水道水を飲む危険性や体への害!健康や肌荒れへの影響はある?

皆様は飲料水にはこだわっていらっしゃいますか。
蛇口に直接備え付けの浄水器を取り付けたり、レンタルのウォーターサーバーを利用されている方も多いですよね。

海外旅行へ行く際に、海外の水道水は気安く飲まないようにという忠告を旅行会社の方から必ず毎回受けます。
海外では、レストランの水は日本のようにサービスでは出てきません。

他のドリンクと同じで、料金を支払って出てきます。

そういった海外の文化からなのか、日本でも浄水器やミネラルウォーターの購入が一般化したのでしょう。
健康に良い水、美肌に良い水などとして、さまざまはミネラルウォーターが販売されるようになったのも大きな理由です。

とはいえ、日本の水道水はミネラルウォーターと比べても大差がないほど綺麗で美味しいです。
綺麗と言われている現在でさえ、水道水をそのまま飲む方は多くありません。

では実際に、蛇口から出てくる水道水をそのままや沸騰させて飲んでも問題は無いのでしょうか。
水道水を飲むことによって、何か健康を害することがあるのかどうか調べてみました。

スポンサードリンク

水道水を飲むのは危険?

東日本大震災、熊本大地震など近年日本は大きな災害が立て続けに発生しています。

原発事故の影響で水道水にも放射能の影響があるのではないかという方も増え、ミネラルウォーターやウォーターサーバーを飲料水にする人も多くなりました。

しかし、単刀直入に言うと、日本における水道水は危険ではありません。

世論調査によると、3割以上の方が水道水を何も処理せずにそのまま飲用しているんです。

ただ、確かに東日本大震災以降、実際に放射性物質が関東の浄水場から検出されているのも事実です。

この実態をどのように捉えるかは、結果的に人によって違うのではないでしょうか。

放射線物質による健康被害も、大人には問題ないと言われていたり、幼い子どもが摂取して蓄積された場合、健康を害するリスクが高まっていくという研究結果もあります。

水道水の殺菌に使われる塩素もまた、発がん性があるトリハロメタンという物質を発生させると言われています。

特に、このトリハロメタンは10分から20分かけた長めの沸騰で取り除かれますが、逆に短時間の沸騰では物質自体が増えてしまうという特徴があります。

スポンサードリンク

最近では電気ケトルを利用してお湯を沸かす場面も多いですが、短時間でお湯が沸かせるというメリットがかえって発がん性を高めているとも言えるでしょう。

ただし、トリハロメタン短時間の沸騰によって増えたからといっても、健康上問題がある程の量ではないと言われています。

実際に水道水を一番利用するであろう主婦層の発がん性が低いことから、必ずがんにつながるといったわけではありませんし、信憑性も低いものという説もあります。

ただ1つ言えるのは、日本の水道に関する法律はかなり厳しいため、このチェックを通るためにきちんとした管理のもと、塩素殺菌をして私たちの元へ届いています。

基本的には安全と言って過言ではないでしょう。

女性が気になる肌荒れを引き起こす?水道水による体の変化

水道水を飲むと、健康被害が必ず起きたり、今すぐに何か起きるというわけではないということは分かりました。
それでは安心して水道水を飲みましょう。と言えるのか・・・

そう言い切れるわけではないです。

それは、一旦使用された排水をもう一度飲用出来る水に再利用するために、殺菌して戻せるほどの塩素を使用していることには間違いありません。

しかも、日本の水道水は世界一の塩素濃度と言われています。

水道水を飲用した場合、安全に殺菌されているといってもそれが、人体に何も影響はないのでしょうか。

一番分かりやすく、誰もが一度は経験したことがあるのではないかという状況は、プール時の目の充血や、鼻に水が入った時に痛みを感じる時です。

これこそ、塩素の濃度が高いことから起きる症状です。

目は粘膜ですから、体の中の臓器などの粘膜で同じような症状が起きる可能性があると言えますよね。

胃や腸などの消化器官を塩素が荒らしてしまうと、便秘や肌荒れに繋がります

肌はお風呂に入ったり、洗顔で直接水道水に触れますから、原因の分からないアレルギーや湿疹などの肌荒れに悩まされている方は、水道水の飲用と使用が原因の場合もあり得るでしょう。

まとめ

水道水に対する意識が皆様の中で何か変化はありましたでしょうか。

私自身肌が弱く、引越しや旅行で国内であっても水が変わると肌への影響を感じることが良くあります。

それほど、私達と水道水は生活の中、そして体に密接にあると言えます。

そのままでも、加熱したとしても、水道水を飲用することは、人それぞれでしょうが何かしら影響はあるのではないでしょうか。

でもこれは、生命の危機に関わる程のものではないと考えても良いでしょう。

しかし、今すぐにというわけではなくても、身体への影響が起きる可能性に不安を感じる方や、幼いお子さんがいらっしゃる場合は、ミネラルウォーターの購入や、ウォーターサーバーを利用して安心して飲用できる水を選択するのも一つですね。

スポンサードリンク



2 件のコメント

  • ある施設の、洗面所の水に菌があり飲料水じゃないのを呑んでしまった場合。
    身体に、菌は入らないんでしょうか?
    飲んだら、苦味があるみたいです。
    飲める水も、同じく苦味があるそうです。
    最近、吐いたり、下ったりしてます。

    • コメントありがとうございます。
      水道水の味が変わり、苦味が感じられるようになる原因はいくつかあるようです。

      ・配管のサビ
      ・貯水槽が不衛生(カビなどが繁殖)
      ・給水管などの管材から鉄、亜鉛や銅などの金属が溶け出している

      などの理由があるようです。
      体調も悪くなる一方でしょうし、水道局やその施設の管理組合に一刻も早く連絡したほうがいいでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です