赤ちゃんを直射日光に当ててしまった際の影響や対策!カーテン越しでは?

スポンサードリンク




暑くなってきて、いよいよ夏が近づいてきましたね。
赤ちゃんが産まれて迎える初めての夏、という方もいいらっしゃるのではないでしょうか?

お母さんもまだ手探りで育児をしているなか、赤ちゃんは太陽に当たっても大丈夫なのか。
何か影響を及ぼしてしまったり、対策をした方がいいのか。などについてご紹介します。

赤ちゃんを直射日光に当ててしまっても大丈夫?

産まれてから1ヶ月未満の赤ちゃんのことを新生児といいます。

ずっとお腹の中で大切に育ててきてやっと会えた赤ちゃん。
一緒にたくさんお出かけしたいですよね。

しかし、新生児の赤ちゃんは基本的には外出を避けるべきだと言われています。
なぜなら、新生児の赤ちゃんは抵抗力がとても弱く、外に出掛けてさまざまな菌に触れ、病気になってしまうかもしれないからです。

そして、新生児の赤ちゃんの皮膚はとても薄く繊細です。
この時期に強い太陽の光を浴びてしまうと、肌の表面だけでなく、真皮にまで紫外線の影響が及んでしまうので注意が必要です。

なので、赤ちゃんを連れて外出するのは、せめて1ヶ月経ってからにしましょう。

紫外線が赤ちゃんに与える影響

新生児を卒業しても、赤ちゃんにとって紫外線はあまりいいものではありません。
ある程度の日光は、ビタミンDの生成などで赤ちゃんにとっても必要ですが、過度の紫外線は赤ちゃんの肌に悪影響を及ぼしてしまいます。

その悪影響をいくつか紹介します。

将来のしみやしわ、たるみの原因になる

産まれたばかりの赤ちゃんの肌は、大人に比べて薄く、紫外線が当たると皮膚表面の日焼けだけでは済みません。
皮膚に悪影響を及ぼす紫外線が皮膚の奥まで達し、皮膚の機能を壊してしまう可能性があるのです。

赤ちゃんとは一見無縁そうなしみやしわ、たるみ
これらは、紫外線を浴びることにより、肌にジワジワと悪影響を及ぼします。

今は何とも思わなくても、将来大きくなってきたときに症状があらわれてしまうのです。

皮膚がんの発症率が高くなる

より低年齢のうちに紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚がんの発症率が高くなると言われています。
さらに皮膚がんの発症年齢も若くなる、と言われているのです。

皮膚だけでなく目にも悪影響

なんと、過度な紫外線を浴びることで皮膚だけでなく目にも悪影響があることがわかっています。
その代表的な例が、

  • 白内障
  • 紫外線角膜炎
  • 瞼裂班
  • ドライアイ

などです。
白内障は、子供には発症しにくいと言われていますが、紫外線の影響で十分に発症が考えられます。

これらが、赤ちゃんが過度に紫外線を浴びてしまったときに考えられる影響です。
大人でも紫外線を浴びすぎるのは良くないとされているので、皮膚の薄い赤ちゃんにはさらに注意が必要ですよ。

具体的にはどんな対策をとればいい?

それでは、赤ちゃんに悪影響を及ぼす直射日光からどのように赤ちゃんを守ればいいのでしょう?
具体的な対応策をいくつかご紹介しますね。

  • 夏でもノースリーブは避けて、薄手の袖が長い服を着せる
  • 日差しがきつい10時から14時の間の外出は避ける
  • 日傘やタオルを利用して、直射日光が当たらないようにする
  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 帽子をかぶる
  • 紫外線対策ができる目薬をする

これらが赤ちゃんと外出するときにできる対策です。

もう少し大きくなれば子供用サングラスなども利用してみてくださいね。
ハワイなどの紫外線の強い国では、子供の頃からサングラスと帽子をセットで着用したりしていますよ。

室内でも危険?カーテンは効果ある?

さらに、室内でも肌に悪影響を及ぼす紫外線は、窓やカーテンを通り越して肌に到達してしまいます
外の紫外線を10割とすると、家の中の窓辺ではなんと8割もの紫外線が届いているのです。

その為、室内にいるときでも対策が必要になります。

日焼け止めを塗る

室内でも日中に日焼け止めを塗ることは、とても効果的な対策です。
大人用ではなく、肌にやさしい赤ちゃん用の日焼け止めを使用してくださいね。
外出用と室内用で、SPFの値が高め、低めと2種類の日焼け止めを使うことをおすすめします。

また、日焼け止めを塗った際は、しっかりお風呂で洗い流してあげてください
赤ちゃんの肌は未熟なので、日焼け止めが肌に残っていると、思わぬ肌トラブルに繋がってしまうこともあるので注意が必要です。

窓やカーテンに工夫をする

家の中に紫外線が届いてしまう経路は、主にです。
窓自体を紫外線がカットできるものに変えたり、紫外線のカットフィルムを使ったりしましょう。

またカーテンも通常のものより、UVカットの効果があるものや、遮光カーテンなどにする方が安心でしょう。

赤ちゃんを窓辺に近づけすぎない

そもそも赤ちゃんを窓辺に近づけすぎない工夫も効果的です。

  • ベビーベッドを窓辺に置かない
  • おもちゃやキッズスペースを窓辺に置かない

など、赤ちゃんが長時間窓辺にいることがないように注意してみましょう。

まとめ

ここまで赤ちゃんの直射日光に当たった時の影響や、その対策方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
大人は自分で対策できますが、赤ちゃんはお母さんが守ってあげないと紫外線にさらされてしまいます。
しっかり対策をして、赤ちゃんの肌や目を守ってあげてくださいね。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です