日光浴の効果やデメリット!セロトニンやビタミンDで健康に

スポンサードリンク




皆さん、日光浴についてどのようなイメージを持っていますか?

  • 紫外線を浴びるなんて、身体に悪そう。
  • 日焼けなんてしたくない。

という風に思っている方も多いと思います。

確かに日本では「色の白いは七難隠す」という風に肌が白い方が美しい、という意識が強いです。

しかし、日光浴にも様々なメリットがあります。
今回は、日光浴の効果や、反対にデメリットについてもご紹介しますね。

日光浴の効果

日光浴の効果は、主に6つあります。

ビタミンDが増えることで免疫力がアップ

他国の人に比べ、日本人はビタミンDが不足しがちです。
ビタミンDは食事から摂取することも可能ですが、太陽の光を浴びると、体内のコレステロールが変化する事もできます。

このビタミンDが増えることで、カルシウムの吸収力をあげ、骨を強化することはができるのです。

さらに、ビタミンDには、風邪やインフルエンザなどの感染症を防ぐための免疫力向上、糖尿病などの生活習慣病の予防、筋肉・筋力の増強などの効果があります。

また妊活中の女性に嬉しい、不妊の改善の効果なども報告されていますよ。

気分を安定させるセロトニンが生成される

太陽の光を浴びると、セロトニンという物質が体内で分泌されます。

セロトニンとは、うつ病の人に不足しがちだとされる神経伝達物質のひとつで、ドーパミンやノルアドレナリンなど感情に関する情報を管理し、整える働きをしています。

幸福感や安心感をもたらして、憂鬱で不安な気持ちを和らげてくれるのです。
そのため、うつ病の治療や予防に、太陽の光を浴びることが良いとされているくらいです。

緊張や不安なことがある日は、少し早起きをして朝日を浴びながらセトロニンを分泌すると、リラックスして落ち着きを取り戻すことができますよ。

体内時計を整える

日光浴をすることで、交感神経が刺激されて脳が覚醒します。
人が眠くなるのには2つのホルモンが関係しています。

  • セトロン⇒覚醒させるホルモン。
    日光を浴びることで分泌
  • メラトニン⇒睡眠を促すホルモン。
    覚醒後14~16時間で分泌。

日光を浴びない生活をしていると、セロトニンによる覚醒ができないので、メラトニンの分泌も低下していってしまいます。

しっかりと日光を浴びていれば、自然と「朝起きて夜眠くなる」というサイクルが整っていくのです。
現代人によくある昼夜逆転の生活を送っている人は、このサイクルが狂っていることが考えられます。

不眠の悩みを抱えているなら、日光浴をしてセロトニンとメラトニンの分泌を上手にコントロールしてみましょう。

美しい肌づくりをサポートする

肌は白い方が美しい、という意識をもっている私たちにとって、これは驚くべき事実かもしれません。
しかし、太陽の光によってビタミンDが生成されるため、新しい肌細胞を成長させてくれるのです。
その結果、肌荒れが改善したり、くすみを解消したりしてくれます。

血圧を下げる

紫外線は血中の一酸化窒素値に影響することが判明しています。
肌が紫外線を浴びると一酸化窒素が増え、血管が拡張して、血圧が下がるのです。

これにより、高血圧による脳卒中や心臓病などの予防につながってくれますよ。

ダイエットの効果を上げる

日光浴には、ダイエットの効果をあげるという、女性に嬉しい効果もあります。
日光浴をして、身体を温めることにより代謝が上がり、

  • 血行の促進
  • 内臓の活発化

という効果を得ることができるのです。
血行が良くなれば、老廃物の流れを促し、内臓が活発に動くことで、消化や便通も改善されます。

さらに日光浴をすることで、体内の一酸化窒素の濃度が高まることもわかっています。
一酸化窒素は、脂肪の燃焼を促す、という効果をもっているので、日光浴と並行して運動を行えば、さらにダイエットが捗りますよ。

日光浴のデメリット

もちろん、日光浴にはデメリットもあります。

しみ、そばかすの原因になる

肌が紫外線を浴びすぎると、メラニンが増えて肌の色が黒くなります。
過剰にメラニンが生成されてしまうと、シミやソバカスを作る原因になってしまうのです。

シワや老化を早める

紫外線は肌にあるコラーゲンを破壊すると言われています。
コラーゲンが破壊されてしまうと、肌のハリがなくなり、シワを作る原因になってしまいます。

また、紫外線は表皮だけでなくその下の真皮にまでダメージを与えてしまいます。
これにより、エラスチンという顔にある繊維を切断してしまい、肌の弾力を低下させます。
その結果、肌がたるんで老化が早まってしまうのです。

皮膚がんの原因になる

紫外線を浴びると、基底細胞にある遺伝子が傷つきます。

傷ついた遺伝子は修復されますが、大量の紫外線を浴びて多量の傷ができた場合、傷が治らなかったり、傷が正しく修復されず、間違った形で治される場合もあります。

特に、子供は細胞分裂が盛んなため、大人以上に間違って修復される確率が高くなってしまいます。
間違って修復され、正常な細胞でなくなった遺伝子は、皮膚がんの原因になってしまうのです。

まとめ

ここまで、日光浴の効果とデメリットについてご紹介しましたが、いかがでしたか?
皮膚への影響が心配されますが、日光浴にはたくさんの効果があります。

1日15分程度なら、日焼け止めなしで日光浴してもさほど心配はありません。
日光を上手に使って、身体の調子を整えてみてはいかがですか?

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です