夜用アロマのおすすめや寝る前の使い方!睡眠改善や安眠に

スポンサードリンク




アロマテラピーというものをご存知ですか?
最近では、あちこちでアロマを取り入れているので、知っているという方が多いかと思います。

アロマテラピーは、リラクゼーションに使われるエッセンシャルオイルやさまざまな植物をベースにしたオイルを使って行う自然のヒーリングです。

ふと嗅いだ香りで昔の記憶を思い出したり、気持ちが和らいだり、という経験はありませんか?
それは偶然の出来事などではなくて、嗅覚と脳のメカニズムによるものなのです。

嗅覚は私達人間の本能の部分に深くかかわる重要なシステムであり、エッセンシャルオイルが体に働きかけるシステムに大きく関わっていて、それを利用したものがアロマテラピーになります。

アロマテラピーは、主に花や茎、葉、根などの様々な植物から抽出されるエッセンシャルオイルを使用しています。

アロマテラピーの効果

ではそんなアロマの効果にはどんなものがあるかご紹介します。
基本的にアロマテラピーは香りによってリラックスさせたり、精神状態を安定させたりする事を目的としています。
その代表的な効果が、

  • 抗菌・殺菌してくれる
  • ストレスを解消して、豊かな感情をもたらす

この2つになります。

まず1つ目の抗菌・殺菌についてですが、アロマテラピーで使われるエッセンシャルオイルには、防腐剤の性質があります。
また、抗菌作用もあるので、肌の質を整えるのには効果的です。

心地よい香りに包まれていると、自然とストレスも緩和されてくるので、お肌の状態も良くなってくるのかもしれませんね。

そして2つ目のストレスを解消して、豊かな感情をもたらすことについてですが、アロマテラピーで使われるエッセンシャルオイルは、リラクゼーションマッサージで使われます。
よい香りに包まれながらマッサージを受けることで、心身共にリラクゼーション効果が高まって、ストレス脳を解消することができるのです。

アロマは安眠にも効果的

さきほど、紹介したアロマの効果の2つ目。
ストレスを解消して、豊な香りをもたらすという効果、安眠に活用できると思いませんか?

忙しい日が続き寝不足気味だったり、寝つきや目覚めが悪い方、寝たハズなのに疲れが取れていない方にアロマはおすすめです。

私たちの身体は交感神経と副交感神経、この2つの自律神経がバランスを取りながら働いています。

落ちついてリラックスしているときに働く副交感神経が優位なときにはゆったりした眠りに入りやすく、逆に活発なときに働く交感神経が優位になったときにはなかなか心と身体が休まりません。

つまり「眠れない」ときは、交感神経の緊張が続いている可能性があるのです。

安眠のためには眠る前に心身共にリラックスして副交感神経を優位にしておくことが大切なんです。
アロマを使い、心地よい香りで心身を緩めることができれば、身体がリラックスして副交感神経が優位な状態を作りやすくなります。

睡眠改善のためのアロマの使い方

では、いざ寝るとき、アロマをどうすればいいのでしょうか?

簡単にできる方法は、アロマオイルをコットンやティッシュにしみこませて枕元に置いておくことです。

これならアロマオイルさえあれば今夜からでもすぐ試せます。
火も電気も使わないので、安心して眠れますね

ほのかないい香りでリラックスできれば、安眠できる身体と心の準備が整っていくはず。

ポイントとしては、自分の好きな香りを選ぶことです。

アロマにはたくさんの種類があり、それぞれにさまざまな効果があります。
睡眠改善にいい効果を選ぶことも大切ですが、その香りを好きになれなければ意味はありません。

好きでもない香りで心地よくなんて眠れないですよね。

なので、あまり効果にとらわれすぎず、自分の一番好きな香りのアロマを選んでくださいね。
なお、オイルはシミになりやすいので、シーツなどに原液をたらさないよう注意しましょう

睡眠改善のためにおすすめのアロマ

では、ここで安眠に効果的なアロマをいくつかご紹介します。

ラベンダー

ラベンダーはアロマテラピーの定番です。
フローラルな香りでリラックスできますよ。
安眠の他に、目の疲れや肩こりにも効果があります。

オレンジスイート

オレンジスイートは、柑橘系アロマの代表格です。
すっきりとした香りでストレスを和らげてくれます。
そのほかに、消化促進や冷え性への効果もあります。

ゼラニウム

ローズに似たフローラルな香りです。
リラックスやデトックスの効果があります。

フランキンセンス

フランキンセンスは、古代エジプトで神にささげられていたとされる、神聖な樹脂です。
呼吸器系にも効果があり、咳や鼻づまりがあるときなどにも効果的です。

ベルガモット

オレンジとレモンの中間の甘い香りのアロマです。
消化促進や、乗り物酔いなんかにも効果がありますよ。

夜のアロマまとめ

今回は、安眠におすすめのアロマについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
アロマもいくつか紹介しましたが、大切なのは好きな香りを選ぶことです。
いい香りに包まれて、ぐっすり眠ってみてくださいね。
きっと次の日の目覚めはすっきりしていると思います。
最近、寝つきが悪くて困っているという方、ぜひ1度アロマを試してみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です