年末年始の海外旅行の穴場やおすすめの国!安く行く裏技も

スポンサードリンク




毎年の年越しは、色々な過ごし方がありますよね。
こたつに入りながら、お正月のテレビを見て…という過ごし方をされている方も少なくなってきているのではないでしょうか?

そんな中、年末年始を海外で過ごそうと予定されている方もいらっしゃいます。
しかし、同じように海外旅行に行かれる方って意外と多いですよね。

毎年、年末年始は空港もイヤになるくらいの人混み…!
最悪なケースでは、行った先でも日本人だらけってこともあり得ます。

そこで、のんびりとくつろげる穴場の国をご紹介させて頂きますね。
さらに、安く行けるツアー選びの裏技もまとめてみました。

年末年始の海外旅行の穴場やおすすめの国!安く行く裏技も

2017年〜2018年の年末年始の連休は、6日間です。

休み明けの仕事のことを考えると、

時差がそれほどなく、フライト時間も少ない国

がいいですよね!

そこで、日本から直行便で行ける「台湾」と「パラオ」をおススメさせて頂きます。

台湾

★おすすめポイント

  • 日本から2時間半程度で行ける。
  • 気温も温暖なので過ごしやすい。
  • 台湾のお正月は、旧正月なので国内が大型連休になっておらず混雑しない。
  • 物価が、とても安い。
  • 台北101のカウントダウン花火が、すごい!
  • 観光、食事、マッサージ、買い物と楽しめる。

★穴場の理由

台湾と聞くとゴミゴミとした都心部を思い浮かべますよね。

しかし、人混みを避けのんびりされたい方におススメの穴場スポットが、「墾丁」(ケンティン)です。

台湾唯一のリゾート地で海がとてもきれいなので、ビーチリゾートを楽しみたい方にピッタリです。
冬でも28度もあるのでスキューバーダイビングやシュノーケリングも思う存分できるのも魅力!

ビーチリゾート以外にもすぐ近くには、台湾でお馴染みの屋台街「夜一」もあるので地元の美味しい物も楽しめます。

ホテルは、大型リゾートの

シーザーパークホテル
ハワードプラザホテル

があるので安心です。

とにかく、近くて安いです。
また、ショッピングや観光、海など、現地での楽しみ方も多種多様!

寒い中、暑いところでのんびり過ごす年末年始も新鮮でいいかもしれませんね。

ちなみに、「墾丁」へのアクセス方法は、

高雄国際空港から直行バスで1時間半ほど

です。
成田や関西空港からの直行便もあり4時間程で着きますので、下手すると国内を車で旅行するよりも楽に行くことができます。

パラオ共和国

天皇皇后両陛下が訪問されたことで話題となっているのが「パラオ」。
パラオもとっても魅力たっぷりな国であることをご存知でしょうか?

★おすすめポイント

  • 日本からパラオへの直行便があるので、乗り継ぎなしで4時間半で行ける。
  • 年間平均気温が、28℃なので過ごしやすい。
  • 年末年始でも価格が高くならない。
  • 食べ物が、美味しい。
  • 親日国なので東南アジアの中では、比較的安全と言われている。
  • ゆったりのんびりと自然を満喫できる。

★穴場の理由

パラオと言うと、ダイビングなどのビーチリゾートを思い浮かべる方が多いですね。

しかし、きれいな海だけがパラオの魅力ではありません

パラオは、数えきれないほどの島があります。
なんと、その中で人が住んでいるのは、たったの9島のみ!

そのため、無人島にはとても美しい自然が残っており、各島ごとに見どころもたっぷりなんです。

数多くの島の中でもおススメの場所を3カ所ご紹介しますね。

  • 「ペペリュー島」
    太平洋戦争の爪跡が、いまなお残っている場所です。
    歴史やパラオと日本の関係を知るために一度は、訪れる価値があります。
  • 「パペルダオブ島」
    パラオの中で一番大きな島で、パラオ国際空港や首都マルキョクがあります。
    パラオの中心部で大自然とダイナミックな景観を楽しめます。
    パラオ最大の「ガラスマオの滝」や巨石群の「ストーンモノリス」が、おススメです。
  • 世界遺産「ロックアイランド」
    「ロックアイランド」は、445の島々から成り立っており、ユネスコの世界遺産に登録されています。
    上空写真で見ると透き通った海にグリーンが映えてとっても美しいですよね!
    オプションツアーが、充実しています。
    島めぐりや釣り、シュノーケリングをはじめ、ボートクルージングなどを1万円くらいで楽しめます。

などなど。
大自然を大いに満喫することができます。

■海外になるべく安く行く方法は?

海外旅行って高いイメジーがあるので、ツアーよりも個人旅行の方が安いと思いますよね!

しかし、個人で格安の航空チケットを探したり、ホテルの手配までをするのは、語学の問題もあり非常に大変です!

さらに、選び方ではツアーの方が割安のことも多く、安全性の面でもツアーで予約するのが無難です。

★格安ツアーの見つけ方!

格安のツアーを探す方法は大きく分けて2種類。

比較検討サイトと旅行会社ごとに探す2つの方法があります。

比較検討サイトによる探し方

数えきれないほどある旅行会社のツアーをまとめて比較できます。
旅行会社であればどこでもいいという方には、おススメです。

比較検討サイトには、

  • エイビーロード
  • トラベルコちゃん
  • イーツアー
  • スカイスキャナー

などがあります。
行き先と日程を入力するだけなのでとても簡単です。

ただし、あまり知られていない小さな旅行会社の時には、必ず利用した方の

口コミをチェックする

ことをお忘れなく!

思わぬトラブルに巻き込まれないために大切です。

ちなみに、いい評価ばかり目にいきがちですが、悪い評価も必ずあるので、絶対にチェックしてから決めましょう!

旅行会社ごとに探す方法

たくさん旅行会社があるので探すのは、大変ですよね。
でも、大丈夫!
格安ツアーを扱っている会社ってほぼ決まっています。

  • HIS
  • JTB

などの大手旅行会社です。

他にも、多くの旅行会社があるので、実際に足を運んで比較してみるといいでしょう。

「安く行きたい!」という気持ちも分かりますが、行き先は海外なだけに安全性も考えてツアー選びは、慎重にして下さいね。

個人旅行もあり

ここまで、旅行会社などでツアーを組むことをお勧めしましたが、場合により個人旅行の方がいい時もあります。

個人旅行の利点は、

いらないものを最小限に、必要な部分だけを組み込むことができる

点だと思います。

  • 行きたくないところも旅行行程に入っている
  • 高いホテルでなくてもいい
  • ご飯がいらない

など、ツアーではどうしても不必要なものまで付いてきてしまう場合もあります。

そういう部分を無くしていくと個人旅行の方が格安になることが多いです。
筆者も実際にアメリカに行った際には、大手旅行会社よりも、ホテル・航空券を半額以下に抑えることができた経験があります。

個人で予約するコツは、『日程や時間をこまめにずらして比較する』ことです。

航空券の値段は『日程と時間』でかなりの差があります
「少し高いな」と思っても、少し時間をずらすだけで安くなることも多いので、よく調べた上で決めましょう!

またホテルに関しても、予約する日で値段が変わるところもあるので、何回も比較することのがおすすめです。
(エクスペディアなど)

旅行会社は、非常時に電話でサポートしてくれるのは安心ですが、日本にいる電話相手が現地の状況を迅速正確に把握できるとは限りません。

とはいえ、やはり個人よりも安心できることに変わりはないので、値段がそこまで変わらないのであれば、無理して個人で予約する必要もないでしょう。

■まとめ

「台湾」と「パラオ」どちらもそれぞれの良さがあります。
「台湾」と素敵なビーチってちょっとイメージが湧かないですね。
ビーチリゾートと言えば、定番が「ハワイ」や「グアム」なので人混みを避け、のんびりとプライベートな時間を楽しめます。

「パラオ」も日常生活を忘れ、思いっきり自然を堪能できるのでリラックス効果バッチリです!

今年も残り僅かです!

「ツアーの予約が取れなかった…。」

なんてことがないように、早めに行動しましょう!

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です