布団乾燥機の効果的な使い方!ダニ対策にもおすすめ

zfZeAXkRqHThgF4_dp8rB_3

天気を気にせず布団を乾燥させることができる布団乾燥機。
ただし、正しい使い方をしなければその効果は半減してしまいます。

せっかく買ったのでしたら、正しい使い方でより効果的に使用したいところです。

今回は、布団乾燥機を使ったダニ対策など効果的な使い方をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

↓よければこちらもどうぞ↓
布団乾燥機の選び方やおすすめ商品比較!電気代や口コミも

スポンサードリンク

◆効果的にダニを駆除する方法

three-mite-extermination-method03_R copy

◇効果的な布団乾燥機の使い方

ダニは気温25度以上と湿度60%以上の高温多湿を好み布団は絶好の住処と言えます。
特に4月の暖かくなった時期から徐々に増えていき、梅雨時期には産卵が始まります。

そして秋には卵を破り300倍の繁殖力でウジャウジャを増えていきます

ダニ本体はもちろん、死骸やフンにもアレルギー物質が含まれるので、掃除を怠ると喘息やアトピーなどになりやすくなるので注意が必要です。

天日干しをしようにも天気が悪ければ干すことができませんし、干すのも面倒。
しかも太陽光の当たっていない部分にダニが逃げてしまいますので、ダニを完全に駆除することが難しいと言われています。

そこで、ダニの駆除に効果的なのが布団乾燥機です。
では、どうすればよりダニを駆除するのに効果的なのかを書いていきます。

スポンサードリンク

◇効果的な布団乾燥機の使い方

ダニは温度50度の環境で20分で死滅すると言われていますので、60度近く上がる布団乾燥機は効果的にダニの駆除ができます。

ダニの習性などを理解し、普通に乾燥に使うときと違う使い方で、より効果的にダニを駆除しましょう!

  • 乾燥マットを挟むように二つ折りにする
    こうする事で、乾燥マットが布団の全体にいきわたるのでダニの逃げ道を防ぐことができます。
  • 上から掛布団をかける。
    更に上から掛布団を掛けることで熱を内部に留め、効果的にダニを駆除する事ができます。

この状態で30分~1時間置いておけばダニはほぼ死滅すると言われています。

最後に掃除機で両面を一定方向にゆっくり吸い取り、ダニと死骸とフンを取り除けば綺麗な布団の出来上がりです。
特にダニは頭部や端の方に集まりやすい傾向なので、そこは念入りに吸い取ってあげましょう。

上でも書いた通り、アレルギー体質の方はダニの死骸やフンが残っていると、喘息、アトピーなどを起こす原因になりますので、しっかりと取り除く事が重要です。

死滅させてから吸い取る事で、より効果的にダニを駆除する事ができます。

レイコップやダイソンがあれば効果的ですが、普通の掃除機でも十分に吸い込むことができるので安心です。

◇週1回の頻度でいつでも綺麗な布団になります。

理想は週一回ですが、2週間に1回でも効果はありますので空いた時間にササッとやってしまいましょう。
天日干しと違い、布団全体を暖める事ができますし、天気を気にせず使えるところがいいですね。

◇布団乾燥機は除湿もしてくれるのでダニが生息しにくい環境になる。

布団乾燥機のいい所は、同時に除湿もしてくれるところ。

除湿する事によってダニが生息しにくい環境を作り出してくれますので、ダニの被害を最小限に食い止めることができます。

◆まとめ

  • 布団は乾燥マットを挟むように2つ折りにする。
  • 熱を逃がさないように上から掛布団をかぶせる。
  • 30分~1時間その状態で置いておく。
  • 両面を掃除機で一定方向にゆっくりとかける
  • 布団乾燥機の頻度は週1回~2週間に1回がベスト。

以上が布団乾燥機の効果的な使い方。

特別面倒な事も必要ないので簡単にできるのが非常にいいです。

みなさんも是非、布団乾燥機でダニ対策をしてみてください。

スポンサードリンク