ジェリーバード(アルコールゼリー)の販売はいつから?種類と値段

スポンサードリンク




ジェリーバードというものをご存知でしょうか?
最近世界中で話題となっているお酒なのですが、今年の2015年に日本にも上陸します。

なんでも「飲む」のではなく、「食べる」お酒なのだそうで、アルコールゼリーというものになります。
今回は、食べられるお酒「ジェリーバード」に注目していこうと思います。

ジェリーバード(アルコールゼリー)の販売はいつから?種類と値段

 

世界で話題殺到の食べられるお酒は、ジェリーバードというアルコールゼリーで今までにない新感覚のお酒だそうです。

今まで、お酒と言えば飲み物というイメージしかありませんでしたが、今回発売されるのは、アルコールを含んだゼリーです。

食べられるお酒として海外では年間4200万個を売り上げており、今では様々な場面で使われ、注目されています。

気になるアルコール度数ですが、度数は12%としっかり酔えて楽しめる度数となっています。

缶チューハイや缶ビールよりも少し度数は強めになってはいますが、量を考えると缶一本と同じくらいかもしれませんね。

ただ、普通のお酒よりもグイグイ食べてしまえそうですし、気が付いた頃にはベロベロになっているなんてことがあるかもしれません。

食べすぎには気をつけましょう。

ジェリーバードとは、ジェロショットと言われるアメリカの大学生の間で大流行したアルコールゼリーです。
ウォッカと3種類フルーツフレーバーで楽しく食べれ、しかもおいしい、スタイリッシュにお酒をたしなむことができるそうです。

缶や瓶と違い、持ち運びも簡単ですから、いつでも、どこでもお酒を楽しむことができます。

これから日本でも流行すること間違いないでしょうし、日本初上陸となるアルコールゼリー、ジェリーバードの世界を誰よりもいち早くチェックしてはいかがでしょうか。

種類は3種類

味は3種類あります。

まずメロン味

絶妙な甘さで人気ナンバーワンであるメロン味は、その甘さからお酒の苦手な方でも比較的食べやすくなっているそうです。

メロンとアルコールは意外と合うそうですし、日本でも人気が出ること間違いなしかと思います。

ゼリーではないですが、メロンを半分に切り、真ん中をくり抜いて、そこにウォッカを注いで食べるとかなりおいしいそうです。

二つ目は、女性からの人気ナンバーワンのピーチ味です。
みずみずしい桃に女性に人気のヨーグルトを加えてあるそうで、女性だけでなく甘いもの好きの男性にもオススメであるかなと思います。

色も可愛いピンク色で、味だけでなく、目でも楽しむことができるようになっているそうです。

最後は、トロピカルフルーツの王様であるマンゴー味です。

黄金色に輝くマンゴーは、食べると少しリッチな気分になりそうですね。
ウォッカにマンゴーの特別な香りを合わせていて、そのおいしさから男性、女性問わずハマってしまうかもしれません。

値段と販売箇所は?


値段は全て税込み270円です。

持ち運びしやすく、カクテルに入れたり、ワインに合わせたりなど、アレンジも自由で、様々なシーンで使うことができますね。

販売はインターネットと電話にて行っているようです。

販売はmediawave.incというサイトで行っており、大阪にある会社だそうです。

現在、購入可能な場所はこのサイトからのみとなっています。
発売日は今日の5月29日から発売されています。

新しいもの好きやお酒好きの方は是非試してみてはいかがでしょうか。

気になる方は是非!

以上、日本初上陸のアルコールゼリー、ジェリーバードについてでした。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です