お酒が弱い人の判断基準はどのくらい?赤くなる理由や原因も

スポンサードリンク




会社の飲み会や友人達との飲みなどでは、お酒に強く何杯飲んでも酔わない超人(ザル)もいれば、たった1杯で顔が真っ赤で酔ってしまう人もいます。

そもそも、お酒に強い弱いの判断はどこからなのでしょうか。

そこで今回は、お酒が弱い人の判断基準と、顔が赤くなる原因とその理由を紹介しますので、ご覧ください。

お酒が弱い人の判断基準はどのくらい?赤くなる理由や原因も

◆〇杯以上飲めないと弱いという基準はない。

◇アルコールの分解能力の高さで決まる。

体内にアルコールが入ると、肝臓が分解を始めます。

アルコールが分解されると、アセトアルデヒドという体に有害な成分が生産されます。

これを分解する為に、ALDH2という酵素が働き体を正常な状態へと戻していきます。

この「ALDH2」の働きが活発であるなら「お酒に強い」と判断する事ができ、その逆であると「お酒に弱い」と判断されます。

ALDH2の働きが弱いと、アセトアルデヒドの分解が追い付かず、頭痛や吐き気などのいわゆる悪酔いが発生します。

◇実は日本人の約半分が「酒に弱い」

このALDH2という酵素は、日本人は生まれつき活性が弱いか、欠けている方が約半分もいるそうです。

この酵素が欠けている人の場合は、たった一杯で酔ってしまう事になり、最悪の場合で死に至る場合もあるそうなので、注意が必要です。

◆顔が赤くなる原因とその理由

◇顔が赤くなる現象は「フラッシング反応」

このフラッシング反応とは、アセトアルデヒドの毒性によって引き起こされるもので、ALDH2の活性が低い人ほど顔が赤くなりやすいようです。

このアセトアルデヒドが上手く分解されずに体内に残っていると、頭痛や吐き気などの「悪酔い」の症状がでてきます。

そしてアセトアルデヒドには発がん性がありますので、長く体内に残っていると食道がんなどのリスクが増大する危険もあります。

ですので「顔が赤くなる」ということは、赤くならない人に比べて比較的酒に弱い体質であることがわかります。
ただし、顔が赤くならないということは、赤くなりやすい人よりもたくさんお酒を飲まされやすい(勧められやすい)ので、飲む量には注意しましょう。

いつの間にか顔が青ざめているということにもなりかねませんので。

まとめ

いは遺伝的なものであるので、無理に克服しようと多量の飲酒を行うとかえって危険です。

また、飲酒によって顔が赤くなる現象はフラッシング反応といい、アルコールが分解されることによってできるアセトアルデヒドが引き起こしたもの。

これは、体内のALDH2の活性が弱いと処理が追い付かなくなってしまい、体内にアセトアルデヒドの毒がまわり、その作用として顔が赤くなってしまいます。

他の症状は頭痛や吐き気などの悪酔いの症状や、翌日まで続く二日酔いなどがあげられます。

お酒に弱いとわかっている時は無理をせず、自分の飲める範囲まで抑える事が大事です。

以上の事を理解したうえで、楽しくお酒を飲みましょう。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です