QtubeのCD風船のやり方と注意点は?中岡の人間スピーカーも面白い!

スポンサードリンク




 

テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」の企画にQtubeという人気企画があります。
Qtubeは海外で流行っている遊びや動画などを実際にロッチ中岡が試していくという企画になるのですが、くだらないものから危険なものまでたくさん動画として撮影されています。
今日放送されたQtubeでもいろいろな動画が撮影されましたが、今回もかなり面白いものとなっています。

その中でも気になったものでCD風船というものがあるのですが、そのやり方や注意点、その後に放送された人間スピーカーのやり方やコツなども合わせて載せていきたいと思います!

QtubeのCD風船のやり方と注意点は?中岡の人間スピーカーも面白い!

CD風船はその名の通り、CDで風船を作るというもの。
風船と言いますが、空気が入っているわけではなく、CDを溶かしてそれに息を吹きかけて風船のように膨らますというものです。
瞬間的に固まるので、風船の形を保てるという仕組みになります。

簡単にできますが、火を使うので真似をする際は十分注意してやる必要があります。
実際にやるのは自己責任でお願いします。

やり方

1、CDをライターなどの火であぶる
2、泡が出てきたら息を吹き込む。(泡立つまでだいたい15秒くらい)
3、風船のように膨らみ完成。

注意点

火を扱うので、けっこう危険です。
ついうっかり「熱っ!」となってライターを放り投げてしまうと火事の原因にもなりかねません。

 

ライターの取り扱いを誤ると、火傷してしまう恐れもありますし、あまり安易にしないことをオススメします。
海外の人はクレイジーですから。笑

やると言う人は屋外で、水を用意してやった方がいいかもしれませんね。

火事になってしまったら、自分だけでなく周りにも迷惑がかかるので、安易に真似しないようにしてくださいね。

 

人間スピーカーのやり方、コツ

 

あと、前にも紹介されていましたが、人間スピーカーについても紹介しておきます。

1、イヤホンを鼻の穴に突っ込む。
2、大音量で音楽を流す。
3、口をあけると、音楽が聞こえる

という流れになります。
この人間スピーカー、滑稽すぎて面白いです。

コツとしては、しっかりと鼻の穴を密閉するということ。
カナル型という奥まで差せるイヤホンを使うとより効果が出やすいそうです。

あと、鼻水で濡れてしまうので、いらないイヤホンを使う方がいいかもしれませんね。
洗うとはいえ、鼻に突っ込んだイヤホンを普通に使うのは抵抗がありますし。笑

 

以上が、CD風船と人間スピーカーのやり方です。
CD風船をやるという方はくれぐれも注意して行ってください!

スポンサードリンク




スポンサードリンク