猫ちぐらとは?かわいいと話題だが手作りなので値段が高く入手困難?

スポンサードリンク




 

猫ちぐらというものをご存知でしょうか?
猫好きで猫を飼っている人ならば知っているであろうものなのですが、
この猫ちぐらがかわいすぎると話題になっています。
人気が出過ぎて予約待ちであるという猫ちぐらに注目していきます!

 

かわいい猫ハウス

 

猫ちぐらは藁を編んで作った猫用のおうちです。
ちぐらは新潟の方言で「ゆりかご」を意味します。
つぐらとも呼びます。

この猫ちぐら、今のような形になったのが、大正時代。
その前の明治時代くらいからすでにあったそうですね。

猫もこのちぐらをすぐに気に入るそうで、
遺伝子が覚えているからじゃないかなと思います。笑

 

入手困難??

 

この猫ちぐら、新潟県で手作りされているだけあって、
生産追いついていないようです。
大きいサイズだと2年待ちになってしまうことも。

小さめのサイズでも7カ月待ちがあるそうで、
手に入れるには相当な時間がかかるみたいですね。
届いた時にはちぐら熱が冷めて忘れていそうなものですが・・・。笑

値段も安くなく、飾り用の小さいサイズで10000円。
猫が入れるような大きさのものはなんと20000円以上かかるそうです!

猫が入れなかったら猫ちぐらの意味がないと思うので、
20000円はかかってしまうということですね。

 

愛する猫ちゃんのためと思えば安いもの!
と言える方は良いですが、さすがにちょっと高いですね。笑
手作りで質が良いですから当然と言えば当然なのですが・・・。

何カ月も待ってでも手に入れたいと思うならば、
注文してみてもいいですね!

 

手作りする人も

 

けっして安くはない猫ちぐら。
手作りする人もいるそうです。
最近は中国製の安いものがあるそうですが、
質はあまり期待できないそうですから。

猫ちぐらの作り方の本があるのでそれを見るのが
一番簡単なのかなとは思います。

材料もネットでいくらでも調達できますし、
作り方の動画もあります。

日本製の質のいい猫ちぐらを買えないと言う人は
一度作ってみても良いかもしれないですね!

飼っている猫ちゃんのため、挑戦してみましょう!

 

以上、猫ちぐらについてでした!    

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です