夏休み2020海外旅行で学生におすすめの旅費や物価が安い国まとめ

スポンサードリンク




夏休みといえば、1年で一番長い休暇となるので、この機会を利用して海外旅行に行こうと計画している学生も少なくないでしょう。

とはいえ、お盆休みなどを中心に旅費がかなり高くなりますし、学生ですから旅行にお金をあまりかけたくないと考えるでしょう。

そこで今回の記事では、2020年夏休みにおすすめの学生の海外旅行について、お話していこうと思います。

夏休み2020海外旅行で学生におすすめの旅費や物価が安い国まとめ

古い街並みを楽しみたいチェコのプラハ

夏休みだからビーチリゾートというイメージがあるけれど、時間のある学生のうちに行っておきたいヨーロッパの中でも比較的物価の安いチェコのプラハがオススメです。

プラハといってもあまりイメージがわかないという人もいるでしょう。
チェコの首都プラハは、中世時代の建物がそのまま残っている町で、赤い屋根が印象的な街並みはおとぎの国のようです。

プラハは冬はきびしい寒さとなるので、気温は高くても天気が安定している8月がオススメです。

ヨーロッパの国々の中でも比較的物価が安く高級レストランやホテルで食事をしなければ、食費もあまりかからずにお腹いっぱい食べられます。

ちなみにヨーロッパの中では治安も比較的良いと言われています。

ノンビリ過ごすなら台湾のリゾート地ポンフー

親日家が多いというお国柄から、日本人に人気の海外旅行先となっている台湾。
とはいっても、台北に出かける人が多いでしょう。

実は台湾の西岸にある離島のポンフーは台湾きってのビーチリゾートとして知られていますが、日本ではまだあまり知られていない穴場です。

台北から飛行機で約1時間ほどで行けるポンフーは、台湾の中でも随一の美しい海が魅力のリゾートアイランドです。

海だけでなく、パワースポットや観光名所もあるので、タップリ楽しめます。

気をつけなくてはいけないことは、物価が安い台湾の中ではポンフーは離島ということもあり台北などと比べると少し物価が割高にはなりますが、日本に比べれば物価は安いです。

治安も悪くないので、安心してリゾートを満喫できるでしょう。

パプアニューギニアのマダン・アロタウ

つぎにおすすめするのがパプアニューギニアのリゾート地であるマダンとアロタウです。

パプアニューギニアというと日本から遠く離れたイメージがありますが、実は日本から直行便もあり約7時間のフライトで行くことができます。

そして、なんといっても魅力は自然が色濃く残っている事でしょう。
アロタウは、特にダイビングをする人には魅力的なエリアで、ソロモン海とコーラルシーの2つの海の特徴を兼ね備えた美しい景色を見ることができます。

マダンはパプアニューギニアの北西エリアにあり、こちらもダイビングにピッタリです。
残念ながら物価は日本とあまり変わらないと言われていますが、治安もよく安心して滞在を楽しむことができるでしょう。

短めの旅行なら安くて充実感のある香港

学生にとって長い夏休みもアルバイトなどでなかなか時間が取れないなら、2泊3日のツアーから楽しめる香港がオススメです。

夏休みの期間中どの時期に行くかにもよるけれど、安ければ3万円程度で3泊4日のツアーを見つけることもできます。

香港と言えば、レトロとモダンが入り混じった街並みで、食べ物もおいしいしショッピングも楽しいです。

また、夜には音と光のショーが無料で楽しめたり、移動手段の乗り物も日本では体験できない物ばかりで、それだけでも楽しめます。

物価は高いけれど吸収できるものが沢山のニューヨーク

個人的に学生の時にぜひ訪れていただきたい街がニューヨークです。
ニューヨークも冬はきびしい寒さなので、夏休みがおすすめ。

お馴染みの観光名所もたくさんあるけれど、デパートをのぞいたり、小さなショップを見てみたり、美術館や博物館に足を運んだり、充実した時間が過ごせます。

多くの国や地域の人たちが住むニューヨークだからこそのパワーを肌で感じることができるので、学生時代にぜひ訪れてみてください。

実際に価値観が変わったり、将来やってみたい仕事を見つけることができたり、刺激を受けることがあるでしょう。

とはいえ、ニューヨークはアメリカ国内でも物価が高い地域ですから、滞在費にはお金がかかってしまうかもしれません。

けれども、1週間滞在用でキッチン付のアパートなどもあるので、上手に利用して滞在費を抑えることもできます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、夏休みに学生旅行におすすめの海外旅行先をご紹介しました。
学生だからこそ、時間がたっぷりあったり、安くても楽しめたり、といったポイントでおすすめをご紹介しました。

夏休みだからこそのビーチリゾートもいいし、せっかくなので歴史を感じられる街を散策するのもいいでしょう。

そして、何より日本では体験できないこと、観られない景色を見ることで、刺激を受けることができる場所がいいですね。

ぜひ、自分にピッタリの旅行先を見つける参考にしてください。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です