ酸で形成されている

  • タンパク質
  • カリウム
  • 鉄分
  • ビタミンB群

などの栄養素がバランスよく含まれています。

その栄養素には様々な嬉しい効果が得られるんです。

肌の新陳代謝を促し、美肌にしてくれる

豊富な栄養素を含んでいることから、はと麦は美肌効果の高い穀物として知られ、肌荒れや肌の老化防止に非常に高い効果が期待できます。

さらに、はと麦茶は体内の老廃物を排出する効果を持っているので、ニキビやシミ、そばかすといった肌のお悩みも解決してくれますよ。

さらに近年では、アトピー性皮膚炎の改善にも効果があることもわかっています。

デトックス効果

はと麦茶には、食物繊維も多く含まれています。
食物繊維は腸の運動を促してくれるので、便秘解消に効果的です。
ダイエット効果が言われているのは、この便秘解消の効果からですね。
また、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防、改善にも効果的があります。
さらに便秘解消などで血液の循環がスムーズになり、

  • むくみ
  • 冷え
  • 肩こり
  • 疲れ

の改善にも期待できます。

スポンサードリンク

貧血予防

現代人の多くが鉄分不足のこの時代、はと麦茶は鉄分を補給してくれます。
飲むだけで不足しがちな鉄分を補給してくれるので、貧血予防に繋がりますよ。
特に女性は毎月の生理や出産で、鉄分が不足しがちなので、積極的に摂取したいですね。

胃の負担を減らす

人間の体は、水分を摂取すると一度胃に溜めてから、大腸などの器官へと運ばれる仕組みになっています。
しかし、水分を大量に摂取すると、胃に溜まりすぎて負担がかかり、消化不良が起こってしまうのです。
はと麦茶には、体の余分な水分を排出する利尿作用があるので、胃の負担を減らし、健康な状態を保ってくれます。

スポンサードリンク

疲労回復

はと麦茶に多く含まれている、アミノ酸は、疲労の原因となる乳酸の発生を抑える効果があります。
乳酸は筋肉痛を感じる原因にもなりますので、筋肉痛も和らげてくれるんですよ。

ガン予防

はと麦茶に含まれるコイクセノライド。
肌の新陳代謝を促し、美肌効果を得られるだけでなく、ガン細胞の増殖や発生を抑える効果があります。
はと麦茶はその効果から、子宮筋腫にも効果的だと言われているのです。

ざっと調べてみても、これだけの効果がありました。
女性の味方のはと麦茶。
これだけの利点がある中、さらに嬉しい利点があります。
それはノンカフェインであるということ。
子供からお年寄りまで安心して飲むことが出来ます。
ぜひ試してみたいですね。

はと麦茶、副作用やデメリットってある?

いいことづくめのはと麦茶。
こんなにいいことばかりあると、逆に副作用が心配、、、。
そこで副作用やデメリットについて調べました。

はと麦はイネ科の植物で、ヨクイニンという名で生薬として利用されています。
このはと麦は天然成分ですので、副作用はなんと、ほとんど心配がありません。
しかし、はと麦を摂取しない方がいい人もいます。
それは、小麦アレルギーや、イネ科の植物に対するアレルギーを持っている人です。
はと麦はイネ科の植物なので、イネ科の植物に対するアレルギーを持っている人は避けた方がいいでしょう。
さらに、小麦とはと麦は生物的によく似ています。
アレルギーを引き起こす部分や構造が似ていると言われているのです。
なので、小麦アレルギーがある人は、はと麦でもアレルギーを引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

さらに妊婦の方も避けた方がいいと言われています。
カフェインは入っていないのですが、はと麦の効果に子宮収縮作用があります。
妊娠中に子宮収縮が起こると、流産や早産の危険性が高まってしまうので、避けた方がいいとされています。
また授乳中も、母乳を通して赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があり、安全性が保障されていません。

そして、はと麦茶には、体を冷やす効果が有るので、冷え性の方は飲みすぎに注意が必要です。

はと麦茶の1日の摂取量は?飲みすぎは危険?

はと麦茶の推奨されている1日の摂取量は30gほどのはと麦を煎じたお茶をこまめに飲めばいいとされています。
ティーバッグ入りのはと麦茶を用いる場合は、1バッグどのくらいの量が入っているかを確認してから飲むようにしましょう。
あまり飲みすぎると、逆に下痢をしてしまったり、不快感を覚えることがあるので、飲みすぎには注意が必要です。
1日3杯程までにおさえるようにしましょう。



まとめ

妊娠中やアレルギー症状を持っていない場合には、いいことづくめのはと麦茶。
お茶を飲むだけで、こんなにたくさんの効果が得られるのは嬉しいですよね。
美肌効果、便秘解消、疲労回復に鉄分補給。
女性に嬉しい効果が詰まっていますね。
手軽に始められるのも魅力です。
1日のほっと一休みのティータイムに、はと麦茶を飲んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク




スポンサードリンク



2 件のコメント

  • はと麦茶をここ一月くらい、毎日飲み放題飲んでいました。最近、夜布団に入って体が温まるとカッカッと体がほてって眠れなくなりました。汗がでますが熱はありません。飲みすぎのせいでしょうか?寝起き朝一杯。朝食時4杯くらい。昼食時4杯くらい。夕食時4杯くらい。そのほか午後喉が渇いたとき飲みます。アレルギーはありません。

    • コメントありがとうございます。
      確かに、1日の摂取量としては多すぎるのではないかと感じますが、それが直接「ほてる」原因だとは言い切れないです。
      ひとまず、はと麦茶の摂取量を抑えてみて、他に何か原因がないか私生活を振り返ってみてはいかがでしょうか?
      健康だと言われるものでも摂り過ぎはよくないことがほとんどなので、無理に摂取せず、体調がひどいようであればお医者さんにご相談ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です