日焼け止めを塗らない方がいい理由!使わないで紫外線を防ぐ方法も

スポンサードリンク




美しい肌や若々しさをたもつためには紫外線を予防することが大切です。
真夏だけでなく、1年中、雨の日も風の日も紫外線は降り注いでいるから美白を目指して日焼け止めを毎日しっかり塗っているという女性が多いと思います。

けれども、実は日焼け止めは塗らない方が肌にいいと言われていることをご存知でしょうか?

今回は、日焼け止めを塗らない方がいい理由や日焼け止めが身体に与える影響、日焼け止めを使わない紫外線予防法をご紹介してきましょう。

日焼け止めを塗らない方がいい理由!使わないで紫外線を防ぐ方法も

日焼け止めと一言でいってもいろいろなタイプがあります。

ですが、日焼け止めは基本的に肌に負担になる成分が入っているので、とくに敏感肌の方などは日焼け止めが肌荒れの原因となることがあるのです。

日焼け止めを塗らなくても紫外線を防ぐ方法はたくさんあります。
ですので、日焼け止め以外の紫外線予防グッズを上手に利用するとよいでしょう。

日焼け止めで肌荒れする理由

日焼け止めを塗って、肌荒れしてしまった経験が有る方もいると思います。
日焼け止めで肌荒れを起こした原因はいくつか考えられます。

1.日焼け止めの数値が高い

日焼け止めを選ぶ時に「SPF」「PA」という表示をご覧になったことがあるでしょう。
これは、皮膚が赤くなるまでに時間を数値化したものや紫外線予防効果を表したものです。

この数値が高くなると紫外線予防効果が高くなりますが、その分肌への刺激も強くなるので肌荒れの原因になってしまうのです。

2.しっかり落せていない

日焼け止めは、数値が高いほど簡単には落せなくなります。
ですから、専用のクレンジング剤をつかって落とすことが必要になります。

このクレンジングがしっかりとできていないと日焼け止めが肌に残ってしまいます。
肌に残った日焼け止めは毛穴をつまらせて、皮脂の過剰分泌の原因となります。

この洗い残しが肌荒れの原因となっているケースが非常に多いです。

3.紫外線吸収剤の影響

日焼け止めには紫外線吸収剤という成分が含まれています。
この紫外線吸収剤は、その名の通り紫外線のエネルギーを吸収して、ほかのエネルギーに変えて放出して紫外線が肌に届かないようにしています。

この紫外線吸収剤が含まれていることで紫外線予防効果は高くなりますが、その分肌の上で化学反応を起こすので肌への負担も大きくなります。

このような原因で毎日日焼け止めを塗ることで肌荒れを招いてしまうのです。

*日焼け止めが及ぼす肌以外への影響

じつは、日焼け止めを塗らない方がいい理由として肌以外への影響もあります。

紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めは、肌荒れ以外にも化学合成化合物によってアレルギー反応がでたり、ホルモン異常を起こす可能性もあると言われています。

反対に紫外線散乱剤(紫外線を反射してくれる働き)が含まれる日焼け止めは、その主成分が発がんの可能性があることも言われています。

日焼け止めは肌以外へも影響を及ぼす可能性があるので、できれば日焼け止め以外で紫外線予防をしたいものです。

また、どうしても日焼け止めを塗らなくてはいけない時も必要最低限にして、できるだけ肌に負担の少ないものを選ぶようにしたいものです。

*日焼け止めを使わずに日焼け対策をする方法やグッズ

では、日焼け止めを使わないでもしっかりと紫外線予防対策はできるのでしょうか?

紫外線対策グッズとして知られているものと言えば、「日傘」や「帽子」です。

外出の際には、日傘か帽子を活用し、できればUVカット加工がしてある長袖の服を着るなどの工夫が必要です。

ほかにも、いろいろな紫外線対策がありますのでご紹介しましょう。

1.抗酸化食品を摂りいれる

抗酸化力が高い食材は活性酵素を抑えることで紫外線もブロックできます。
抗酸化食品と言えば、ほうれん草やケールなどを使った青汁やスムージーがオススメです。

2.色の薄いサングラスをかける

紫外線予防のサングラスといえば、色が濃いものをイメージしますが、実は色が薄いサングラスの方が効果があります。
眼から入った紫外線もメラニン色素を活性化します。

日光に当たっていないけど、いつの間にか黒くなっていた、というケースはこれに当たることが多いです。

ですから、陽射しが強い時間はサングラスをかけると良いのですが、とくに薄い色のサングラスならまぶしい光で瞳孔が縮まるので紫外線を予防できるのです。

3.黒ファッションをする

黒は紫外線を吸収して遮断するので、肌まで紫外線を通しません。
ですから、黒の帽子、黒のアームカバー、黒の日傘という黒ずくめのファッションで紫外線のダメージから肌を守ることができます。

長袖、丈の長いスカートなど、できるだけ肌が外にさらされないようにしましょう。

*まとめ

今回は、日焼け止めが肌に与える影響や日焼け止めを使わずに紫外線予防する方法をご紹介しました。

当たり前のように使っている日焼け止めですが、せっかく美白を目指しているのに反対に肌荒れの原因となってしまうことがあります。

肌への負担の大きい日焼け止めを使わずに、しっかりと紫外線対策できるグッズもあります。

日傘、帽子、アームカバー、色の薄いサングラスなどを活用して紫外線予防をしましょう。
また、体の中から紫外線予防をするために抗酸化食品なども上手に取り入れていくと良いでしょう。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です