東北新幹線のwifiの使い方は?トンネル内で遅くなるのは本当か

スポンサードリンク




 

最近は、新幹線でもwifiが使えるようになってきました。
といっても、使える区間や列車はまだまだ限定的です。
東北新幹線でも東京から大宮あたりまで受信できるようになりました。

東海道新幹線でも電波が悪い区間や良い区間ありますが、今回使えるようになった東北新幹線もそのようなことがあるのでしょうか?
今回は、東北新幹線のwifiの使い方や、トンネル内で電波が悪くなるかなどに注目していきたいと思います。

東北新幹線のwifiの使い方は?トンネル内で遅くなるのは本当か

現在まともに使えるのは、大都市圏であれば問題なく使えるようです。
秋田・盛岡・仙台の駅周辺程度、宇都宮あたりは走行中、たまにつながる程度。
JR東日本からは、課題が多いためまだ実用化検討中と解答があったようです。

たまに繋がらない区間があるとはいえ、新幹線の中で比較的安定して接続できるのは東海道新幹線の東京~新大阪間だけでしょうか。
細かくいえば利用できる車両も限られており、N700系とN700A系だけです。
しかし各wifiサービスを提供している会社(UQ wifiなど)と契約している必要があるそうです。
プランに申し込んでおけば、月額200円または無料で新幹線のwifiを利用できます。

東海道新幹線の列車内に無料の公衆wifiはありません。
しかし中には新幹線でインターネットはしたいけど、毎月のwifi契約なんかしたくないという人もいらっしゃると思います。

そんな時は、BBモバイルポイントのプリペイドIDというものをを使ってみてはいかがでしょうか。
もちろんインターネットが使える新幹線限定ですが。

手順としてファミマのFamiポートでプリペイドIDを買います。
お手持ちのケータイからIDを有効化します。
手順&必要なIDはプリペイド番号通知票にあります。
あとはmobilepointのSSIDに接続し、パスワードを入力すればログイン画面に飛びます。

トンネル内で電波が悪くなるのは本当か?

トンネルなどで電波が悪くなるのは本当なのかということですが、これは本当のようです。
接続がいつもより遅いと感じた時は、電波干渉という状況が考えられます。
電波干渉とは同じ周波数の中に多くの無線が飛び込んでしまい、それぞれの無線がぶつかり合うことで速度の低下を招くことです。
簡単にいうと、高速道路にジャンクションを作りすぎて渋滞を引き起こしているような状況です。
トンネルでも同じように周波数が飛び交うスペースが限られますから、速度の低下に繋がります。

 

高速で動く新幹線の中で安定した電波を受信することは現在でも難しいようですね。
あくまでも補助的な役割で使った方がいいのかもしれません。

以上、東北新幹線のwifiについてでした。

スポンサードリンク




スポンサードリンク