琵琶湖花火大会2020穴場スポットやアクセス!写真撮影など見やすい場所

スポンサードリンク




関西の中でも特に人気の花火大会である「琵琶湖花火大会」。
今年、2020年も多くの来場者で混雑することが予想されます。

琵琶湖の最前列で大迫力の花火を楽しむのもいいですが、大規模な分現地は本当に混雑しますよね。

たまには人の少ないところでゆっくり楽しみたいところです。
ここでは、2020年琵琶湖花火大会の穴場スポットやアクセスを13カ所紹介していこうと思います
車、電車別におすすめ順で書いていきますので、ご参考に。

より混雑を避けたいならこちらもどうぞ。
琵琶湖花火大会の場所取りは何時からがおすすめ?混雑の少ない時間も

琵琶湖花火大会2020穴場スポットやアクセス!写真撮影など見やすい場所

車で行ける穴場スポット

比叡山「夢見が丘駐車場」

比叡山のドライブウェイ(有料道路)を入っていくとそのすぐ奥に「夢見が丘駐車場」というところがあります。

ここは展望台にもなっていて、花火や琵琶湖を見渡せる絶好のスポットです。
最近は有名になってきて、少しずつ人が増えてきているようですが、大津駅や膳所駅周辺に比べると圧倒的に人は少ないです。

車がないと行けませんが、交通規制がかかっておらず、何よりも近くで見るのとは違い、花火と琵琶湖を見下ろすことができるのもおすすめポイント

他では撮ることのできない写真撮影ができる点もおすすめです。

ただし、花火大会当日は午後5時ごろになると駐車場が満車になってしまう恐れがあるため、早めに現地に到着しておきましょう。
カフェテラスや山の上から見渡せる絶景と自然がありますから、暇を持て余すことはないと思います。

おすすめポイント!
・花火大会を見下ろせる!
・展望台やカフェがあるので、暇つぶししやすい!

名神高速大津SA上り線

名神高速大津サービスエリア上り線からも花火大会を見ることができます。

下り線から徒歩で上り線のサービスエリアまで行けますので、アクセスもいいです。
ただし、少し有名なだけに人は比較的多いでしょう。

それでも、大津、膳所駅などよりは比較的空いているでしょうが・・・。

サービスエリア内には、花火を見ながら食事できるところもありますし、夜景と花火、おいしいご飯を一緒に楽しむことができます。

花火大会の特別メニューがありますので、事前に予約しておきましょう。
すぐに満席になるでしょうしお早めに。

おすすめポイント!
・花火、夜景、おいしいご飯一緒に楽しめる!
・琵琶湖からも近いので綺麗に見える!

電車でも行ける穴場スポット

比叡山山頂

夢見が丘駐車場と同じく、比叡山ドライブウェイに入った先にある「比叡山山頂」です。
花火に関しては、夢見が丘駐車場と同じで見下ろすような形になります。

夢見が丘駐車場に比べて、人が少ないことが特徴。

山頂までは少し料金がかかりますが、その分混雑を避けることができるでしょう。
少し遠いのでどうしても小さくなってしまいますが、湖面もしっかり見え、綺麗な花火を見ることができます。

ガーデンミュージアムがあるので、暇を持て余すこともないでしょう。

車だけでなく、電車やケーブルカー(ナイター営業)でも行くことができるので、電車を利用する方でも安心です。
比叡山ガーデンミュージアムから見えますので、そこを目的地に行けば比較的わかりやすいかと思います。

事前にケーブルカーの時間を確認しておくことを忘れずに!

ガーデンミュージアムアクセスはこちら。
http://www.garden-museum-hiei.co.jp/information/access.html

おすすめポイント!
・花火大会を見下ろせる!
・ケーブルカーもあるので、車がなくても来れる!

びわこ競艇場

びわこ競艇場のスタンドは普段有料ですが、花火大会当日だけいつも無料で解放されています

琵琶湖花火大会は二つのポイントから打ち上げられますが、ここならどちらも見ることが可能です。
琵琶湖からもかなり近いので、他の穴場スポットよりも迫力のある花火を味わうができます

大迫力の花火を取りたい方にも非常におすすめ。

ただし、他の穴場に比べて有名な上、駅からも近いので非常に混みやすいです。
混雑してしまうことは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

ただし、打ち上げ場所から近いため、他のスポットでは見れない大迫力の花火を味わうことができます。
スタンドに入ってしまえばこちらのものです。
混雑をあまり気にしていない方にはここがおすすめ。

おすすめポイント!
・二つのポイントからの大迫力の花火を楽しめる!
・駅から近い!

浜大津アーカス

浜大津アーカスは、花火の打ち上げ場所からも近く、競艇場同様に人気のスポットです。
有料席の近くに無料で見れるスペースがありますが、ここはかなり人が多くなりますし、人数制限もかかるくらいほど。

車で行くのはおすすめしません。
電車などの交通機関で行きましょう。

混雑が予想されますが、その分大迫力の花火を楽しむことができます
競艇場同様に迫力ある写真を取りたい方にもおすすめ。

浜大津アーカス自体は当日休館していることがほとんどですので、ご了承を。

おすすめポイント!
・迫力ある花火を楽しめる!
・駅近でアクセスが容易!

大津市歴史博物館

浜大津や大津駅よりももう少し北にある「大津市歴史博物館」。
ここからは、綺麗に花火全体を撮ることができ、毎年多くの三脚が並んでいます。
近くで撮るのと違い、花火がカメラにおさまらないということもないでしょう。

人も少なめで、小さな出店も。
知る人ぞ知る」穴場スポットでゆっくり花火を見ることができるでしょう。

穴場スポットという意味ではここで紹介するスポットの中で一番かもしれません。
本格的に写真を撮られている方も多くいらっしゃいます。

おすすめポイント!
・人が少ない!
・綺麗な花火全体を見ることができる!

大津プリンスホテル前(におの浜東側)

ホテル内からも花火大会を楽しむことのできる「大津プリンスホテル前」、におの浜の東側です。
花火の打ち上げ場所に近い琵琶湖ホテルから少し離れているため、そこよりも比較的混雑は少ないと言われています。

最寄駅からも近く、アクセスもいいです。
迫力ある花火が見れますし、少し混雑を避けたい方におすすめ。

ただ、打ち上げ場所に最も近い人気のエリアよりも比較的空いていますが、
帰りの電車は非常に混雑しており、かなり並ぶことになりますので、あらかじめご了承を。

におの浜の中でも、東側が空いているようです。

おすすめポイント!
・最人気エリアよりは比較的空いている!
・駅近でアクセスしやすい!

皇子が丘公園

打ち上げ場所からも比較的近い「皇子が丘公園」。
公園は少し丘になっており、公園内から花火を見ることができるところがあり、迫力のある花火を楽しめます。

駐車場もあり、車で来られる方にも便利です。
ただし、駐車場が満車になる場合や、交通規制でうまく来れないという可能性もありますので、早めに現地に着いている方がいいでしょう。

その際、公園の中でもどのあたりが一番花火を見やすいのかを確認しておくことを忘れずに。

おすすめポイント!
・公園内からゆっくりと花火を楽しむことができる!
・駐車場も大きく、車で来る方にもおすすめ!

矢橋帰帆島

矢橋帰帆島(やばせきはんとう)という人口島からも綺麗な花火を望むことができます。
西側にある湖岸道路からが一番綺麗に見えると言われており、近くで見るのとは違い、花火全体を見ることが可能です。

琵琶湖も広く見れ、二つのポイントからの花火をどちらも見れるので、非常におすすめ。
少し離れているので、お腹に響くほどではありませんが、湖に映る綺麗な花火を楽しむことができるでしょう。

ただし、琵琶湖側には木が植えられていますので、歩いて島の端まで行く必要があります。
矢橋帰帆島公園からは花火が見えない可能性が非常に高いです。

あくまでも公園は花火大会までの時間を過ごすために使いましょう。

他にもここにはキャンプ場もあるので、花火大会が終わった後、おもいきってそこで泊まるのもいいかもしれませんね。
ちなみに泊まる際は貸し出しのサービスなどは何もないので、テントなどすべて自分で用意しなければいけないのでご注意ください。

おすすめポイント!
・湖に映る花火全体を綺麗に見ることができる!
・花火大会終了後、そのままキャンプ場で泊まれる!
・車でも電車(バス)でも来ることができる!

アルプラザ瀬田

アルプラザ瀬田では、車の通行を禁止し毎年屋上駐車場を無料で解放しています。

アルプラザ内にたくさんの娯楽施設があるので、待つのも苦にはならないでしょう。
しかも屋台も出ますので、お祭り気分もしっかり味わえます。

暑くなったら室内に入ればいいので、家族で来る際も安心です。

おすすめポイント!
・トイレなど何かと便利!
・屋台も出るので、お祭り気分もしっかり味わえる!

滋賀県立体育館別館前

京阪膳所駅から徒歩で行くことのできる「滋賀県立体育館」。

打ち上げ場所から少し東側に位置しています。

コンビニも近く、湖に面しているため花火も綺麗に見ることが可能です。
ただ、最寄駅が京阪膳所駅なので、帰りの電車が混んでしまうことはご了承ください。

少し駅から歩きますが、綺麗に花火を見ることのできるスポット

おすすめポイント!
・迫力ある花火が楽しめる!
・駅近で便利!

イオンモール草津(現在は封鎖されています)

少し遠いですが、快適に花火を楽しむことができる「イオンモール草津」。
他の穴場スポットに比べて迫力に欠けると言われていますが、混雑がなく、快適に楽しむことができます。

混雑が嫌い、大迫力でなくていい、買い物でもしながらゆっくり待ちたい、などの人にはおすすめです。

現在は安全のために封鎖されており、ここから花火を見ることはできなくなりました。

陸上自衛隊大津駐屯地

花火大会当日は陸上自衛隊大津駐屯地でも花火大会を見ることが可能です。

現地には、自衛隊ならではの戦車などの乗り物も見ることができ、花火までの時間もそこで楽しむことができます。

3キロほど離れていますので、他の穴場スポットと比べると少し小さいかもしれませんが、
その分花火全体を楽しむことができますし、混雑も比較的少ないです。

屋台なども出ていますので、ゆっくりお祭り気分を楽しみたい方におすすめ。

おすすめポイント!
・人が比較的少なく、花火全体を見ることができる!
・戦車や戦闘機などが好きな方にもおすすめ!

まとめ

いかがでしたか?

穴場スポットといっても、目的によってどのスポットがいいのか変わりますよね。

  • 大迫力の花火を近くで見たい
  • 写真撮影で全体を写したい
  • 遠くてもいいから混雑を避けたい

などなど。

混雑はできるだけ避けたいところですが、間近で見るとなるとどうしても混雑は避けられません。
ただし、最前列で見る琵琶湖花火はそこでしか味わうことのできない感動があります。

よく考慮した上で決めて、目一杯琵琶湖花火大会を楽しんできてくださいね。

こちらの記事もどうぞ。
琵琶湖花火大会の場所取りは何時からがおすすめ?混雑の少ない時間も

スポンサードリンク




スポンサードリンク