悪玉菌を減らす食べ物や料理のレシピ!善玉菌を増やすサプリメントも

スポンサードリンク




お腹の健康を保つために必要なこと。
それは、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることです。
腸が不調だと体のさまざまなところに影響してしまいます。
ですから、いつでも腸は健康な状態にしておきたいものです。

そこで、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすためにできることはいくつかありますが、今回の記事では食べ物で悪玉菌を減らす方法をお話していこうと思います。

悪玉菌を減らす方法

そもそも悪玉菌とは何かご存知ですか?
私たちの腸内に存在する細菌のなかでも体に悪い影響を及ぼすものが悪玉菌です。

腸内に何兆もの細菌が存在していて、悪玉菌と体に良い影響を及ぼす善玉菌があります。
悪玉菌が増えてしまうと、腸内にメタンガスや腐敗物質などの有害物質が増えてしまい、腸のはたらきが悪くなったり、消化不良や便秘といった症状を引き起こしてしまいます。

また、肌荒れやアレルギーを悪化させる原因になる事もありますし、腸内に発がん性物質が増えることも考えられます。

なので、悪玉菌を減らすことが大切なのです。

では、悪玉菌を減らすにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、栄養バランスのとれた食事をしっかりすることで、腸内環境を整えていきましょう。

悪玉菌を減らす食べ物は?

では、どのような食べものが悪玉菌を減らすのでしょうか?

増殖すると、腸は便秘や肌荒れだけでなく病気の原因になる有害物質や毒物を作り出してしまう悪玉菌を減らすには、善玉菌を増やすことが大切です。

腸の中の善玉菌が増えると、体に悪影響を与える菌がぐっと減ります。

善玉菌を増やす食べ物としては、

  • ビフィズス菌を含んだヨーグルト
  • チーズ
  • 糠漬け
  • 味噌
  • 納豆

などの発酵食品があります。

悪玉菌は食べ物かすが好きなので、食べ物かすが腸内に長くとどまらないように順調に体外へ排出されることも大切です。

そこで、食物繊維を多く含んだ食べ物もおすすめです。

  • ゴボウや大根などの根菜
  • じゃがいもやサツマイモなどのイモ類
  • シイタケやシメジなどのキノコ類
  • ワカメやヒジキなどの海藻類

などがあります。

これらの食材を上手に取り入れて、腸内環境を整えていくようにしましょう。

悪玉菌を減らす料理のレシピ

それでは、毎日の食事にどのように悪玉菌を減らす食材を摂りいれていけばいいのでしょうか?
今回は、作りやすい悪玉菌を減らす料理のレシピをいくつかご紹介していきましょう。

1)モロヘイヤのだしびたし

材料:

  • モロヘイヤ1束
  • だし汁200cc
  • 塩 小さじ1/2
  • 醤油 小さじ2
  • みりん 大さじ1
  • 鰹節 1パック

作り方:

  1. モロヘイヤの葉と茎を分けます
  2. 鍋にお湯を沸かしてモロヘイヤの葉を茹で、30秒ほどでざるにあげます。
  3. だし汁を沸かして、塩、醤油、みりんで味を調えます。
  4. 出汁を2のモロヘイヤを加えて熱いうちに鰹節を加えたら粗熱を取って冷蔵庫に入れます。
  5. よく冷えたら器に盛って完成です。

さっぱりしていて美味しいので良く冷していただきましょう。

2)ゆず胡椒なめたけ

材料:

  • えのき400g
  • 醤油 大さじ4
  • 酒 大さじ6
  • みりん 大さじ6
  • 砂糖 小さじ1
  • 酢 大さじ1
  • ゆず胡椒 小さじ1

作り方:

  1. えのは石づちを切って、長さを3分の1ぐらいにカットしてほぐします。
  2. 鍋に酢とゆず胡椒以外の材料を入れて火にかけます。
  3. 沸騰したら弱火にして、えのきをそのまま入れて弱火で煮汁がなくなるくらいまで煮ます。
  4. 汁気がなくなるくらいになったら、酢とゆず胡椒を入れてひと煮立ちさせたら出来上がりです。

ご飯のお供にぴったりなので作って常備しておくとよいでしょう。
きのこをたっぷりと食べられるので食物繊維をしっかりととって腸内環境を整えましょう。

善玉菌を増やすサプリメントも活用

食事だけでなく、善玉菌を増やすためにはサプリメントを活用する方法もあります。
善玉菌を増やすためのサプリメントは、乳酸菌が腸まで届くように研究開発されていて、効率よく乳酸菌を接種することができます。

そんな善玉菌を増やすサプリメントはいろいろ販売されていますので、自分にあったものを見つけると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、悪玉菌を減らす食べ物や料理をご紹介してきました。

腸は第二の脳と呼ばれるほど大切な器官で、腸の不調によって体にもさまざまな影響を及ぼします。
ですから、できるだけ腸内環境を整えて健康な状態に保っていたいものです。
そこで大切なことが悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことです。

悪玉菌を減らすためには、毎日の食事で乳酸菌や食物繊維を積極的に摂取することが大切です。
毎日の食事で少しだけ意識して、効果のある食材を摂りいれていくようにしましょう。
また、時間がなくてなかなか料理ができないという方は、善玉菌を増やすサプリメントを摂りいれることも考えてみると良いでしょう。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です