狩りガールとは?資格や狩猟免許はいる?なぜブームがきているのか

スポンサードリンク




 

最近、森ガールなどの○○ガールなるものが流行っていますね。
みなさんは狩りガールなるものをご存知でしょうか??
今、森ガールや山ガールではなく、「狩りガール」が話題になっています。
今回はこの狩りガールに注目していこうと思います!

狩りガールとは?資格や狩猟免許はいる?なぜブームがきているのか

「狩りガール」名前を聞けばだいたい想像できそうですが、
その名の通り、狩りをする女の人のことをいいます。

狩りといっても本当に動物を狩るのではないだろう、とお思いの方もいらっしゃるとは思いますが、
この狩りガール、かなり本格的です。

ちょっとかじるというものではなく、免許もいりますし、
本物の猟をする人と同じようにシカなどを狩るそうです。

都会暮らしの人からしたら、かわいそう、怖いなどの意見がけっこうありますね。
なぜ今狩りガールが話題になっているのか??

そこにはちゃんとした理由があります。

なぜ狩りガールなるブームがきているのか??

 

最近はやりのモンスターハンターからきているブームなどではなく、
狩りをするにはちゃんとした理由があります。

畑を荒らす、猪やシカなどを駆除する、
シカ肉などを狩り、解体し、食べ、命のありがたさを考える、など。

最近は猟をする人が減ってきて、農作物が荒らされるなどの被害がひどくなってきているそうです。
その被害もほおっておけるようなものでもなく、全国で何億、何十億円もの被害が出ているそうです。
かわいそうと思う人もいるとは思いますが、誰かがやらなければならないことですよね。

 

どんどん猟師が減ってきているので、環境省が猟師の育成に力を入れているそうで、
本物の猟師さんから狩りの方法や、命を奪うということについてなど様々なことが学べるイベントが全国各地で開催されているそうです。

そのような活動もあり、狩りがだんだん身近に感じれるものになりつつあるのかもしれません。
命を狩るなんて普通は体験できないことですし、一度参加してみるだけでもかなりいい経験になりそうですね。
命の重さ知ると言うことで、狩りガールが増えてきているのもうなづけます。

狩りガールになるには資格、狩猟免許は必要か??

狩りガールについて書いてきましたが、実際狩猟をするにあたってどんな免許、資格が必要なのでしょうか??
猟師になるには「狩猟免許」が必要です。
狩猟免許には四種類あり、

網量
わな猟
第一種銃猟(火薬を使った銃)
第二種銃猟(空気銃のみ)

があります。
空気銃でも火薬式でも、銃を使うのであればまた別に免許の所得が必要になります。
警察署に申請が必要で、筆記試験、技能試験があるそうです。
講習に出て、修了証をもらい、火薬銃であれば射撃教習を受け、家に銃を置けるロッカーの確認もされるみたいですね。

持ってはいけない銃を持つことにもなりますし、猟師になるにはけっこう多くのことをしないといけないみたいですね。
都会暮らしの人はなりたくても知っている人が少ないでしょうし、猟師になるのも簡単ではないですね。

狩りガールや、猟師になりたいなら、イベントなどで本物の猟師さんから学ぶのが一番早そうです。

その他にも自由猟法というものがあって、上記で使うような道具を使わなければ免許の所得はいらないみたいですね。
ナイフや、パチンコ、素手など。    
ですが、狩ってはいけない動物もいるので、しっかりと講習を受けた方がいいでしょう。

まとめ

長くなりましたが、流行りの狩りガール。
気軽にできるようなものではないかもしれませんが、
大変な分、得られるもの、経験はかなり大きいと思います。
興味のある方は一度イベント、フォーラムなどに参加してみてはいかがでしょうか??

以上、狩りガールについてでした。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です