卒業式のスーツの着こなしやマナー【先生編】男性・女性別に注意点も

スポンサードリンク




卒業式といえば主役は卒業生ですが、卒業生を持つ先生にとっても特別な日となりますよね。
色んな準備で大忙しではあると思いますが、当日の服装もとっても重要と言えるでしょう。

卒業生を持つ先生だけではなく、出席される先生方も気になるところです。
そこで、どんなスタイルがマナーとしても正しいのか男性、女性それぞれ調べてみました。

卒業式のスーツの着こなしやマナー【先生編】男性・女性別に注意点も

まず、男女共通して言えることは、卒業式=卒業証書授与式であると理解することです。

入学式よりも式の格が違うため、フォーマルな装いを選びましょう。

思い返せば校長先生が卒業式にモーニングを着ていたことを思い出します。
これは、「正礼装」で教頭先生や担任の先生は「準礼装」と言って通常のフォーマルよりももう少し格式高いイメージの服装を選びます。

ただ、最近では保護者から「校長のモーニングは目立ちすぎである」という声もあがっているそうです。
正装をそのように捉える保護者もいらっしゃいます。

主役はあくまで生徒であるという理解は、こういう問題を避けるためにも大切です。

周りとの協調性を大切にして、生徒にとって良い思い出になってもらえるようにした服装選ぶことを心がけましょう。

一般的に教員のフォーマルはブラックフォーマルと言われています。

喪服のイメージが強いブラックフォーマルですので、暗くなりすぎないように胸元にコサージュをつけたり、女性はネックレスなどの小物使いで華やかさをプラスするようにしましょう。

卒業式のブラックフォーマルとは?

大半は冠婚葬祭に着用される礼服で、更に名前の通り黒い服をブラックフォーマルと呼びます。

普通の黒いスーツと何が違うのかと思われる方もいらっしゃるでしょうが、ブラックフォーマルのスーツは漆黒です。

通常のスーツと染め方が異なるので、良く見ると違いが分かります。

季節を問わず着用できるように、オールシーズン使えるようなアンサンブルのスーツが多く、一着購入しておけばどのシーズンでも対応できるものがほとんどです。

スーツの生地に光沢がないブラックフォーマルを暗く地味な印象に見せないように
インナーやアクセサリー、光沢あるストッキングを着用するなどのアレンジをしてみましょう。

男性の着こなしのマナー・注意点

卒業生の担任であるならば、ブラックのダブルが定番の卒業式スタイルです。

担任以外の先生は校長先生や担任からは一歩引いた形であるシングルでも良いでしょう。

小物であるネクタイは基本的には白が適切です。
担任以外の先生は、明るめの色で白に近いものを選んでください。

フォーマルというと色はブラックが定番ですが、ダークグレーや紺でも問題はないでしょう。

また、最近では男性も担任の先生の場合に限り、袴を着用している先生もいらっしゃるようです。

女性と違って、男性の羽織・袴姿ってとても珍しいものではないでしょうか。
男性が袴を着ると時代劇に出てくる侍や殿様のような感じで目立ってしまいます。

もし着用する場合は、袴と羽織の色選びには十分に注意して、落ち着いた雰囲気を与えられるものを選ぶようにしましょう。

女性の着こなしのマナー・注意点

女性もブラックフォーマルが一般的です。
華やかさをプラスしながら卒業式に合わせた正装をするならば袴もお勧めです。

しかし、あくまで生徒が主役ですので着用する場合は目立ちすぎない柄・色のものを選ぶように注意しましょう。
袴は黒や紺を選び、着物も柄が入っているものよりは無地の方がシンプルで良いです。

先生がいつもと違った姿を見せることは、子供たちにとっても少しピリっとした緊張感も与えられ、厳粛な雰囲気を作ることができます。

また、写真を撮るときにもとても華やかで卒業式らしい思い出が写せますので、生徒たちの評判も良いですよ。

しかし、その学校によってしきたりがある場合もあります。
一度、先輩教師に相談して、袴にするかスーツにするか決める方が良いでしょう。

まとめ

先生たちにとって卒業式は何度も経験するものだと思いますが、その年の生徒と過ごす一生に一度の卒業式ですから、先生も生徒と一緒に緊張するものですよね。

専門的な学校になると、入学から卒業までずっと同じクラスで過ごして、同じ担任の先生という学校もあるでしょう。

卒業式の日の写真は、しょっちゅう見るわけではないものの、ずっと何かの機会で卒業アルバムを開いてみる機会は大人になってからもありますよね。

私もいつも卒業の思い出を友人と振り返る時、担任やかかわりの深かった先生との思い出の話が出てくることが多く、何度話をしても飽きずに笑って話せて幸せを感じます。

当日を振り返っても、先生の思い出が教え子たちにとって素敵な先生の思い出として振り返ってもらえるような卒業式の雰囲気を崩さない素敵なファッションに身を包んでください。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です