リゾートバイトのメリットやデメリット!おすすめの場所や職種も

スポンサードリンク




 

「リゾートバイト」って楽しいイメージもある一方で…。
仕事がきつそうなブラックバイトも多そうですね!
せっかく夏休みをエンジョイしながらお金を稼ごうと思っているのにそんなバイトだったら最悪としか言いようがありません。

そこで、今回はリゾートバイトの「メリット・デメリット」についてまとめさせて頂きました。
さらに、おすすめの場所や職種も一緒に見ていきましょう。

リゾートバイトのメリットやデメリット!おすすめの場所や職種も

リゾートバイトのメリット

1、生活費が掛からない

リゾートバイトの多くは、寮生活となるので

  • 住居費
  • 食費
  • 光熱費

の3つがタダです。

暑い夏、1人で家に居るとエアコン代だけでも馬鹿になりません。
しかも、その他の生活費も掛からないのですから出費を抑えてお金を稼ぎたいという人には、最高のバイトです。

2、リゾート気分も味わえて最高♪

短期間だけ見知らぬ土地で働けるのも「リゾートバイト」の魅力です。
旅行では周り切れない観光スポットまで足を伸ばせます。
バイト先で仲良くなった友達と一緒に地元のお祭りや花火も楽しめるのも夏ならではですね。

リゾート地と言えば高原のペンションや山の中にある温泉旅館を思い浮かべますね。
しかし、あくまでもイメージです。

海の家や海岸沿いのホテル、夏フェスでもリゾートバイトを募集しています。
山も海も好きな方を選べるのも人気の理由です。
仕事に疲れた後に行きたい場所に行けば、心身共にリフレッシュできますね。

3、交流関係が広がる

色々な所から稼ぎに来ているので普段の生活では、繋がれない人達と交流できます。
知らない土地でバイトしようと思うだけあって、明るく気さくな人柄の人が多いでしょうから友達をたくさん作りたい人におススメです。

しかも、バイトに来ている人達の中には

  • リゾートバイトをしながら日本1周をしている人
  • このバイトで生計をたてている人
  • サラリーマンをしながら休暇を利用して稼いでいる人

となかなか面白そうな人もいます。
自分とは違う価値観の人と出会えるのもメリットの1つです。

リゾートバイトのデメリット

1、ソリが合わない人との生活

用意された寮が、相部屋のことも多いのでウマが合わないとかなりきついです、
どんなに頑張って「仲良くなろう!」と思っても相性なので無駄です。
仕事で疲れている上に寮でも気を使わない環境は、かなりしんどいかも!

また、気が合っても相手のいびきがうるさくて困ったという人も多いです。
部屋が汚いのも辛いですが、色々な面で個室完備のリゾートバイトを探しましょう。

2、繁忙期は仕事がきつい!

リゾートバイトだけに夏休み、特にお盆休みは書き入れ時なので仕事も大変!
週1休みでほぼ朝から晩まで働き続けて…と言う話しもなきにしもあらずです。
しかも、仕事の飲み込みが悪いと足手まといになってしまうこともあります。
遊び半分で応募するのはやめましょう。

3、周りがへんぴで何もない!

リゾート地なんではっきり言うと「田舎」です。
都会生活に慣れている人にとっては、かなり不便を強いられます。
主要駅から遠い上にバスすらも満足に走っていないとなるとせっかくの休日の行動範囲も限られてしまうことに…!
アクセスしやすい場所を選ぶのも需要ですね。

さらに、買物もコンビニ1軒あればいい方です。
買物もままならなかった。」なんてことになると大変なので事前の持ち物もしっかりと確認して出発しましょう。

4、辞めたくても辞められない!

やる気マンマンで応募してもフタを開けてみたら「職場の環境が自分に合わなかった」、「求人内容と違った」ということもあります。
辞めて別のバイトを探そうと思っても代わりが見つからないとなかなかやめれないです。
中には、逃げてきたという人もいますが…社会人としていかがなものでしょう。

そこで、これからリゾートバイトをしようという人のためにおススメの場所や職種をまとめてみたので一緒に見ていきましょう。

リゾートバイトのおススメの場所

1、沖縄

南国気分をたっぷり味わえる沖縄は、いかがでしょう。
透き通った海、島国ならではの独特な風習と思い出たっぷりのひと時を過ごせます。
ただし、台風が多く天候が荒れやすい時期なのがネックかも…。

2、箱根(神奈川県)

箱根は、都心からのアクセスが良いのが魅力です。
バイト先によっては、無料で温泉施設を利用できるので仕事の疲れもこれですっきり!
休日は、登山鉄道に乗って観光もするも良し、都心に戻って新宿などで遊ぶのもOKです。
リゾートバイトはしたいけれども田舎すぎるのはちょっと…という人におススメします。

3、北海道

台風の影響も受けずに夏場、比較的温暖に過ごせる北海道もリゾートバイトにバッチリです。
札幌で30度超えなどとニュースで報道されますが、それでも本州の蒸し暑さに比べれば、過ごしやすいとされています。
自然もたっぷりなのに都会的なのでバイトも遊びもバッチリ!

リゾートバイトにおすすめの職種

1、裏方業務(ベッドベーキング・食事作り・清掃など)

面倒なお客さんと関わらなくて済むのがポイントですね。
しかも、仕事も単調で覚えてしまえばとても簡単なので初心者でも働きやすい職種でしょう。

2、フロント

接客なのでそれなりに会話力が必要ですが、やりがいはあるでしょう。
将来ホテルマンとして働きたい学生さんは,どんな仕事なのか?チェックする絶好の機会ですね。

ただし、ホテルによっては英語力も重視されるので苦手な人は、基礎会話くらいは抑えておきましょう。

3、売店

レジ打ち、商品陳列、清掃などの仕事なのでコンビニとほぼ同じ内容です。
メインのレジ打ちは誰でもできるのでとても簡単!
それほど激コミすることもなく慣れてしまえば、それなりに楽しくバイトできると思います。

ネットで簡単にリゾートバイトを探す!

以上のリゾートバイトのメリットやデメリットを考えたうえで、バイトをするのかしないのかを決めるようにしましょう。

当たりはずれはあるでしょうし、しっかりと考え、相談したうえで決めたほうがいいですね。

最近では、ネットでも簡単にリゾートバイトを探すことができます。

リゾバ.com

というサイトでは、様々なシーンやニーズに合ったリゾートバイトを探せます。

登録からお仕事までの流れが写真付きで書かれていたり、場所や職種などからバイトを簡単に探せるのでおすすめです。

メリットデメリットをしっかり考慮したうえで、リゾートバイトを経験してみたいという方は利用してみてはいかがでしょうか?
(ちなみに、18歳未満は利用できないようです。)

詳細はこちら→リゾバ.com

まとめ

リゾートバイトのメリット、デメリットをご紹介させて頂きました。
しかし、実際にチャレンジしてみないことには自分に向いているかどうかは分かりません。
失敗してくじけることを恐れずに気になったリゾートバイトにドンドン応募してみましょう!

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です