いちご狩り2019年和歌山の人気スポットや穴場は?おすすめのポイントも

スポンサードリンク




いちごが旬の季節が、やって来ました。
収穫したばかりのいちごは、フレッシュで格別の美味しさ!
すでに「家族でいちご狩りに行こう♪」と考えられている方も多いでしょう。

今回は、和歌山県をターゲットにイチゴ狩りの人気スポットと穴場をご紹介させて頂きます。
さらに、おすすめのポイントもまとめましたので、参考になれば幸いです。

1、人気のスポット

■貴志川観光いちご狩り園

  • 開園期間 : 1月下旬〜年5月中旬
  • 予約 : 電話(1/29〜スタート)
  • 時間:時間無制限・食べ放題
  • 品種 : まりひめ・さちのか・紅ほっぺ

★料金

・中学生以上: ¥1,500
・小学生: ¥1,000
・幼児 ; ¥700

★おすすめポイント

  • 貴志川駅からの徒歩で約15分とアクセスが良い。
  • 時間の制限がないので思う存分、堪能できる。
  • 自然が豊かな場所にあるので、のんびりできる。
  • 露地栽培であるが、ハウス栽培なので雨天でも楽しめる
  • 練乳などを自由に持ち込めるので、味を変えていちごを味わえる。

関連サイト ; https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000181937/

◾️サクラファーム

  • 開園期間 :1月上旬〜5月中旬
  • 予約 : 12月〜スタート
  • 時間:30分間食べ放題
  • 品種 : まりひめ・さちのか・紅ほっぺ・かおり野

★料金

・中学生以上: ¥2,000
・小学生: ¥1,500
・幼児(3歳以上) ; ¥1,000
・1〜2歳児 ; ¥500

★おすすめポイント

  • 貴心川線甘露寺駅前より徒歩10分と歩いても行ける。
  • 高設栽培なので衛生的な上に、摘みやすい。
  • ペット回転方式を取り入れているので、小さいお子さんでもたっぷり楽しめる。
  • 45分入れ替制により混雑を避けられる。
  • ¥100で購入できる練乳で、さらに甘いいちごも味わえる。
    ただし、練乳の持ち込みは不可とのことなので注意!
  • オリジナルいちごパフェを¥300で楽しめる。
  • 車椅子やベビーカーで来園しても安心!

公式サイト; http://www7.plala.or.jp/sakura_farm/

◾️いちごの里裕

  • 開園期間 : 1月中旬
  • 予約 : 電話のみ
  • 時間:60分間食べ放題
  • 品種 : まりひめ・紅ほっぺ

★料金

・小学生以上: ¥1,800
・幼稚園児 ; ¥1,500
・3歳未満 ; ¥500

★おすすめポイント

  • お土産にもぎたてのいちごを購入できる。
  • 練乳の持ち込みOKなので、味を変えながら飽きずに頂ける。
  • 高設栽培をしており、衛生的で摘み取りやすい。
  • 3歳未満の料金が無料なので料金を安く抑えられる。

公式サイト; http://ichigonosato-yuu.main.jp/ichigogari.html

◾️農園紀の国

  • 開園期間 : 1月上旬〜5月中旬
  • 予約 : 電話orネット予約
  • 時間:40分間食べ放題
  • 品種 : まりひめ・紅ほっぺ

★料金

・中学生以上: ¥1,800
・小学生以上 ; ¥1,500
・幼児 : ¥1,000

4月10日以降は、¥200ずつ料金が安くなります。

★おすすめポイント

  • 高設栽培なので立ったまま収穫できる上に、いちごもきれい。
  • 広々としているので、ベビーカーや車いすの方でものんびりと楽しめる。
  • 持ち帰りオプションもあり、100g¥200程でフレッシュないちごをお土産にできる。

公式サイト; http://kinokunifarm.jp

2、穴場スポット

■strawberry farm まあと工房(2019年時点での情報です)

  • 開園期間 : 2月上旬〜5月6日
  • 予約 :ネット予約or電話
    (当日予約の時には、料金に+500加算とのこと。)
  • 時間:40分間食べ放題
  • 品種 : もういっこ・さちのか

★料金(じゃらん価格)


・中学生以上: ¥2,500
・4歳〜小学生 ; ¥2,000
・1歳〜3歳: ¥1,000

 

*深夜は、平日料金に¥1,000加算。
また、土日祝日については¥500+とのこと。
・価格を抑えたい方は、直接農園に連絡されることをおススメします。

★おすすめポイント

  • 17;00〜23:00まで深夜ナイター営業をしており、昼間時間が取れずに忙しい人でもいちご狩りを楽しめる。
  • 関西では食べられない「もういっこ」を味わえる貴重な農園。
  • 高設栽培なので衛生的で収穫しやすい。
  • 完全手作り、無添加のジャムをお土産に購入できる。

公式サイト; http://mart-jam.jp

◾️奥いちご農園

  • 開園期間 : 3月上旬
  • 予約 : 電話
  • 時間:50分間食べ放題
  • 品種 : おいCベリー・紅ほっぺ・まり姫・雪白こまち

★料金

・小学生以上: ¥1,800
・4〜5歳 : ¥1,200
・3歳;¥500

★おすすめポイント

  • 高設栽培により衛生的で、収穫しやすい。
  • 隣接のベンチで座りながらゆっくりイチゴを味わえる。
  • 和歌山では珍しい「おいCベリー」を味わえる。
    また、全国的にも希少価値が高い「白いいちご」をいちご狩りで堪能できるチャンス!
  • 開園時期が3月と遅いので、暖かくなってからお出かけできる。

公式サイト; http://okuichigonouen.web.fc2.com

◾️きよもと農園 リコリーナ

  • 開園期間 : 12月〜5月
  • 予約 : じゃらんネット
  • 時間:30分間食べ放題
  • 品種 : まりひめ・紅ほっぺ・あき姫・とちおとめ・やよい姫

★料金

・中学生以上: ¥1,800
・小学生以上 ; ¥1,500
・3歳以上 : ¥1,000

★おすすめポイント

  • 2017年1月に開園したばかりなので、施設がきれい
  • 高設栽培の畝と小さい幼児でも収穫しやすい低い畝があるので、年代を問わずに楽しめる。
  • 通路が広いので車いすやベビーカーでも安心。
  • 3歳未満は料金が無料なので、幼児のいるご家庭とってお得!
  • アドベンチャーワールドも近く、今話題のパンダをお出かけついでに見て行くことができる。

関連サイト; https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000191136/

持ち物や服装

最後に、いちご狩りをする際に、気をつけておきたいポイントをまとめておきます。

いちご狩りをするときには、とにかく『動きやすい服装』で行くことをお勧めします。

外は寒く、中は少し暖かいため、暖かい格好で行くことはもちろんのこと、薄着になれるような服を中に着ていくといいですね。

また下はパンツでいくのがお勧め。
引っかかったりすることを防げますし、虫や蜂対策にもなります。

農園によっては蜂を飼っているところもあるので、黒色の服は避けたほうがいいでしょう。
(ミツバチとはいえ、できるだけ安全な服の方がいいです)

靴はもちろん、ヒールなどではなく、スニーカーなどの動きやすい靴です。
また、汚れることも考慮すると、お気に入りの靴ではなく、汚れてもいいようなスニーカーを選びましょう。

筆者のお勧めは『レインブーツ』です。

レインブーツって少しダサい、というイメージがあるかもしれませんが、最近ではかなりおしゃれなものも増えています。

いちご狩りの季節をすぎると次は梅雨の季節がきますし、一足は持っていて損はないです!

レインブーツはあると雨の日のお出かけが少し楽しくなりますよ。

レインシューズレディースのおしゃれな人気ブランド

レインブーツメンズのおすすめブランド

レインシューズでキッズにオススメのブランド

◾️まとめ

これからの季節、家族でいちご狩りを楽しまれる方が多いと思います。
ほぼどちらの農園も事前予約が必要ですし、すでに予約でいっぱいということもあり得ますので、早めに計画し行動するようにしましょう!

電話でいちごの美味しい時期などを事前にチェックしておくと、より満足度も高いと思います。
ぜひ楽しんできてください。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です