暑中見舞いの贈り物の時期や渡し方!目上の方へのマナーも

スポンサードリンク




暑中見舞いってなにをすればいいのか、いつすればいいのか知っていますか?
「そういえば知らなかった」という方も少なくないのでしょうか。
暑中見舞いの疑問を詳しく解説します!

暑中見舞いってなに?いつ渡せば良い?

暑中見舞いとは

暑中見舞いとは、江戸時代から続く日本独特の文化で、暑い時期に親族や知人に安否を尋ねるために行われてきました。

家に訪問したり、手紙や葉書、贈り物をして暑中の安否を伺います。
転居・結婚や出産などの近況報告をする良い機会でもあるんです。

現代では、夏の挨拶・会社での社交辞令という見方が強くなっています。

暑中見舞いの時期

暑中見舞いとはいつすればいいのでしょうか。
実はいくつかの説があり、正確な時期というのは決まっていません。
主な3つの説をご紹介します、参考にしてみてください。

  • 梅雨明け~立秋の前日(8月6日)
  • 小暑(7月7日)~立秋の前日(8月6日)
  • 夏の土用~立秋の前日(8月6日)

3つに共通しているのは、立秋の前日(8月6日)までということです。
立秋を過ぎてからは暑中見舞いでなく、残暑見舞いとなるので、立秋の前日までとされています。
もし用意が遅れてしまったら、残暑見舞いとして出しましょう。

  • 梅雨明け・土用・立秋はその年によって日が異なります。
  • 手紙や葉書のみ、贈り物も合わせてする場合どちらも暑中見舞いをする時期は同じです。

「では結局いつ暑中見舞いをするのがいいか」と疑問が残ってしまいますね。

本来、暑中見舞いというのは暑い時期に安否を尋ねるのが目的とされているので、夏の1番暑い時期するのが良いでしょう。
相手を見舞うものなので自分の住む地域でなく、暑中見舞いをする相手の地域の1番暑い時期です。
地域により差があるので確認が必要です。

暑中見舞いに「いつからしてもいいのか」に明確な決まりがないので、7月中旬頃から立秋の前日までにすればマナー違反となることはありません。

暑中見舞いのマナー

暑中見舞いで気をつけるマナーを確認しましょう。

暑中見舞いの例文

暑中見舞いの定番、手紙や葉書のメッセージの書き方例をご紹介します。
贈り物をする際にもメッセージをつけるのが暑中見舞いのマナーとなっています。

暑中見舞いをする前に相手からお中元が届いていたら、お中元を頂いたことへのお礼もいれると良いでしょう。

今回は目上の方や上司への暑中見舞いの書き方を例とします。

1 暑中見舞い申し上げます

まずは挨拶として「暑中見舞い申し上げます」を最初に書きます。
知人や親族にはこれでいいのですが目上の方には「暑中お伺い申し上げます」と書いた方が印象が良いです。
葉書などでは、この挨拶文が大きめの文字になるようにしましょう。

2 相手の安否や健康を問う言葉

暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか

などと、季節や気温の話題に触れながら相手の安否を問うのが良いでしょう。
または

猛暑が続いておりますが、ご家族の皆様は元気でお過ごしのことと存じます

と相手の家族を気遣うのも好印象です。

3 自身の近況報告

上司や目上の方にはなにか特別な報告があるときのみ近況報告を入れます
知人や親族など親しい間柄のみ自身の近況報告をする、と覚えておきましょう。

4 日頃の感謝・今後の交誼を願う言葉

何かとお世話になり、お心かけ下さりありがとうございます」

と日頃の感謝の後に、今後の交誼を願う言葉を書くと良いでしょう。

「今後も変わらず、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申しあげます」
「これからもご指導よろしくお願いします」

と書きます。

5 相手の健康を気遣う言葉

「しばらくは暑い日が続きますので、ご自愛くださいますようお願い申し上げます」

など相手の健康を気遣う言葉で暑中見舞いの文章を締めくくります。

6 最後「○年 盛夏」と書けば暑中見舞いのメッセージは完成です。

全体で10行ほどになるとバランスの良い暑中見舞いのメッセージになります。
あまりに短いものや、長すぎる文章にならないように注意しましょう。
印刷葉書を使う場合でも手書きで一筆添えるのが良いですね。

  • 頭語、結語は不要
    暑中見舞いには拝啓や敬具などの言葉は必要ないのでいれなくて良いです。
  • 上司や目上の方には写真入り葉書を使わない
    暑中見舞いの葉書に家族の写真をいれることもありますよね?
    知人や親族には良いですが、上司や目上の方には失礼にあたるので別の葉書を用意しましょう。
  • 修正ペンや修正テープは使わない
    親しい間柄でない限りは間違えたら別の紙に書き直しましょう。
    特に目上の方には修正したものはNGです。

暑中見舞いの贈り物マナー

暑中見舞いで贈り物をする際にも必ずメッセージをつけます。

紅白蝶結びの熨斗をつけ、

暑中御見舞
暑中御伺

の表書きで用意します。

  • 手渡しの場合は外のし
  • 郵送で送る場合は内のし

です。

贈り物の品物は、季節感のあるお菓子や飲み物・フルーツ・洗剤などの日用品が一般的です。

上司へ暑中見舞いで贈り物をする際は、家族で分けられる個包装の洋菓子や定番のビールなどの酒類が喜ばれます。
金額としては3千円~5千円が相場となっているようです。

また、お中元を贈った場合は暑中見舞いと品物が同じにならないようにしましょう。

郵送ではなく、訪問先で直接贈り物を渡す際には外袋(持ち歩き用の紙袋等)から出し、正面を相手に向けて渡します。
外袋は邪魔にならない所に置いておき、持ち帰ります。

まとめ

暑中見舞いの贈り物や時期・マナーなどをまとめました。
暑い季節に気持ちの良い挨拶となるように暑中見舞いのマナーや注意点を確認しておきましょう。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です