カナムグラの花粉の多い地域や見分け方は?症状の違いや対策も

スポンサードリンク




花粉症と言えば春のイメージがありますが、実は秋にも花粉症があります。
秋に花を咲かせる植物の花粉によって、アレルギー反応が起こる秋の花粉症ですが、その植物はいくつかあります。

秋の花粉症も春の花粉症と同じように、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみといった症状がでます。

そんな秋の花粉症の原因となるひとつがカナムグラという植物です。

今回は、そんなカナムグラの花粉症について、飛散地域や飛散時期、症状や対処法などをお話していこうと思います。

カナムグラの花粉の多い地域や見分け方は?症状の違いや対策も

カナムグラとはどんな植物?

カナムグラはあまり聞きなれませんが、別名を鉄葎といいます。
鉄なような茂みという意味があるようです。

繁殖力が強い雑草で、棘がついているのでカナムグラの茂みに足を踏み入れるとけがをすることがあります。

茎にたくさん棘があるので、他の植物に絡みながら成長していきます。
一年草のため、雑草剤を巻いたら枯れますが、簡単には駆除できないので問題です。

種子はホップ似ていて、茎や葉や種子のすべてが薬用としてもつかわれます。
水で煎じて飲むと解熱や利尿の作用があるそうです。

カナムグラの花粉の飛散時期は?

カナムグラの花粉が飛散する時期は、8月頃から始まって10月まで続きます。
そして、ピークは9月10月です。

カナムグラの花粉の飛散距離は短くて、秋の花粉症で代表的なブタクサやヨモギよりも飛散量が少ないと言われています。
とはいえ、カナムグラも生活圏に生えているので、散歩をしているだけでも花粉を吸いこんでしまう可能性もあるのです。

もしも庭にカナムグラが生えている場合には、しっかりと除去しましょう。

カナムグラの花粉症はどんな症状?

では、カナムグラの花粉症はどのような症状がでるのでしょうか?

カナムグラの花粉症の主な症状は、鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみといった花粉症全般の症状と同じです。

それ以外にカナムグラの花粉症で注意しなくてはいけないことがあります。

それが、口腔アレルギーです。

口腔アレルギーは、カナムグラ花粉症の人がフルーツや野菜などを食べた時に起こる可能性がある症状です。

口の中や唇がしびれたり、違和感があったり、喉が痒くなる、顔が腫れる、呼吸がしづらくなるといった症状が起こります。

カナムグラの花粉症の場合には、特にメロンやスイカ、セロリ、ニンジンなどに注意しなくてはいけません。

とくにアレルギー反応が強い場合には、蕁麻疹や呼吸困難などのアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

カナムグラ花粉症と風邪は似ている?

秋の花粉症は、風邪のシーズンでもあるために、風邪と勘違いしてしまう可能性もあります。

では、カナムグラの花粉症と風邪はどこで見分けることができるのでしょうか?

花粉症と風邪の症状の違いを見ていきましょう。

まずは「鼻水」です。
花粉症の鼻水はさらっとしていて透明ですが、風邪の鼻水は黄色や緑色で粘り気があります。

「くしゃみ」は、花粉症の場合、頻繁に出たり止まらない事がありますが、風邪の場合には、経過とともになくなってきます。

「目のかゆみ」は、花粉症では見られますが、風邪ではほとんどありません。

「発熱」は、花粉症でも微熱程度は出る可能性もありますが、風邪の場合には高熱がでることもあります。

「症状の持続」は花粉症で数か月、風邪で長くても1週間程度です。

このように一つ一つの症状を比べてみると、風邪と花粉症ではだいぶ違うことがわかります。
ですから、それぞれの症状をよく見て、花粉症である可能性を見つけることができるでしょう。

カナムグラの花粉症の対処法は?

カナムグラの花粉症に対する対処法も、他の花粉症と同じです。

一番の対処法としては、花粉をできるだけ吸い込まないこと、また家に持ち込まないことです。
とはいえ、カナムグラがどこに生息しているかはわからないので、注意することがむずかしいです。

そこで、外出する際にはマスクを着用したり、花粉が衣服につかないように素材を選んだり、スプレーを利用します。
また、帰宅後は洋服や頭についた花粉は振り払ってから家に入ることや手洗うがいをしっかりすることも心がけましょう。

カナムグラの花粉症にも一般的な花粉症の薬が効果的です。
上手に薬を利用して、少しでも快適に花粉症の時期を乗り越えましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、カナムグラの花粉症について、飛散時期や症状などのお話をしてきました。

カナムグラという聞きなれない植物ですが、実は私たちの生活圏内に生息しています。ですから、気付かないうちに吸い込んでしまっていることがあります。

秋に花粉症らしい症状が有る場合には、このカナムグラやヨモギ、ブタクサなどが原因と考えられますから、病院で原因となる植物を特定してもらうとよいでしょう。

また、一般的な花粉症対策が効果的ですから、できることからとりいれていくようにしましょう。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です