夏のバイトのおすすめや楽しい職種は?海の家や旅館の住み込みも

スポンサードリンク




 

梅雨も明けていよいよ7月です。
「夏休み中はバイトをして稼ごう!」
と思っている学生さんも多いと思います。
そこで、しっかり稼げて思い出にも残る夏におすすめのバイトをいくつか見ていきましょう!

夏のバイトのおすすめや楽しい職種は?海の家や旅館の住み込みも

プールスタッフ

夏と言えば、プール!
各市町村で短期限定で募集することが多く、夏期だけバイトしたい人も応募しやすいです。
プールスタッフの職種は、

  • 監視員
  • 受付
  • 売店

があります。

それぞれ見ていきましょう。

<プール監視員>

仕事内容は

  • プールで溺れている人を助ける
  • 危険な行動をしていないかチェックする
  • 迷子の保護

などです。

時給は平均¥1,000前後

メリット 

  • スキルがなくてもOK!
  • 監視台に乗ってチェックするだけなので楽チン♪
  • 施設によっては無料で泳げることもある。

デメリット

  • 暇なので時間が長く感じられる。
  • 溺れた人がいた時の監督不行き届きが怖い。
  • 眼が疲れる。
  • 屋外プールだと暑い上に日に焼ける。

<プール受付>

仕事内容は、

  • 遊びに来たお客様の接客対応
  • レジ打ち
  • 放送業務

などです。

時給は、平均¥900前後

メリット

  • エアコンが管理された室内にいられるので快適!
  • 仕事がシンプルで簡単である。
  • 泳げない人でも申し込める。

デメリット

  • お金を管理するので責任感が必要。
  • クレームを付ける客の対応がめんどくさい。
  • シフト制のことが多く、ガッツリ稼げない。

<プール売店>

仕事内容は売店なので主に販売業務です。
施設によっては、ソフトクリームや焼きそばを作って売ることもある。

時給平均は¥900前後

メリット

  • 作業が簡単なので誰にでもできる。
  • ある程度忙しいので時間が過ぎるのが早い。

デメリット

  • 屋外で露店タイプだとかなり暑い!
  • 調理経験がないと慣れるまで大変なこともある。

筆者の弟も学生時代にプール(売店)のバイトをしていました。
市営プールだったのでそれほど激混みすることはなく、と言って暇なワケでもなくほど良い感じだったようで4年間ほど夏休み中はお世話になりました。

同世代の友達もでき、丸1日バイトだったので1ヶ月ちょっとで15万円も稼げたと喜んでいましたが、屋外だったのでかなり暑く大変だったようです。

海の家

夏のレジャースポットの定番「海」!
真っ青な海を見ているだけで気持ちが「スッー」と開放されます。

さらに、サザンのBGMがあれば筆者的には最高です♪
地元の海水浴場にいながら湘南のビーチに行ったつもりになって過ごせます。

そんな海好きな人におススメのバイトが「海の家」です。
若さ溢れる笑顔さえあれば、特別なことは必要ないので応募しやすく例年学生さんから人気があります。
寮が完備の「海の家」もあるので他県からでも旅行気分で楽しくバイトができるでしょう。

仕事内容はおもに、販売接客です。

平均時給は、¥1,000〜¥1,500前後

メリット

  • 誰でもできる仕事なので応募しやすい。
  • 同世代が集まるので気が合えば楽しく仕事ができる。
  • 出会いが多い。
  • ガッツリ稼げる。

デメリット

  • 早朝〜夕方までと拘束時間が長いこともある。
  • 回転が早い商売なのでキビキビ動かないといけない。
  • 暑い上に、日焼けする。

体力・気力面で若い内でないと体験できないバイトなので一度経験しておくといいですね。
ひと夏の思い出としてバッチリ記念に残りますよ♪

旅館の住み込み

「夏休み中にどこも行く予定がなくってガッカリ!」という人におススメなのが、リゾートバイトです。
リゾートバイトは、観光スポットにある旅館やホテルの寮に住み込んでバイトをします。
仕事の合間に観光巡りや地元グルメも食べられると学生さんに人気です。

仕事内容は

  • フロント受付
  • 室内の清掃、ベッドメイキング
  • 調理補助など

です。

平均時給は、¥1,100〜¥1,500前後

メリット

  • 寮費、光熱費無料でバイトできる。
  • 行ったことのない観光スポットに行ける。
  • 夏限定で雇ってくれる所が多いので応募しやすい。
  • 幅広い世代の人と知り合える。

デメリット

  • 職場・寮の環境に当たり外れが多い。
  • 求人募集と実際の条件が違うこともありトラブルに発展しやすい。
  • 仕事がきついこともあり途中でやめる人もいる。

リゾートバイトは、当たり外れが多いのでその時の運次第かもしれません。
自分に合わないから辞めたくても辞められないという話しもよく耳します。
トラブル防止のためにも事前に細かく確認しておきましょう。

夏フェス

筆者の近所でも全国的にも有名な夏フェスが開催されるので毎年、求人募集が行われます。
今話題のアーティストの歌も聞け、ハイテンションで仕事ができるので地元の高校生、大学生から人気です。

職種は、

  • チケットチェック
  • 手荷物チェック
  • 販売
  • 誘導係
  • 清掃

などがあります。

日給は、平均1万5千円ほど。

メリット

  • 好きな歌手に運が良ければ会えるかもしれない!
  • アーティスト達の迫力満点の歌を聞きまくれる。
  • 日給が高い。
  • 地元の友達と仲良く応募できる。
  • 音楽好きが応募するので友達も作りやすい。
  • 出会いが多い。

デメリット

  • とにかく暑い!
  • 体力がないとかなりきつい。
  • 音がうるさく耐えられない人もいる。
  • 激混みの中、出勤や退勤しないといけないので大変。
  • 応募する際に登録会に行かないといけないので日程を調整しないといけない。

友達のお子さんが「お金を稼げて音楽聞き放題だから夏フェスしたい♪」とバイトをしましたが…。
理想と現実のギャップが、あまりにもあり過ぎて1日でダウンしてしまったそうです。

炎天下で暑い所に押し寄せる人、人、人…。
熱気で会場は、ムンムンして気分が悪い所に「ガンガン」と鳴り響く音楽という最悪の事態に体力も気力も限界だったとのことです。

それでも「夏フェスでバイトしたい!」という方は、熱中症対策をしっかりとしつつ、念のために耳栓を持って行くと若干が違うかもしれません。
その時体調が悪くならなくても翌日ダウンすることも多いですから数日間は、スケジュールをオフにしておきましょう。

まとめ

書き入れ時の夏ならではのバイトなのでいずれもそれなりに忙しいです。
遊び半分で応募して途中リタイアをすると繁盛期だけに迷惑になります。
自分に合うかどうかをしっかりチェックした上で応募してくださいね。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です