ケセンロック2019出演者やセトリ予想!タイムテーブル発表はいつ頃?

スポンサードリンク




田舎の大自然や温もりを感じられる素朴でアットホームな音楽フェスとして出演者やファンから「田舎の夏休み」と称され、支持を広げる野外フェスKESEN ROCK FESTIVAL。
2009年に岩手県南部に位置する気仙郡住田町で初めて開催され、東日本大震災を乗り越えながらも、今年で記念すべき10回目の開催となります。

地元民が「ふるさとを盛り上げよう!」と、全てお手製で作った心温まるイベントです。

開催10周年を迎えるKESEN ROCK FESTIVAL’19は、7月13日(土)と14日(日)の2日間に渡って岩手県種山ヶ原森林公園種山ヶ原イベント広場特設ステージにて開催されることが決定しています!

ここでは、今年KESEN ROCK FESTIVALに参加をすることが確定している方、参加しようかどうか迷っている方、出演するアーティストの顔ぶれ次第では参加しようと思っている方のために、少しでもお役に立てればと思い、出演者やタイムテーブル、セトリ予想など、必要な情報を集めてみました。

スポンサードリンク

ケセンロック2019出演者やセトリ予想!タイムテーブル発表はいつ頃?

1.KESEN ROCK FESTIVAL’19の出演者は!?

KESEN ROCK FESTIVALに限ったことではありませんが、皆さん、フェスで真っ先に知りたい情報といえば、「出演するアーティスト」ではないでしょうか。
自分のお目当てのアーティストが出演するかで、フェスに参加するかしないかが決まってしまうと言っても過言ではありません。

KESEN ROCK FESTIVALは、敷地内に設置された特設ステージで、例年17組のアーティストがパフォーマンスを行います。

昨年12月、第1弾発表のアーティストとして、the band apartとTILITILIの出演が明らかになりました!
そして、先月、出演アーティスト第2弾が発表されました。

この時の発表で、7月13日にG-FREAK FACTORY、10-FEET、花男、HAWAIIAN6、BRAHMAN、locofrankの6組、7月14日にASPARAGUS、IN-pish、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、FRONTIER BACKYARDの4組の出演が決定しました。

第1弾で発表されたthe band apartとTILITILI(いずれも7月14日出演)と合わせて、現時点で計12組アーティストの出演が確定しています。
例年通りでいくと、残りは5枠!
どんなアーティストがラインナップされるのか、待ち遠しいですね。

昨年(2018年7月14日(土)・7月15日(日)開催)は、5月28日に最終出演アーティスト、日割りが発表されていますので、今年は5月27日あたりがあやしい…、と、個人的には思っています!

残りの全てのアーティストを予想するのはなかなか難しいですが…(汗)

BEGIN、マキシムザホルモン、ROTTENGRAFFTY、Track’s、SIMA、ENTH、SHANK、クリープパイプ、WANIMA、ACIDMAN、Dragon Ash、FOMARE、Hump Back、Survive Said The Prophet、NAMBA69、SIX LOUNGE、THE冠などの出演もあり得るでしょう。

自分のお気に入りのアーティストやバンドが出演するのか、考えてみるのも楽しいです♪

2.KESEN ROCK FESTIVAL’19タイムテーブル

フェスは自分だけのスケジュールが組めるのが醍醐味の一つでもあります。
タイムテーブルを見ながら、「誰のステージを観にいこうか?」、「ご飯はいつ、どこに食べにいこうか?」など、いろいろ考える時間も楽しかったりするんですよね。

例年、KESEN ROCK FESTIVALのタイムテーブルは7月上旬に発表されるので、オフィシャルHPをこまめにチェックして、早々にゲットしましょうね!

スポンサードリンク

3.KESEN ROCK FESTIVAL’19セトリ予想

例年、KESEN ROCK FESTIVALでは、アーティスト1組あたりの持ち時間は30分から長くても1時間弱となっています。
そのため、アーティストにもよりますが、曲数は6曲から10曲程度です。

全出演者のセトリを予想するのは難しいですが…、その代わりと言っては何ですが、第1弾で発表されたthe band apartとTILITILIのセトリを予想してみたいと思います!

the band apart

  1. free fall
  2. still awake
  3. [photograph]
  4. when you wish upon a star (pinocchio cover)
  5. katana
  6. moonlight stepper
  7. ノード
  8. beautiful vanity
  9. Can’t remember
  10. FUEL

TILITILI

  1. 素直な気持ち
  2. stress
  3. 星と風と色
  4. なけなしの花
  5. 泣き草
  6. free & small pain
  7. coast song
  8. 再起動
  9. Kitsch
  10. たまにスリスリ泣いている

あくまでも予想ですが…、是非、予習の際の参考にしてみてくださいね!

また、オフィシャルHPでは、例年、出演アーティストの紹介をしています。
アーティストによっては、最新のライブ、プロモーションビデオ等の動画がアップロードしていますので、是非こちらのサイトを活用することをおすすめします。

そして、全ての出演アーティストのこれまでの曲から最新曲までまとめて聴いておきたいといった方には、music.jpがおすすめです。

ライブの予習には無料で聞ける【music . jp】が断然おすすめ!

ライブでは持ち物など準備することが色々ありますが、それよりも大事なのが曲の予習をすることです。

盛り上がる曲なのにうる覚えでイマイチ曲に乗れない、、、となると、ライブの楽しみが半減。

サビだけじゃなくて、全曲しっかり覚えていく方が、ライブを確実に楽しむことができます。
ただしCD や DVD は値段が高くて買い揃えるのもなかなかできないですよね。

そんなときにオススメなのが

music.jp

というサービスです。
music.jpでは名前の通り、音楽を楽しむことができるサービス。

登録するとポイントがもらえ、そのポイントを使うことで音楽を聴くことができます。
配信されているアーティスト数が多く、オフラインでも楽しめるのも魅力的です。

また、音楽だけでなく、映画などの動画や漫画も楽しむことができます。
無料のお試し期間があるので、その期間中に解約すれば実質無料でサービスを利用できます。
もちろん、無料期間でもポイントはもらえます。

iTunesなどで、曲を買うのもいいですが、どうせなら無料で聞ける方が絶対にいいです!
また、継続して利用する場合でもかなりお得なサービス内容ですよ。

詳しいサービス内容や料金システム、メリットデメリットに関してはこちらをご参考ください。
music.jpのサービス内容や料金システムまとめ!

登録も解約も簡単なので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?
music.jpを試してみる!

まとめ

いかがでしたか!?

自分のお気に入りのアーティストだけでなく、今まで聴いたことのなかったアーティストにも出会えますし、一日中楽しむことができるKESEN ROCK FESTIVAL。
ライブステージの他にも、地元の食材を使用したフードの食べ歩きなどを楽しむことができます。

これを読んで、一人でも多くの方にKESEN ROCK FESTIVALを楽しんできてもらえると、嬉しいです!

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です