鼻毛の白髪の原因やかゆいのは病気?白髪染めや抜くのはいいのか

読者のみなさんは、鏡を覗いた時に、
「鼻毛に白いモノが混じっていて、びっくりした!」
という経験は、ありませんか?

あまり鼻毛の白髪って見ないだけに、ご自分の鼻の中にあったら…。
とてもショックです!

何が原因でそうなってしまうのでしょう……。
かゆみまであると「悪い病気かな?」と悩んでしまう方もいると思います。

さらに、見つけた時には、どのようなお手入れをしたら良いのでしょう。
髪の毛の白髪は、「抜くと増える!」という話しを聞くことが多いので…。
だったら、鼻毛もそのままにしておいた方がいいのかなと思いますね。

中には、「髪を白髪染めする時に一緒に染めてしまえば…。」と考える方もいらっしゃるのでは、ないでしょうか?

そこで、今回は「鼻毛の白髪の原因や対処方法など」について説明させて頂きます。

スポンサードリンク

■鼻毛の白髪の原因は?

実は、髪や鼻毛は、頭皮の中で生える準備をしている時は、白い状態です。
黒くなるのは、生え変わってくる時に黒く色を付けるメラニン色素が働くからとされています。

そのため、白髪はメラニン色素がうまく機能していないということです。

その原因は、
活性化酸素の影響が大きく、老化を促進させてしまうから
と、言われています。

さらに、白髪になるのが一番早いのは、鼻毛です。
次に髪、髭、体毛…となります。

40代になり白髪が気になりはじめた私も早速、鼻の中をチェックしてみましたが…。
今の所は、大丈夫そうなのでほっと一安心!

さらに、具体的に鼻毛の白髪の原因を見て行きましょう。

鼻毛の白髪の主な原因

・生活習慣の乱れ

自律神経のバランスが悪くなると、血液の循環が低下します。
血行不良は、白髪の原因です。

・食生活の乱れ

栄養が足りないとメラニン色素を作り出せなくなり、白髪になりやすくなります。

・ストレス

ストレスにより活性化酸素が増加して、メラニン色素の細胞にダメージが
加わるためです。

・遺伝

親が若白髪だとお子さんもというケースは、多いです。
これは、しっかりと鼻毛の白髪にも当てはまります。

・加齢

加齢により血流が悪くなり、鼻毛も白髪になります。
特に、年齢の影響を受けやすいのは、女性です。

■鼻毛の白髪を予防するためには?

★食事に気をつける!

メラニン細胞を活性化させるために「チロシン」や「ヨード」がたくさん含まれているものを食べると良いです。

  • 「チロシン」を多く含む食べ物
    牛乳やチーズなどの乳製品、大豆食品、赤身の魚(鰹等)
  • 「ヨード」が多い食品
    ワカメや昆布、ひじきなど

★生活習慣を改善して血行を良くする!

  • 十分に睡眠を取り日々の疲れを回復させること
  • 適度な運動や入浴で血行を改善すること

鼻の白髪対策だけではなく、健康を維持して毎日楽しく生活するためにも、これらのことに気をつけないといけませんね。

スポンサードリンク

■かゆいのは病気なの?

鼻のかゆみの原因は、主に2つあります。

1、鼻毛が伸びると、鼻の中の粘膜が刺激されてかゆみが起こります。
こまめにカットをすると良いでしょう。

2,カットしてもかゆい時には、花粉症の事もあります。
耳鼻科を受診して、適切な治療を受けましょう。

鼻毛の白髪とかゆみは、全く関係ありません。
また、鼻のかゆみは、病気とはほぼ無関係なので安心して下さい。

■白髪染めや抜くのはいいの?

鼻毛だから目立たないと思っても、やはり抜きたいですよね!

歯医者さんで虫歯の治療をしている時などに、
「あっ、鼻の中に白髪がある!」
と思われたら、恥ずかしいですしね。

鼻の中の白髪の処理方法について見て行く前に…。
鼻毛ってどのような役目をしているのでしょう?
鼻毛が、なぜ私達の体にとって必要なのか?」について説明させて頂きます。

★鼻毛の機能

1、フィルターの役目

人間は鼻で呼吸をしています。
鼻呼吸のデメリットは、目に見えないウィルスや雑菌を空気と一緒に吸い込んでしまうことです。

そこで、鼻毛が大活躍します。
雑菌やウィルスを毛で絡めとり、体内に入るのを防ぐからです。

2、加湿機能

鼻の中が、乾燥すると不快なだけでなく、風邪などのウィルスが繁殖する原因です。

そこで、鼻から常に出ている粘液により、乾燥を防止しています。
さらに、鼻毛に絡み付くことで、加湿効果がよりアップするとのことです。

このような鼻毛の役割を考えながら、抜く行為や染めることについて考えていきましょう。

★鼻毛の白髪が気になるから抜くことは?

鼻毛を抜いてしまうと、その部分から殺菌などが入ってしまい、鼻の粘膜に炎症が起きやすくなります。

ひどいケースでは、毛膿炎を起こし死に至ることもあるそうです。
毛抜きなどで、一度に大量に抜く事ことは、やめましょう!

★鼻毛の白髪を染めようという方へ

「抜くのは痛そうだから、染めてしまえば、鼻毛の白髪が、目立たなくなるかな?」
と思われる方もいるでしょう。

しかし、危険なので絶対にやってはいけません。
ヘアカラー剤が粘膜を刺激してしまい、炎症を起こす原因です。

さらに現時点で、鼻毛専用の白髪染めなどは販売されていません
やはり、鼻という構造上、「染めることが無理なのかも…?」と考えられた方が、良さそうですね。

そこで、鼻の粘膜を傷付けずに、処理する方法を見て行きましょう。

■鼻の白髪を適切に処理するには?

鼻毛カッターや鼻毛切りはさみ(刃先が丸く安全)で白髪をカットすることをおススメします。

白髪が気になっても、伸びるまで「グッ〜!」と我慢しましょう。
数本程度でしたら、その部分をちょっと切れば、目立たなくなります。

■まとめ

鼻の白髪って気になりますね。
ただ、あまり気にし過ぎるのも体によくありません…。
加齢などが原因の時には、
仕方ない、年だから!
と、割り切ることも必要です。

さらに、鼻の中にちょっと白髪があってもその都度ケアすれば、周りからも気付かれません。

大切なのは、人に不潔な印象を与えないことです。
鼻の白髪が気になっている方は、適切に処理してエチケットに気を付けましょう。

スポンサードリンク