潮干狩りで必要な道具や持ち物まとめ!子供用や便利なものも

スポンサードリンク




家族や友達も一緒に外で楽しめる休日といえば、潮干狩りなんてどうでしょうか。
子供達も簡単に楽しめて、自分たちで採ったものを食べるという意味では、生きる勉強にもなりますよね。

ただ、必要な道具がしっかり揃っていないと楽しめなくて飽きてしまう子も出てきてしまいます。

最低限どのような道具が必要で、どのような道具があるとより便利で、楽しむことができるのか調べてみました。
お子さんたちが簡単に潮干狩りを楽しめる便利グッズを見ていきましょう。

記事の最後に一覧をまとめてありますので、そちらも是非ご活用ください。

潮干狩りで必要な道具や持ち物まとめ!子供用や便利なものも

皆様が潮干狩りに行かれる時、絶対に必要だと持っていく道具は何がありますか。

道具がきちんと揃っていないと、アウトドアな活動は楽しめませんよね。

潮干狩りに必須のグッズを1つずつ用途別に見ていきましょう。

バケツ

採った貝を帰るまで入れておくのに使用します。
子供たちは1人がどれだけ採れたかを楽しむので、子供用の小さいバケツが人数分あるとなお良いでしょう。

熊手

これがないと始まらないともいえる熊手です。
砂を掘り起こし、貝を見つけます。
先が尖ったものは、お子さんには危険ですし貝を傷つけるので、お子さんや初心者の方は先が丸いものを選びましょう。
100均の園芸コーナーなどでも、簡単に見つけることができますよ。

ただ、100均のものよりホームセンターなどで売られているもう少し値段が高いものの方が丈夫に作られてはいますのでもちは良いでしょう。
100均のものを持参する場合、予備のものがあると安心です。

軍手

手を保護するために必要です。
ゴム手袋ではすぐ破けてしまいますので、1番ベストなのは滑り止めのついた軍手ではないでしょうか。

クーラーボックス、保冷剤

採れた貝を新鮮に持ち帰るためには、保冷剤とクーラーボックスは必須です。

ここまでは、本当に無いと潮干狩りができないくらい必須のものでした。

以下は、直接潮干狩りに必要なものではありませんが、持参の必要があるものを見ていきます。

日焼け対策グッズ

日焼け止めや、帽子、サンバイザー、サングラスなど日焼け対策グッズは必須です。
長時間真剣に貝を掘っていると気がついた時には、肌が真っ赤になっていたということもあり得ます。
怪我の防止ためにも、長袖長ズボンを履いて日焼け対策を行うのも良いでしょう。

熱中症対策グッズ

日焼け対策が必要ということは、もちろん熱中症対策も必要です。
水分補給がしっかりできるように、行きのクーラーボックスには多めの水分をしっかり入れておきましょう。

冷えピタシートやテントやパラソルなども持参して、熱中症になる前にこまめに休憩を取れる場所を確保しましょう。

2リットルの空ペットボトル

これは水分補給用にはじめから空ボトルでなくても構いません。
水道水を入れて足洗い用に持ってきていても良いですね。

空ボトルが何のために必要かというと、帰りに貝の塩抜きをするために海水を入れるために使用するからです。

あると便利な潮干狩りグッズは?

あるとより潮干狩りが楽しめるグッズがあります。
こちらもまた用途別に紹介していきましょう。

忍者熊手

普通の熊手とは違って、手の間に網が張られているので、貝を取り逃がすことが無い熊手です。
ただこういったタイプの熊手は、使用を禁止されている地域がありますので、ご利用の地域のルールを調べて持参してください。
条例違反となる場合があります。

ポテトマッシャー

なぜ?と思われる方も多いでしょうか。
実は熊手だと貝を傷つけてしまうと、こちらを使われる方も多いんですよ。
100均でも販売されているので、潮干狩り用に購入しても良いですね。

吊り秤

場所によって色々ありますが、重さを超えてしまった分は追加料金を支払わないといけない場所もあります。
前もって吊り秤で量っておくとその心配はありません。

ゴム手袋

ゴム手袋を直にするだけでは破れてしまうのでお勧めしませんが、軍手の下にゴム手袋をしておくと、海水が直接手に染みてきませんのでお勧めです。

折りたたみバケツ

潮干狩りにはバケツは必須ですが、シリコン製の折りたたみバケツがかさばらずに便利です。

防水ケース(ジップロック)

濡れてはいけないスマホや財布、メガネなどを防水のケースに入れておきましょう。
どこで水に浸かってしまうか分かりませんので、市販のジップロックなどでも構いません。

フードタオル

下を向いて貝を掘っていると後頭部や首に日が当たり、ひどい日焼けや熱中症になりやすくなります。
フード付きのタオルを巻いていると頭と首を同時に防御できるので、日焼けと熱中症を対策できます。

子供用のソリ

プラスチック製のこどもが草滑りをしたりするソリがありますよね。
このソリにたくさんの荷物を乗せて引っ張ると重い荷物も一度に運べるので便利です。
お子さんがいると、両手がふさがるのは不安ですよね。
何かあった時にすぐにお子さんの手をひけるように片手は開けておくことが出来ます。

救急セット

突然の怪我の応急処置のために、消毒液や水仕事用のバンドエイドを持っておくと便利です。

こどもたちと行く潮干狩りに必須のグッズは?

こどもたちが潮干狩りに大人とは別に必要になってくるものは無いでしょうか。

靴下

大人は長靴を履いて潮干狩りをしても上手く歩けますが、子どもは慣れない長靴で転けたりして怪我をしてしまいます。
中に水が入って重たくなったりして不快にも感じますよね。
濡れても良い靴でも良いですが、びしょびしょになってこちらの場合も不快に感じるでしょう。

そんな時に使えるのが靴下の重ね履きです。
足の感覚のまま歩けるので転ける心配も少ないですね。
靴下一枚ですと貝殻を踏んでしまうなど、怪我をしてしまう恐れがあるので重ね履きをお勧めします。

レインコート

天気は急に変わります。
もし、曇り空の日でしたらレインコートを持参しておくと便利です。
突然の雨にも対応できます。

水着

下着の代わりに服の下に水着を着せておくと、びしょびしょになってしまっても不快感が無いです。

砂場用熊手

普通の大人が使用する熊手は、危険ですし、子どもには重たいと感じるでしょう。
貝殻を傷つけずに掘り返せますし、子どもの砂場用の熊手でも十分楽しめます。

犬用のリード

貝掘りに集中していると、気がついたらお子さんが自分の近くに居ないと焦ってしまうこともあるでしょう。
海岸での迷子は、人が多いと見つけるのにも一苦労で心配になりますよね。

そんな時に役立つのが、犬用のリードです。
自分とこどもを繋いでおけば目の行き届く範囲での行動になりますので安心ですね。

犬用が嫌な方には、お子さん用のリードも販売されているのでそちらもおすすめです。

長袖パーカー

潮干狩りというと、暑い季節にするものなので、半袖半パンにサンダルというようなイメージがあるかもしれませんが、日焼け対策のためにも、怪我の防止のためにも、長袖を着ておくと良いです。
下を向いて作業をする潮干狩りは、首が1番焼けてしまいます。
パーカーですとフードを被れば、ネックウォーマーやタオルを巻かなくても首を保護できますよね。

まとめ

今回の潮干狩りグッズについてまとめると

●潮干狩り必須アイテム●

  • バケツ
  • 熊手
  • 軍手
  • クーラーボックス、保冷剤
  • 日焼け対策グッズ
  • 熱中症対策グッズ
  • 2リットルの空ペットボトル

●潮干狩り便利グッズ●

  • 忍者熊手
  • ポテトマッシャ
  • 吊り秤
  • ゴム手袋
  • 防水ケース
  • 折りたたみバケツ
  • フード付きタオル
  • 子供用のソリ
  • 救急セット

●潮干狩り子ども用グッズ●

  • 靴下(数枚)
  • 水着
  • レインコート
  • 砂場用熊手
  • 犬用リード
  • 長そでパーカー

準備をばっちりして、楽しい潮干狩りにしましょう。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です