赤ロムと白ロムの違いや判別方法!確認や解除方法はある?

スポンサードリンク




r_rom_img

中古スマホを購入するにあたって、注意すべき事があります。

購入する際に、「白ロムです」や「赤ロムです」と書かれている場合がありますが、この違いってわかりますか?

実は大きな違いがあるんです。

その確認方法や対策を紹介したいと思いますので、是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

◆白ロムと赤ロムの違い

akarom01

◇白ロムはSIMカードを抜いた状態の端末の事。

通常、自分の電話番号などの個人情報は全てSIMカードに記録されてあります。

白ロムに自分のSIMカードを挿れる事によって、その端末を使用する事ができるようになります。

つまり白ロムというのは、通常の新品スマホと同様に問題なく使用する事ができる端末であります。

◇赤ロムは通信制限がかかった使用不可能なワケあり物品!

前の所有者が、その端末の分割料金を払い切らないで売りに出したりすると、端末代金の支払いが滞った状態になる為キャリア側で通信を制限する事になります。

また、購入した時は使えていてもある日突然使えなくなってしまう場合もあり、この場合も前所有者が端末代金の支払いを滞らせた為になる現象です。

そうなると、通話はもちろんアップデートなど、ネットワーク通信に関係するものは一切利用できなくなります。

Wi-Fiでの通信はできますが、SMSやキャリアアップデートは使えなくなってしまい、結果的に持っていてもスマホとしての機能を発揮することができません。

またこの通信制限は、分割金の支払いが滞った場合だけではなく、盗難品だった場合でも通信制限がかかる事があります。

それは前所有者が各キャリアに盗難報告をすると、悪用されないように通信制限をしてしまうからです。

このように、赤ロムは危険な可能性が大の物品になりますので絶対に購入しないようにしましょう。

万が一購入してしまった場合に備え、返品可能な店舗での購入を強くおすすめします。

◆白ロムかどうか確認する方法

imei-batu

◇製造番号(IMEI)で状況を調べる事ができる。

中古スマホを購入する際に、白ロムかどうか確認する事ができます。

スマホ本体に記載されている製造番号(IMEI)を下記の各キャリアサイトに入力する事で照会を行う事が出来ます。

照会結果は○△×で表示され、

「○」ならば通信制限無し(白ロム)であり、
「△」の場合は今後赤ロムになる可能性がある事、
「×」ならば通信制限中(赤ロム)

という具合になります。

購入する際は必ず確認し、「○」であれば問題ありませんが「△」であった場合は、もしかしたら突然使えなくなる可能性も考えておきましょう。

au:https://au-cs0.kddi.com/FtHome

docomo:http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php

SoftBank:https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

◆赤ロムになった端末を解除する事は可能なのか。

◇原則的に解除不可能。

キャリア側で通信を制限しているため、キャリアショップに持って行っても回収扱いとなり、基本的に通信制限の解除はしてくれません。

赤ロムになったら手放すか、Wi-Fiのみでの運用になるので注意したいところです。

中古ショップで購入する際に、赤ロム補償があるか確認してから購入すると、万が一赤ロムになっても補償してくれるお店もあるので確認しておきましょう。

◆終わりに

中古スマホは安価で手に入りやすく、魅力的な商品ではあります。

しかし、購入前に十分に調べておかないと赤ロムを手にする事になるかもしれません。

そうならない為にも、通信制限の確認と中古ショップの補償内容を確認してから購入するようにしましょう。

スポンサードリンク




スポンサードリンク