季節の変わり目の体調不良の原因と対処法!風邪や頭痛を防ぐには

スポンサードリンク




1年に何度か体調を崩す時期はありませんか。

風邪をこじらせたり、頭の痛みに悩まされたりするのは毎年この時期かも?
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

特に、季節の変わり目に体の不調を感じている人が多いようです。

筆者も子供の頃のこの時期は、必ずと言っていいほど体調を崩していました。

何故このタイミングで体調を崩すのか、この原因と対処法を知って、季節の変わり目も元気に、健康的に過ごして充実した毎日を過ごしましょう。

季節の変わり目の体調不良の原因と対処法!風邪や頭痛を防ぐには

どうして季節の変わり目になると、体調を崩すのでしょうか。

毎年、1年に3回、体調を崩す時期があると思うと、気が滅入りますよね。

まずはその、
大きな原因を探っていきましょう。

まず最初に、季節の変わり目というのは具体的に何月〜何月だと思いますか。

基本的には、

  • 3月〜4月
  • 6月〜7月
  • 9月〜11月

と言われています。

これは、この時期が、

1日の気温の寒暖差が大きいから

です。

この時期は、

  • 朝仕事に行く時
  • 昼にランチに外に出る時
  • 会社を出る時間

などで体感温度が大きく変わります。

その結果、

  • 肌寒さを感じるような薄着で過ごす
  • 厚着をしすぎて汗をかいたまま過ごす

など、うまく体温調整できなかった翌日に、風邪などの症状が出ることがあります。

こういった

気温の変化に体がついていかないという点が大きな理由

と言えるでしょう。

特に症状を感じやすいのは春の季節の変わり目?

季節の変わり目に体調不良を訴える人の中でも、最も症状を感じやすいのは、

『3月~4月の冬から春へと変わる季節』

であると言われています。

その理由には、気温の変化だけではなく、このシーズン独特の環境の変化も影響している為です。

この季節は、
卒業・入学・クラス替え・就職・転職・部署異動
など新しい環境に切り替わる人が多いでしょう。

そのため、体のストレスだけではなく、心にも大きなストレスを感じやすい季節です。

他の季節よりも症状を強く感じやすいのは、心のバランスの乱れからくるものかもしれませんね。

女性の方が季節の変わり目の体調不良を感じている?

実は、季節の変わり目の体調不良に関しては、女性の方が多いと言われています。

それは自律神経と女性ホルモンのバランスが大きく関係しているから。

自律神経と女性ホルモンは同じ脳の視床下部という場所で分泌、コントロールされています。

その為、自律神経のバランスが乱れてイライラしたり落ち込んでいる時は、女性ホルモンのバランスも乱れやすいです。

そうすると、肌荒れが起きたり、生理が止まったりと女性にとって大切な妊娠・出産に関する機能が低下してしまうので、男性より余計に体調不良を感じるでしょう。

起きやすい症状と対処法

風邪症状

季節の変わり目で一番悩まされる症状なのではないでしょうか。

熱やのどの痛みなどの風邪症状は先に申し上げた通り

季節の変わり目の体感温度の差が激しいことが原因

となる場合が多いです。

対策としては、朝・昼・夜で脱ぎ着出来るような服を選び、体温調節ができるようにしておきましょう。

寒い・暑いという状態を急激に感じないようにすることがポイントです。

また、朝は特に冷えやすい為、暖かい格好で就寝されることをオススメします。

間違っても、半袖や半ズボン、ショートパンツなど、肌を出すような格好で寝ないようにしましょう。

頭痛

頭の痛みの症状は人によって様々ですが、
この時期の頭痛は、

ストレスや寝不足などにより自律神経が乱れることが主な原因

と言われています。

他にも、

  • 春・秋:天候の変化、花粉症
  • :冷房、夏バテ
  • :体の冷え、暖房

など、自律神経の乱れだけでなく、季節により様々な影響があります。

もともと偏頭痛がある方は、

  • より痛みが強くなる
  • 痛みの時間が長くなる

といった変化が起きやすくなります。

対策としては、

なるべく早く寝て、良質な睡眠をとる

こと。
仕事中などでも頭痛が続く時は、

  • 休憩中に軽く眠る
  • スマホを見過ぎないなど、目を休める時間を作る。

などをして工夫しましょう。

また、

  • 体を温める
  • ストレッチで血行をよくする

ことも、頭痛に効果的だと言われています。

頭痛が酷くなってきたな、と感じた時は、ストレッチや体を温めるなどしてから、軽く仮眠をとるといいでしょう。

肌荒れ

女性ホルモンと自律神経の関係のところで少しお話しましたが、この時期は、肌に影響の出やすいです。

  • 肌が敏感になって赤みが出る
  • かゆみが出て掻き壊しを起こす
  • 普段出来ないような場所にニキビができる

など、
普段ではあまりでない症状が肌に現れます。

自律神経が乱れ、発汗状況に異変が起き、毛穴が詰まったり、汗をかいたまま時間が経ってしまい、肌が不衛生な状態でさらされてしまいます。

以上のことから、肌荒れが起きることが考えられます。

自律神経が乱れないようにすることはもちろんのこと、

  • 肌着をこまめに変え、体を拭く
  • 顔を洗う

などで、皮脂や老廃物が肌表面に残らないようにしましょう。

顔は洗いすぎると逆効果になると言われていますので、ハンカチで汗を軽くとる程度で大丈夫だと思います。

疲れ・眠気

疲れや眠気がいつもより抜けないと感じるのもこの季節の変わり目で、もちろん自律神経の乱れが関係しています。

眠っても眠っても、眠った感じがしないと言われる方も多いです。

寝つきが悪い時は、寝る少し前の時間(寝る1時間半前~2時間前くらい)にストレッチなどで体をほぐすと、寝つきが良くなることもあります。

寝る前は、テレビやスマホを見ず、静かに過ごすように心がけましょう。

耳鳴り・めまい

これをきっかけにメニエール病を発症する方もいらっしゃるくらい、自律神経失調症の代表的な症状でもあります。

人と目を合わせて話している時にも感じる、瞼のけいれんや目が疲れてパソコンやタブレット等を使用した仕事をしている時の目の疲れや、耳鳴りを感じる方も多いです。

こちらも、睡眠不足の解消やスマートフォンやタブレットから休憩時間は目を離して休むようにしてください。

まとめ

いかがでしたか。
季節の変わり目に体調を崩す理由と、その対処法をご説明しました。

季節の変わり目の体調不良と大きく関わるのは、気候や気温の変化による、自律神経の乱れです。

無理をすると、心まで落ち込んでしまいますので、症状を感じたら、これ以上自律神経が乱れないように、規則正しい生活を送るようにしましょう。

最後に、季節の変わり目の体調不良の原因と対処法をまとめていきます。

  • 自律神経の乱れが大きく関係している。
  • 体感温度の変化に対応できる服装を心がける。
  • 睡眠をしっかりとり、規則正しい生活を送る。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です