ヨモギの花粉の多い地域や見分け方は?症状の違いや対策も

スポンサードリンク




花粉症というと春というイメージがありますが、実は秋にも花粉症があります。

秋の花粉症の代表的な植物のひとつが「ヨモギ」です。
ヨモギの花粉は、夏の終わりから秋の終わりまで、比較的長い期間、飛散します。
もちろん、春の花粉症のように鼻水や鼻づまり、また肌に症状が出る場合もあります。

今回の記事では、そんなヨモギの花粉症について、地域や症状の違い、対策などについてお話していこうと思います。

ヨモギの花粉の多い地域や見分け方は?症状の違いや対策も

ヨモギの花粉が飛散するのはいつ頃?

ヨモギの花粉症ということで、原因となるヨモギの花粉が飛散する時期から見ていきましょう。

ヨモギはキク科の植物で、日本全国に生息していますので、どの地域でも飛散します。

多く生息しているのは、草むらや道端、公園などで普段の生活でもよく見かけるでしょう。

そんなヨモギの飛散時期は、8月~11月頃までで、とくに関東地方は飛散期間が長く7月から12月頃までとなっています。

とくに北海道では、秋になるとヨモギの花粉が多く飛散します。
ブタクサは、道南地方の函館以南にしか生息していないので、秋の花粉症といえば、ヨモギが原因である可能性が高いのです。

反対に本州ではヨモギ花粉症を発症している人は、あまり多くないと言われています。

ヨモギの花粉症の症状は他の花粉症とは違うの?

では、ヨモギの花粉症はどのような症状がでるのでしょうか?

実は、ヨモギの花粉症でも春の花粉症のスギ花粉と同じように、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみといった症状がでます。

このほかには、咳や喉の痒み、イガイガ、皮膚のかゆみや湿疹といった症状も見られるのです。

これは、春の花粉よりも粒子が小さいために、吸いこんでしまうと咳や喘息といった症状が強く出てくる場合があるということです。

ヨモギの花粉症の場合の口腔アレルギー

ヨモギの花粉症だと、交差抗原性がある食べ物にアレルギー反応が出てしまう事があります。

ヨモギと似たたんぱく質の構造を持っている食べものに対して、体が免疫反応を起こしてしまうのが交差抗原性といいます。

食物アレルギーでとくに口の中に症状が出ることが多いです。

ヨモギの花粉症の人が注意しなくてはいけない食べ物は、

  • トマト
  • セロリ
  • にんじん
  • ピーナッツ
  • キウイ
  • じゃがいも

といったものです。

これらの食べ物を食べて、

  • 口の中が痛くなったり、腫れたり、違和感を感じる
  • 喉がイガイガする
  • 咳がでる
  • 胃痛や下痢

といった症状が有る場合には、口腔アレルギーの可能性があります。

また、食物アレルギーは、症状が強く出ることもあり、息苦しさや呼吸困難、ひどい場合にはアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

ヨモギの花粉症の対策は?

では、ヨモギの花粉症であるとわかった場合にはどのように対策をすればいいのでしょうか?

残念ながら、花粉症はヨモギに限らず一度発症してしまうと完治するのは難しいと言われています。
ですから、あくまでも症状を抑えるための対策をすることになります。

1.ヨモギには近づかいない

当たり前かもしれませんが、ヨモギに近づかないことが一番の対策となります。

2.ヨモギの花粉をできるだけ室内に持ち込まない

これも一般的な対策ですが、花粉症をできるだけ家に持ち込まないように気をつけなくてはいけません。
服装は、花粉が付着しにくいものにしたり、外出から帰ってきたらできるだけ花粉をはらってから室内に入る。
うがいや手洗をするといったことがポイントとなります。

3.花粉症の薬を活用する

ヨモギの花粉症も花粉症の薬で症状を抑えることができます。

花粉症の薬は飲み薬や目薬、点鼻薬などがあるので、医師に処方してもらうと良いでしょう。
また、肌に湿疹が出る場合には、塗り薬を処方されることもあります。

ヨモギの花粉症の人がヨモギを食べても大丈夫?

ヨモギと言えば、お餅などにもよく用いられます。
ヨモギ餅が有名ですね。

ヨモギ花粉症の人は、ヨモギ餅を食べることで症状が悪化することもあるので草餅なども食べないようにしましょう。

また、ヨモギはシミやシワ、美白効果など美容に良いということで化粧品にヨモギエキスが配合されていることもあります。

ヨモギ花粉症の人は、成分にヨモギが入っている化粧品もつかわないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ヨモギの花粉症について、飛散地域や飛散時期、症状や対処法についてお話してきました。

ヨモギといえば、おいしく食べられるというイメージですが、残念ながらヨモギの花粉によって花粉症になってしまう人もいるのです。

本州ではそれほど患者数が多くはないと言われていますが、それでもヨモギの時期に花粉症の症状が出るという人は調べてみた方が良いでしょう。

ヨモギの花粉症も一般的な花粉症の症状のほかに、皮膚や喉の症状が出やすいことが特徴です。

自分がヨモギの花粉が飛散する時期に、体調が優れなかったり、いつもとは違う症状が有る場合には、医師に相談してみましょう。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です