JAPAN JAM BEACH服装や靴は?持ち物リストや会場画像も

スポンサードリンク




 

海、食、音楽を楽しむことができる春のイベント「JAPAN JAM BEACH」。
今年のその季節が近づいています。

多くの人気アーティストが出演するこのフェスですが、ビーチで行われるだけあって初めての方はどんな服装で、どんな靴を履いていけばいいのか迷いますよね。

ここでは、「JAPAN JAM BEACH」に参加する際にオススメの服装や靴、持ち物リストなどを書いていきます。
わかりやすいように過去開催のフェスの画像や会場の画像なども載せていきますね。

JAPAN JAM BEACH服装や靴は?持ち物リストや会場画像も

オススメの服装

日中は暑くなりますので、基本的に涼しい服装で参加することをオススメします。

上:半袖、腕まくりのできるシャツなど
下:ショーパン、半パン、7部丈など

ただし、夜は少し冷え込みますので、「羽織れるもの」を持って行くことをオススメします。

カーディガンやパーカー、シャツなど、上から簡単に羽織れるものを持っていきましょう。
腰に巻いておける、肩にかけておけるようなものでもいいですね。
寒くなってきたときに着れるものならなんでもいいです。

あとは、帽子もあった方がいいかもしれません。
日差しが強いため、麦わら帽など持って行くと日焼け防止にもなります。

オススメの靴

スニーカーをオススメします。

砂浜を歩くこともあるため、汚れてもいいスニーカーです。

あと、曇りや小雨、夜などは少し冷え込みます。
なので長い靴下や、ショーパン、半パンの下に薄いタイツを履いていってもいいでしょう。

スニーカーの他にサンダルなどを持って行くと便利かなと思います。

ただし、サンダルだけで行くのはNGです。
なんせライブイベントがありますから、人の密集したところに行くと踏まれる可能性も高いです。

サンダルなどで行ってもいいですが、あまり密集していない後ろの方でみるといいかも。
踏まれてもいい!という強者は気にしなくてもいいです。

なので、基本スニーカーで予備用にサンダルを持って行くといいかもしれませんね。
そこまで必要ないと思いますので、スニーカーで十分です。

持ち物リスト

「JAPAN JAM BEACH」の会場は海辺で、かつ人が大変多いのでその分必要になるものも増えます。
当日、忘れ物をしてしまうとフェスの楽しさも減ってしまいますよね。

では、「必需品」と「あると便利なもの」で分けてリストのように書いていきます。

必需品

  • チケット
  • 交通機関の乗車券など
  • タオル
  • 着替え(シャツ、靴下)
  • 羽織れるもの
  • レインコート
  • 日焼け止め
  • 飲み物

あると便利なもの

  • 帽子
  • サンダル
  • モバイルバッテリー
  • ティッシュ、ウェットティッシュ、ハンカチ
  • 虫除けスプレー、かゆみ止め
  • 絆創膏
  • レジャーシート
  • ゴミ袋
  • 防水用の小物入れ
  • 食べ物(お菓子など)

電車で帰ることを考えている方は交通機関の乗車券を事前に買っておくとスムーズに帰れます。
帰りは切符売り場も混雑が予想されますので、事前に切符を買っておく、またはICカードをチャージしておきましょう。

傘の使用は禁止されています。
雨が降ってきたときのためにも、レインコートを持っておきましょう。

上にも書いた通り、当日は非常に日差しが強いです。
男性でも日焼け止めは持ってきておきましょう。
一緒に帽子をかぶっていると効果大です。

ゴミ袋は大きめのものを持ってきていると便利。
ゴミをまとめれますし、レジャーシート代わりに地面に敷くこともできるので何枚か持って行くことをお勧めします。

絆創膏は足を怪我しやすいため。

あと、会場に飲み物を買うところがありますが、並ぶことが多いので事前に飲み物は持参している方がいいでしょう。

会場の画像や雰囲気は?

非常に人が多く、ライブ時はぎゅーぎゅーになります。
飲食店も多く出店しており、海、食だけでも十分楽しるイベントです。

下記の画像にもある通り、ステージが3つあり、それぞれほぼ同時進行でライブが行われます

出演者のタイムテーブルに関しては、イベントに近づくにつれ公式サイトにて掲載される予定です。

しっかりと確認しておきましょう。

会場の雰囲気がよくわかる動画がありますので、こちらをご覧ください。

まとめ

基本的に服装は汚れてもいいような服で行きましょう。
砂埃もありますし、何よりもライブでぐちゃぐちゃになるでしょうから。

あとは、持ち物をしっかりと確認。
準備を怠らずライブを存分に楽しんできてくださいね。

ライブの予習には無料で聞ける【music . jp】が断然おすすめ!

ライブでは持ち物など準備することが色々ありますが、それよりも大事なのが曲の予習をすることです。

盛り上がる曲なのにうる覚えでイマイチ曲に乗れない、、、となると、ライブの楽しみが半減。

サビだけじゃなくて、全曲しっかり覚えていく方が、ライブを確実に楽しむことができます。
ただしCD や DVD は値段が高くて買い揃えるのもなかなかできないですよね。

そんなときにオススメなのが

music.jp

というサービスです。
music.jpでは名前の通り、音楽を楽しむことができるサービス。

登録するとポイントがもらえ、そのポイントを使うことで音楽を聴くことができます。
配信されているアーティスト数が多く、オフラインでも楽しめるのも魅力的です。

また、音楽だけでなく、映画などの動画や漫画も楽しむことができます。
無料のお試し期間があるので、その期間中に解約すれば実質無料でサービスを利用できます。
もちろん、無料期間でもポイントはもらえます。

iTunesなどで、曲を買うのもいいですが、どうせなら無料で聞ける方が絶対にいいです!
また、継続して利用する場合でもかなりお得なサービス内容ですよ。

詳しいサービス内容や料金システム、メリットデメリットに関してはこちらをご参考ください。
music.jpのサービス内容や料金システムまとめ!

登録も解約も簡単なので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?
music.jpを試してみる!

スポンサードリンク




スポンサードリンク