androidのインカメラを高画質にする方法やおすすめアプリ

スポンサードリンク




androidなどのスマホで自撮りなどをする時に、インカメラを使う方が多いと思いますが、いざ撮影してみるとノイズで画質が悪くがっかりしたという経験はありませんか?

インカメラが画質が悪いことは仕方がないと諦めるのはまだ早いです。
実はちょっとした工夫をするだけで綺麗に撮ることができます。

今回はインカメラを使って簡単に高画質で撮影できる方法やアプリをまとめてみましたので、是非参考にしてみてください!

androidのインカメラを高画質にする方法やおすすめアプリ

◆インカメラで撮る時になるべく高画質にする方法

◇室内では窓際の自然光や白熱灯の下がオススメ!

インカメラはどうしても画素数が少ないので、ノイズが入りがちです。
そこで窓からの自然光か白熱灯の下で撮影すると、肌がいい具合に写りますし、ノイズ軽減にもなります。

蛍光灯などの白い光の下では、肌が青白く見えてしまいますのでNGです!
室内であればできるだけ窓際で撮影するようにしましょう。

◇暗い所での撮影は避ける。

夜間やトンネルの中などの暗い所では、インカメラにノイズが入ります。
どうしても撮りたい場合は、フラッシュを入れるか、白い画用紙などを下に置き、レフ版代わりに使うと少しは軽減されるようです。

綺麗に撮影できる順序としては、

自然光>白熱灯>蛍光灯>暗いところ

です。
綺麗に撮るためには、自然光が一番ですが、室内や夜などでは、できるだけ白熱灯の下で撮るようにしましょう。

ただ、ディズニーランドなどの遊園地では夜にも楽しいイベントが盛りだくさんで、カップルなどは特に自撮りは必須ですよね。

そこで、暗いところで少しでもノイズを軽減し綺麗な写真を撮れるようになるように、専用のカメラアプリを紹介していきます。

◆高画質なおすすめカメラアプリ4選!

◇Cymera -フォトエディタ&コラージュスタジオ

カメラにレンズを取り付けたような感覚で撮影できるカメラアプリ。
フィルタで明るくしたり、目を大きくしたりと自由に調整することができます。

女性の自撮りはもちろん、男性にもおすすめできるアプリ!
シンプルですので、撮影後の編集もしやすいです。

◇キャンディカメラ

60種類以上のリアルタイムフィルターが特徴の、自撮り特化型カメラアプリ。
明るさや彩度、コントラストの細かな調整も可能なので使い勝手も抜群のカメラアプリです!
女性にうれしいスリム顔機能もついています。

フィルタの色合いがかなり綺麗で、個人的に一番いいなと思ったアプリです。

おしゃれな自撮り写真を簡単に撮りたい方におすすめ。

◇B612

起動した瞬間からインカメラになっている便利なカメラアプリ。

92種類のフィルターや細かい調整ができますし、SNSとの連携もバッチリやってくれますので、撮って即アップする人にはおすすめのアプリだと思います。

その他にもサイレントシャッターやセルフタイマーもありますので、便利な使えるアプリです。

◇BeautyPlus

ワンタップで美肌にしてくれたり、ニキビやシミも消してくれる女性にうれしい機能が入ったアプリです。

こちらのアプリの特徴は、メイクのような仕上がりにしてくれること。

例えば、毛穴をなくして美肌にしてくれたり、フェイスラインを自分好みに調整できたり、歯を白く見せたりと「かゆいところに手が届く」機能が沢山入っています!

男性にはおすすめできませんが、プリクラのように可愛く撮影したいのであればダントツでこのアプリがいいと思います。
照明を当てたような明るい写真を撮ることができます。

カメラアプリまとめ

カメラアプリには女性向けのアプリが多いですが、上で紹介した

  • cymera
  • キャンディカメラ
  • B612

は男性でも比較的使いやすいと思います。
よりプリクラのように明るく可愛い写真を撮りたいのであれば、Beauty Plusがおすすめ。

シンプルなのは「cymera」でおしゃれに撮りたいのであれば「キャンディカメラ」か「B612」。
可愛い写真を撮りたいのであれば、「Beauty Plus」がいいと思います。

いろいろ試してみて、ぜひ自分の一番いいと思うインカメラアプリを探してみてください!

上でも書きましたが、個人的には「キャンディカメラ」がおすすめです。

レンズでより綺麗に

アプリや少しの工夫で、何もしないよりも格段に綺麗に撮ることができますが、それ以外にも綺麗に撮ることのできる道具もあるんです。

それが下の写真のようなスマホ専用のレンズです。

大勢で自撮りする際に『全員が写真におさまらない』という悩みを解消してくれます。

画像左上のように、広角レンズとして使用することで、より綺麗な写真を撮ることができます。

角度の調節もしやすいので、明るい角度でも撮りやすいです。

また、それ以外にもマクロレンズと魚眼レンズもついているので、様々なシーンの撮影に使うことができます。

広角レンズは自撮りだけでなく、風景の撮影や集合写真などいろいろなシーンで使えるのでおすすめです。

ライト付きもおすすめ

レンズだけでなく、レンズにLED照明が付いているタイプもあります。

小さいとはゆえ、侮るなかれ。

想像以上に綺麗に撮ることができます。

これにも広角とマクロレンズが付いており、大勢で撮影する際にもおすすめです。

◆さいごに

いかがでしたでしょうか?

最近のスマホのカメラは高画質化が進んでおり、ひと昔前まで120万画素が普通だったのが、今では500万画素が主流になりつつあります。

中には1300万画素というデジカメクラスのスマホもありますので、ますます撮影が捗りそうですね!

インカメラを使って高画質に上手に撮影するコツは、やはり光の角度や当たり方も考える必要があります。

また、光の種類や色によっても、表情ががらんと変わりますので、いろんな環境で撮影してみるのも、上達のコツです。

是非みなさんも、試してみてくださいね!

スポンサードリンク




スポンサードリンク