下半身冷え性の原因や対策!みんなの家庭の医学で改善解消!

スポンサードリンク




 

今日放送されたたけしの健康エンターテイメント。
その中で今回紹介されていたのが、冷え性。
たかが冷え性ですが、慢性になると、かなり辛いかと思います。

冷え性の中にも全身や下半身など何種類か種類があるようですが、下半身の冷え性について解説されていました。

今回は、たけしの健康エンターテインメントの下半身冷え性に注目していこうと思います。

下半身冷え性の原因や対策!みんなの家庭の医学で改善解消!

下半身冷え性の原因

下半身冷え性は、老化に伴い、お尻やふくらはぎの筋肉が凝り固まることからくるようです。

この筋肉が固まることで、足にある交感神経が刺激され、下半身の血管が収縮してしまうようです。
結果、血液の流れが悪くなり、足や足先まで血液が送れなくなり冷えてしまうと言います。

ですので、その筋肉周りをほぐすことで冷え性が改善されるようです。
番組内で紹介された対策法を紹介していきます。

下半身冷え性の対策

速効性と予防の両方の効果のあるツボで非常に有効なようです。

下半身の冷えを解消する3つのつぼ、そのツボと押し方を一つ一つ紹介していきます。

築賓(ちくひん)

足のふくらはぎの内側にあるツボ。
画像で見るとこの辺になります。

IMG_6156

ここを押すのですが、押す力はハンコを押す程度の力。
ふくらはぎを挟むように押すと効果的なようです。

痛いと感じると血流の流れが悪くなっている証拠であるそうです。
そこを重点的に押すようにします。

5秒間グッと押し緩めることを1セットとし、左右5セット行います。

臀中(でんちゅう)

左右のお尻の上側にあるツボ。
画像で見るとこの辺です。

IMG_6157

コリを感じて痛みが出るところがツボになります。

今回は、ソフトボールや軟球サイズの硬めのボールを用意します。

  1. 仰向けになり、両膝を立てます。
  2. ボールを臀中付近にセット。
  3. 腰を動かしながらボールでつぼを押します。

これを、左右それぞれ30秒間行います。

八風(はちふう)

3つ目は、足の指の付け根にあるツボになります。

画像で見るとこの辺です。
IMG_6158

 

  1. 足の指を足の裏側に向けて強く曲げます。
  2. 押している状態を5秒キープ。
  3. 5秒たったら「パッ」と離す。
IMG_6159

これを1セットとし、左右5セット行います。

 

効果のほどは?

 

番組では、この3つのつぼを毎日押すことで検証5日目にはすでに効果が出ている方がいました。

2人の女性が試していましたが、寒くてたまらないということがなくなっているなど、5日後にはどちらの方もほとんど改善されていたようです。

簡単ですし、毎日続けることも比較的容易であるかと思います。
下半身の冷え性で困っているという方は是非試してみてはいかがでしょうか。

まずは、軟球を買ってきましょう!

以上、下半身冷え性についてでした。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です