ラブレ菌の効能や効果的な摂り方!寝る前などいつ飲むのが最適か

スポンサードリンク




乳酸菌の一種「ラブレ菌」!
腸活のために毎日飲んでいる人も多いですね。

ところで、「ラブレ菌」って腸の中でどんな働きをするのでしょう。
そこで、

  • 「ラブレ菌」の効能
  • 1日のうちのいつ頃摂取するとより効果があるのか?

についてまとめさせて頂きました。

ラブレ菌って他の乳酸菌と何が違うの?

乳酸菌は、「動物性」と「食物性」の2種類があります。

ラブレ菌は、食物乳酸菌の一種

  • 酸や熱に強い。
  • 高濃度の塩分の影響を受けない。

と注目されています。
つまり、胃酸や消化液の影響を受けずに生きたまま腸に届くのです。

ラブレ菌が、体内に及ぼすメリットをよりグッと身近なものに感じられるように、ちょっとだけ腸内環境について見ていきましょう。

腸内環境を整えると良いのはなぜ?

「便秘が改善するから腸をきれいにする!」という考えは、もったいないです。
腸は、その人の寿命を左右するほど影響力の強い消化器官と言われています。

体の中にウィルスや細菌が入って来た時、リンパ球が「生命の危険だ。なんとか体の外に排除しなくては!」と活発に働き始めます。
ウィルス性の病気にかかった時に血液中のリンパ球の数値がいつもよりも多くなるのはそのためです。

腸は、必要な栄養素を吸収し老廃物やウィルス、細菌を体外に排出します。
そのため、腸の内部にはリンパ球がたくさん集まっている免疫組織の1つ「リンパ組織」があるのです。

なんと体内の免疫組織の70%が、腸内にあるとまで言われています。
腸は、消化吸収・排出以外に免疫器官として私達の体をサポートしてくれているのです。

腸をきれいにすることで、健康寿命を維持し実年齢よりも若々しくいられます
しかし、そのためにはもちろん普段から意識して「腸の健康を助けてくれる乳酸菌」を飲まないといけません。

ラブレ菌は、腸までしっかり届くタイプの乳酸菌なのでピッタリですね!
しかも、継続的に飲むことで腸活に効くだけでなく健康、美容面で効能を発揮します。
そこで、ラブレ菌の効能について見ていきましょう。

こんになにすごい!ラブレ菌の効能6つ

1、免疫力アップ

腸に届いたラブレ菌は、

  • ウィルスの繁殖を防ぎ
  • 免疫力を体内に合わせて調整する
  • リンパ球の働きを活性化する

などととても優秀な乳酸菌です。

乾燥と寒さで流行するインフルエンザにも効果があることが実証されています。

2、腸内環境を整える

腸の中に吸収されたラブレ菌は、増殖し乳酸菌を作ります。
これにより蠕動運動(ぜんどううんどう)の動きが良くなるのです。

蠕動運動は、便を運ぶ管「腸管」が活発に働いて便を体の外に排出することです。
辛い便秘の改善にもなる上に予防までできます。

それだけではありません。

腸の中には、

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

の3つの菌がいることを知っていますか?

大切なのはその比率です。
「善玉菌7:悪玉菌3」が、健康な腸のバロメーターとされています。

「あれれ…。日和見菌どこ行ったの?」とい部分がポイントです。

実は、この日和見菌は気まぐれ屋さんなので「善玉・悪玉」のどちらにもなれる上に強い菌の方に変化します。

ここでラブレ菌をしっかりと摂取すると、元となる善玉菌が増え日和見菌もそちらに変化します。

善玉菌がグーンと増殖し便秘も改善されるのです。

3、お肌がきれいになる!

悪玉菌は、お腹の環境を悪くするだけではありません。
毒素を作り出し、さらに血液によって全身に運ばれます。

実は、肌荒れやニキビもこの毒素が原因となっていることが多いと言われています。

ラブレ菌を摂取し、腸内環境を整えることで気になる肌トラブルともさよならできるかもしれません。

4、血中コレステロール・中性脂肪値を低下させる

植物性乳酸菌ラブレ菌は、脂質異常症の方にもおすすめです。
動物性由来の乳酸菌に比べて、コレステロールの含有量が少なくさらに体外へ排出させる働きもあります。

さらに、肥満の原因と言われる中性脂肪まで改善してくれるのです。
血液がサラサラになると動脈硬化のリスクも低下します。

5、アレルギーを改善・緩和する

ラブレ菌により腸内環境、免疫バランスが整うことでアレルギー体質が改善されます。

アレルギーの症状は、腸内の環境と密接に関係しています。
実際に、アレルギーで悩まされている人は、善玉菌が少なく悪玉菌が多いことが実証済みです。

6、更年期による筋肉のコリを改善する

閉経前後に更年期障害で悩んでいる女性も少なくありません。
血流を改善し、冷え性や肩こり、腰痛を和らげる働きがあるので悩まれている方は、試されてみてはいかがでしょう。

こんなにしっかりと体内で重要な役割をしてくれるラブリ菌ですが…。

摂取の仕方によっては、その効能も半減してしまいます。

そこで、ラブレ菌の効果的な摂り方ついても見ていきましょう。

飲むタイミングを工夫してラブレ菌の効果をアップさせよう!

1、食後

食後は、胃の中にまだ食べ物が残っています。
そのため胃散の分泌も弱く、ラブレ菌を飲んでも影響を受けにくいです。

特におススメなのが、夕食後です。
なぜならば、乳酸機が活発に体内で働くのはゴールデンタイムと呼ばれる「夜10時〜深夜2時」とされています。

2、継続して飲む

ラブレ菌は、体内の中に2日〜7日しか留まれません。
効果をしっかりと得るためには、毎日継続して飲むと良いです。

ラブレ菌を効率よく摂る!

効能と飲むタイミングはわかりましたが、どうやってラブレ菌を摂ればいいのか迷いますよね。

ラブレ菌はもともと、京都のふるき漬けというお漬物から発見されたものです。

とはいえ、馴染みのない地域では、ふるき漬けを毎日食べるのは一苦労。

ラブレ菌を摂取する方法でおすすめなのはサプリを利用する方法です。

ですが、サプリって少し抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方には最近注目されている『飲む乳酸菌』がおすすめです。

micoco』という飲む乳酸菌は、ラブレ菌などの乳酸菌やその他の栄養がたっぷり入っているので、女性に特におすすめです。

ラクリス菌とラブレ菌、さらに飲む点滴と言われている甘酒の原料、米麹が含まれているので、腸内環境を整えるだけでなく、健康や美容にも効果があります。

飲みやすく、毎日続けやすいのもGOOD!

気になる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

詳細はこちら→【micoco 飲む乳酸菌】

まとめ

健康のために積極的にラブレ菌を食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?
ただし、人によって効果を得られる乳酸菌の種類は違います。
最低でも2週間ほど毎日飲んでみても「イマイチだなあ。」と感じる時には、別の乳酸菌飲料やサプリを試してください。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です