神社のお参りの仕方や礼の手順!ルールや参拝時間は何時頃がいいのか

スポンサードリンク




 

最近はあまり行かない方も多くなってきましたが、初詣に出かける方は多いです。
その年の安全などをお参りしに行くわけですし、家族一緒に出かける大事な行事だと思います。

ですが、お参りの際の手順や仕方、ルールや参拝時間などを知らない、と言う方も意外といらっしゃいます。
知らないからいいやで済ませてもいいですが、これを期にきちんとしたお参りの仕方を覚えてみてはいかがでしょうか?

今回は、神社のお参りの仕方や礼の手順などについて書いていこうと思います。

神社のお参りの仕方や礼の手順!ルールや参拝時間は何時頃がいいのか

参拝手順

1、鳥居をくぐる前

鳥居をくぐる前に、まず服装の乱れを整えます
鳥居をくぐる前から参拝は始まっているということですね。
きちんとした正装をしなければいけないわけではないので、着てきた服の乱れを綺麗にするなどで大丈夫です。

もちろん汚い格好はあまり好ましくありませんが・・・。

2、鳥居をくぐる

次に早速鳥居をくぐることになりますが、まずは軽く会釈をして境内に入ります
やっていない方もいますが、やっている方を見ながら真似するのでもありです。

神社などでは、神様が祭られている場所に入る際に、神様を敬う気持ちを表わすために行います。

3、手水舎へ

次にお参りする前に、境内の手水舎で、身を清めます
ここでたくさんの方が手を洗っていますが、やり方がわからず適当にされている方も多いと思います。

ですので、手順を書いていきます。

順番は以下の通りです。

  1. まず右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、左手を洗い清めます。

  2. 柄杓を左手に持ち替えて右手を清めます。

  3.  再び持ち替えて柄杓を右手に持ち、左のてのひらで水を受けて口をすすぎます。柄杓に口をつけて口をすすぐことのないように注意してください。

  4.  左の手のひらを清めます。

  5. 最後に柄杓を縦にして、自分が持った柄の部分に水を流し、元の位置にもどします。 柄杓は伏せておきます

1つ1つに意味があるようですので、これを機会にぜひこの通りやってみてください。
せっかく清めるのでしたら、きちんとしたやり方で清めた方が効果はあるはずです。

一つ一つの動作をしっかり行えば、自然と周りの人も真似するようになるかもしれませんね。

4、神前へ

ここでようやく参拝することになります。

順番は以下の通りです。

  1. 神前に進み、姿勢を正します。

  2. (賽銭を賽銭箱に入れます。)

  3. 鈴を鳴らします。

  4. もう一度姿勢を正します。

  5. 二拝二拍手一拝の作法(ニ礼二拍手一礼の作法、あるいは、再拝二拍手一拝の作法とも言う)で拝礼を行います。一般的には、「二礼二拍手一礼」で知られているかなと思います。6で詳しいやり方を説明します。

  6. 5-1 90度の礼で、二回拝みます。 5-2 胸の前で二回、拍手をします。 5-3 もう一度90度の礼で、一回拝みます。

ルールは難しいように思いますが、目上の方とのお参りや礼儀作法にきっちりしている方との参拝へ行かれる方など
見る人が見ればわかるようなので覚えておきたいところですね。

文章で見ると難しく見えますが、実際にやってみるとすぐに覚えることができますし、覚えておいて損はないと思います。

5、最後に、鳥居をくぐる時

境内の方向へ向きを変えて、軽く会釈をしてから境内を出ます

ここまできちんと手順を踏んだならば、最後もきちんと会釈してからでましょう。
神様がそれに応えてくれるかはわかりませんが、きちんと行うことで周りから「きちんとしてるな」と高評価を受けること間違いなしです。

■参拝時間

午前中が好ましいと言われています。
中でも6時半から11時半がいいと言われており、その時間が「陽」の時間にあたりエネルギーがあるからだそうです。

ただ、夜お参りしても特に問題はないようです。
夜はなにか特別な事情でお参りされている方が多かったり、治安の問題、神社が門を開けている時間帯などから、朝からお昼にかけての時間帯の方がいいと言います。

そういうことも、「午前中がいい」という噂の元になっているのかなと思います。

いかがでしたか?
家内安全や家族の健康など、大事なことをお参りしに行くわけですから神様に失礼の無いようにしたいところですね。

以上、神社のお参りの仕方や手順などについてでした。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です