いちご狩り2019年兵庫の人気スポットや穴場は?おすすめのポイントも

スポンサードリンク




なにかと忙しいお正月を終え、家族でのんびりとお出かけをしようと計画を
されている方も多いと思います。
しかし、寒さが厳しいので「どこへ行こう?」と頭を悩まされている方も多いでしょう。

そんな時におススメなのが「いちご狩り」です。
ハウスの中なので暖かい上に、フレッシュないちごまで味わえます。

今回は、兵庫県内のいちご狩りの人気スポット、さらに穴場までご紹介させて頂きます。
おススメのポイント付きなので、選ばれる際の参考になれば幸いです。

1、人気スポット

■さんだバーベキューガーデンズ花山観光園

  • 開園期間 : 12月中旬〜6月中旬
  • 予約 : 電話orネット
    (予約受付中ですが、イチゴ狩りのみの予約は受け付けていません。)
  • 時間:30分食べ放題
  • 品種 : あすかルビー・さちのか・紅ほっぺ
  • 料金:食事内容により異なる。

★おすすめポイント

  • 高設栽培のため衛生的で年齢を問わずに、摘み取りやすい。
  • お手洗いをはじめ、施設がきれいに管理されている。
  • 大自然の中でバーベキューができ、お肉が美味しいと人気。
  • 温泉施設やアウトレットに近いため、世代に合わせていちご狩り以外のレジャーもしっかりと楽しめる。

公式サイト ; http://www.sanda-hanayama.com

■稲健ファーム

  • 開園期間 : 1月中旬〜7月上旬
  • 予約 ; 1週間前に電話で予約
  • 時間 ;30分食べ放題
  • 品種 : あすかルビー・さちのか

★料金

中学生以上 ¥1,700
小学生  ¥1,500
幼児(2歳以上)¥1,000

★おすすめポイント

  • 高設栽培なので衛生的で、摘み取りも楽。
  • 寒暖の差が激しい地域で栽培されているため、甘みが強く大粒のいちごを味わえる。
  • 水の公園、自然の水族館魚道などにも近く、お子様連れにおススメ

公式サイト; http://www.takuminoichigo.jp

■内山いちごの国

  • 開園期間 : 1月下旬から
  • 予約 ; 電話受付のみ
  • 時間 : 60分食べ放題
  • 品種 : あきひめ

★料金

中学生以上〜64歳未満 ¥1,800
65歳以上・小学生  ¥1,500
幼児(3歳以上)¥1,300
*上記の料金は3月9日までです。
それ以降は、時期により¥200ずつ変動します。

★おすすめポイント

・施設内が広く、全面マットが敷いてあるため、ベビーカーや車いすの方が利用しやすい。
高設栽培で摘み取りやすく、衛生的。
・溶液栽培で育てているので、品質が良い

公式サイト: http://www.uchiyama-ichigonokuni.jp

■うららか・のうえん実里

  • 開園期間 : 1月上旬から
  • 予約;すでに始まっています。
    今シーズンからネット予約とのこと。
  • 時間 ; 60分食べ放題
  • 品種 : あきひめ・かおりの・紅ほっぺ(日程による品種のチェンジあり)

★料金

中学生以上 ¥2,800
小学生  ¥2,300
幼児(2歳以上)¥1,500
1〜2歳 ¥800

★おすすめポイント

  • 低農薬・有機肥料で安全安心!
  • クラシックを聞かせながら大切に育てた、デパ地下で販売されるクラスのいちごまで味わえる。
  • 併設されたカフェスペースでのんびりできる。
  • パンやスイーツが付いてくるので、ランチや遅いブランチにもOK。
  • 食べ放題、飲み放題のドリンクバーやアイス付き。
  • 使い放題の練乳やチョコレートソースもあるので、色々なフレーバーでいちごを食べられる。
  • 高設栽培なので衛生的、さらに施設もきれい。
  • オシャレにちょっと贅沢なひと時を味わいたい方におススメ。
  • 平日限定でワンちゃんとカフェを楽しめる。
    ただし、いちご農園には同伴できません。

公式サイト:http://uraraka-misato.jp

2、穴場スポット

■淡路ファームパークパークイングランドの丘

  • 開園期間 : 12下旬〜5月下旬
  • 予約;事前予約不要で、先着順とのこと。
  • 時間 ; 12月〜2月は、10;00〜17;00
    3月以降は、9;00から開園予定。
  • 品種 : あきひめ・かおりの・紅ほっぺ・あすかルビー・ゆめあまかの

★料金

量り売り方式 100g当り¥280

★おすすめポイント

・行きたい時にいつでも楽しめて便利!
・無理に食べる必要がなく、小食の人でも安心。
・自宅でのんびりといちごを頂ける。
・季節により色々な種類のいちごを食べ比べできる。
・いちご以外にもトマトや季節の野菜を収穫できるので、飽きずに楽しめる。
・大型複合施設なので動物園や体験教室もあり、お子さんが満足されること間違いなし!

公式サイト; http://www.england-hill.com

■ウェルネスパーク五色高田屋嘉浜衛公園

  • 開園期間 : 2月上旬〜5月中旬
  • 予約 ; 不要
  • 時間 ; 無制限
  • 品種 : 紅ほっぺ・さちのか

★料金

摘み取った分を量り売り
価格については、事前に電話でご確認下さい。

★おすすめポイント

  • 行きたい時に気の向くままに足を運べる
  • 淡路島では、五色町が「いちごの栽培地」として有名。
  • そば打ちをはじめ、陶芸や紙すきと伝統工芸体験までできる。
    さらに、アスレチックにローラー滑り台などの遊具があるので小さいお子さんも大喜び!
  • 国立公園内にあるので自然が豊で、春には菜の花も見所である。
  • いちご狩りや遊びで疲れた後には、温泉で疲れを癒せる。
  • 宿泊施設も完備しているので、遠方の方にもおススメ。

公式サイト; http://www.takataya.jp

持ち物や服装

最後に、いちご狩りをする際に、気をつけておきたいポイントをまとめておきます。

いちご狩りをするときには、とにかく『動きやすい服装』で行くことをお勧めします。

外は寒く、中は少し暖かいため、暖かい格好で行くことはもちろんのこと、薄着になれるような服を中に着ていくといいですね。

また下はパンツでいくのがお勧め。
引っかかったりすることを防げますし、虫や蜂対策にもなります。

農園によっては蜂を飼っているところもあるので、黒色の服は避けたほうがいいでしょう。
(ミツバチとはいえ、できるだけ安全な服の方がいいです)

靴はもちろん、ヒールなどではなく、スニーカーなどの動きやすい靴です。
また、汚れることも考慮すると、お気に入りの靴ではなく、汚れてもいいようなスニーカーを選びましょう。

筆者のお勧めは『レインブーツ』です。

レインブーツって少しダサい、というイメージがあるかもしれませんが、最近ではかなりおしゃれなものも増えています。

いちご狩りの季節をすぎると次は梅雨の季節がきますし、一足は持っていて損はないです!

レインブーツはあると雨の日のお出かけが少し楽しくなりますよ。

レインシューズレディースのおしゃれな人気ブランド

レインブーツメンズのおすすめブランド

レインシューズでキッズにオススメのブランド

■まとめ

いちご狩りと一口に言っても、各農園ごとに特色があります。
味わえるいちごの種類も異なりますし、開園時期もバラツキが見らるので行かれる際には、しっかりと事前チェックをして行きましょう。

さらに、神戸は関西でも人気の観光スポットも多く、大阪や京都からのアクセスも良いです。
美味しいいちごを堪能された後は、食後の運動も兼ねて自然を満喫したり、観光地巡りにと足を伸ばされてみては、いかがでしょうか?

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です