顔のシミを消す方法は?薬や化粧品を使った簡単な取り方も

スポンサードリンク




顔にできたシミって、小さくてもすごく気になりますよね。

いつまでも綺麗でいたい女性にとってシミは大きな悩みになります。

そこで今回は、顔にできたシミを薬や化粧品を使って簡単に取る方法を紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

顔のシミを消す方法は?薬や化粧品を使った簡単な取り方も

◆シミができる仕組み

◇メラニンの過剰蓄積によりシミが発生

メラニンとは紫外線などのダメージから皮膚の細胞を守る為に作られる物質で、メラニン事態に害はありません。

しかし何かがキッカケになりメラニンが過剰に作られると、表皮細胞に蓄積されていきます

やがて蓄積されたメラニンの色素が沈着してシミとなって表れてきます。

◇メラニンが過剰に作られるキッカケとは

メラニンが過剰に作られるキッカケには大きく分けて2つあります。

  • 一つ目は紫外線です。
    紫外線は皮膚がんの元になる有害な物質であり、皮膚の細胞を破壊してしまいます。
    紫外線による皮膚の破壊を防ぐ為にメラニンが活発に生産され、結果シミとなって肌に表れてしまいます。
  • 2つ目はストレスによる細胞機能の低下です。
    ストレスを感じると体の血液の流れが悪くなり、細胞機能が低下していきます。
    体はアドレナリンを分泌して細胞機能を復活させようとしますが、アドレナリンには持続的に働く能力が弱く、徐々に細胞機能が低下していきます。
    そこで、持続的に働く能力が強い男性ホルモンを分泌するようになります。
    この男性ホルモンの影響でメラニンが過剰に生産され、シミになってしまうのです。

◆シミ対策で普段から気を付けること

◇紫外線対策をしっかり行う

シミの大きな原因の一つが紫外線であるので、普段から日焼け止めクリームを塗るなど肌を紫外線から守るようにしましょう。
紫外線の量は曇りの日でも多く、晴れの日の約80%と言われていますので、紫外線対策は毎日行いましょう。

◇ストレスを発散する

ストレスは自分でも気づかない内に溜まっています。
寝つきが悪くなったり、ニキビができたりしたらストレスの溜まりすぎのサインかもしれません。

定期的にストレスを発散できる環境を作りましょう。

◇規則正しい生活を心掛ける

22時には眠りにつく努力をしましょう。
成長ホルモンが活発に分泌されるのが22時~2時で、ピークは0時~1時と言われています。

成長ホルモンは眠ってから2時間後に分泌が始まるので、22時頃に眠ると効率良く成長ホルモンを吸収できます。
毎日22時就寝は難しいかもしれませんが、週3日は22時に寝るようにするなど努力してみましょう。

◆シミに効果的な薬や化粧品

◇ロスミンローヤル(医薬品)

日本で唯一、シミを取ることができる医薬品として有名です。
シミだけでなく、小じわやそばかすにも効果が高いと言われているので、まずはこれを使ってみるのが良いでしょう。

価格は7,000円程と安くないですが探せば半額で売っている所もありますので、是非探してみてください。

医薬品ですので指定通りに服用してください。

指定数以上の量を服用すると、胃が荒れたり思わぬ副作用が出る恐れがありますので、間違っても指定数以上服用しないでくださいね。

◇ハイチオールCプラス(医薬品)

ロスミンローヤルに続いてシミ取り効果の高い医薬品です。
シミに効果がある以外に、肝機能を向上させ二日酔いの予防にも効果があるので、常備していて損はありませんね

こちらも医薬品ですので、指定通りに服用してください。

◇アスタリフトホワイト(美白化粧水)

独自のナノ技術で肌への浸透力が抜群に優秀な化粧水。
保湿成分も配合しているので肌がしっとりとし、早いと2週間でシミが消えていくと人気の化粧水です。

◇saeruサエル(美白化粧品)

化粧水をつける際にピリピリしてしまう敏感肌の人向けの美白化粧水。

アルコール不使用で肌がピリピリせず、肌への浸透率も優秀なので乾燥肌の改善も見込めます
値段もトライアル料金で1,260円なので試す価値ありですね。

◆さいごに

優秀な医薬品や化粧水はありますが、それだけに頼るようなことはせずに、規則正しい生活を心掛けましょう。

毎日の生活を充実させることで肌への負担を減らし、いつまでも綺麗な肌でいられるように頑張りましょう。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です