目薬の差し方のコツ!簡単にうまくさす方法や裏技も

スポンサードリンク




目薬を使う時、

  • うまくさせずに垂れてしまうから上手な差し方ってあるのかな?
  • 使いなれないので、差すのが怖い。
  • 差し終わった後って、まばたきすべきなのかな?

と思われている方が、多いようです。

私もうまく差せずに、もう一度やり直しという経験が幾度となくあります。

PC作業による疲れ目や花粉症の辛いかゆみ対策にと手放せない目薬だけに、うまく使いこなしたいものですね。
そのような皆さんのお役に少しでも立てればと思い、目薬の上手な差し方から裏技までをまとめてご紹介させて頂きます。

目薬の差し方のコツ!簡単にうまくさす方法や裏技も

1,目薬を使う前にすること

目だけに衛生面に気を付けないとその後トラブルを招きかねませんね。
必ず、点眼する前に手を石けんで洗うようにしましょう。

2,目薬を持っていない方の手で目を大きく見開くこと

右手で薬を持ち差す時には、左手の親指と人差し指を使って上下に目を開けます。
また、下まぶたを軽く引いてその部分に差すという方法もあるので、やりやすいやり方で試してみて下さい。

3,目薬は、たった1滴で十分

たくさん薬剤を落とした方が、効き目がより早いような気がしますね。
それは、あくまでも素人の考え!
目の表面の目薬が溢れてしまい、せっかく点眼したのに流れ出してしまう原因となるのでやめましょう。

4、目薬を差した後にもコツがある

よくまぶたをパチパチされる方がいますが、こちらもNG行為です。
目薬を使った後は、目を閉じてさらに目頭を軽く押さえて2分くらいゆっくりとしていると、より効果があるとされています。

なぜ、目頭を押さえるかと言うと、涙腺から鼻の方に薬剤が流れ出さないためです。

また、目薬を数本併用して使われる際には、間隔を5分程開けましょう。
続けて使用すると、1本目の目薬が2本目のものにより流されてしまうためです。

5、目の周りに付いた目薬は、必ず清潔なハンカチやテッシュで拭き取ること

そのまま放置しておくと、皮膚が赤くなるなどトラブルが起きることがあります。

また、目薬を使う際には

  • ボトルの先端が目に付かないようにする
  • 一つの目薬は一人の人のみ使う
  • 使用期限

の3点に気を付けて下さいね。

さらに、より簡単な目薬の差し方について見て行きましょう!

◾️目薬を差す簡単な方法

上述した通りにやっても「目薬がうまく目に入らない!」という方も多いでしょう。
そのような時には、以下の差し方が簡単です。

口を大きく開けて差す

これは顔の筋肉をうまく利用したやり方です。
なぜかというと、口を最大限大きく開くと自然と目も見開きます。
目が小さい方でも目薬が差しやすくなる便利な技です。
ただし、オフィスや電車の中では、さすがにこの方法はためらわれますね。

目薬を持つ手を固定する方法

慣れないと薬を持つ手が空中でぶれてしまうなんてこともありますね。
そのような時には、反対側の手でグーを作り目尻を下げて、その手を台にして目薬を差すのも一つの手段です。

さらに裏技についても見ていきましょう!

◾️目薬の差し方に裏技ってあるの?

★トイレットペーパーの芯を有効活用しよう!

かなり昔に『伊藤家の食卓』という番組で紹介された方法です。
TVで放送された後、実際にやられた方達の間で「ほぼ100発100中入る!」と話題にのぼりました。
どのような方法なのか見て行きましょう。

トイレットペーパーの芯を目薬を差す目に当てて、望遠鏡を使う時のように覗き込み、芯の反対側から目薬を差せば終わりです。

芯を目に当てることでまぶたが閉じるのを防ぐという、とてもシンプルな原理によるものです。

しかし、トイレットペーパーの芯ってちょっと長過ぎますよね!
そう感じる方は、お好みの長さにカットして使いましょう。

◾️便利な補助器具も!

トイレの紙の芯を目に当てるって衛生的にどうかなと少々不安…。
そのような方のために、ほぼ同じ原理を利用した便利なアイテムもドラッグストアで販売されています。
いくつか見て行きましょう。

1、カワモトらくらく点眼

筒状のグッズを目に当てて、反対側の差し込み部分に目薬を装着して差します。
目薬の先端が目に当たらずに使えるので、衛生的です。
お値段も¥500前後とお手頃なので、うまく差せない方は一つあると便利でしょう。

2、アカンベー(目薬差しやすい2個セット)

目薬のボトルに本製品を貼ります。
アカンベーの器具の部分が、ちょうど下まぶたに当たるので目を閉じることなくスムーズに点眼できます。
とても便利ですが、ワンボトルに1つしか使えないという点が少々ネックです。

3、カワモトらくらく点眼III

こちらは、ご自分はもちろん小さいお子さんや高齢者の方に点眼する際に便利です。

用具に目薬を固定したものをそのまま、目に当て本体を握ると薬剤が落ちて来ます。
握力の弱い世代でも力を必要としません。

ただし、基本的に処方箋薬専用のようなので、市販薬には対応できないという部分がマイナスポイントでしょう。

さらに、割り箸や消しゴムを使ったお手製「点眼補助器具」もあるとのこと。
こちらは、サイトのアドレスを掲載させて頂きますので気になる方は、ぜひお時間のある時に作ってみてはいかがでしょう。
腕の関節になんらかのトラブルがあり、思うように目薬を差せない方におススメとのことです。

http://www.uonuma-ph.jp/s_fukuyaku/fukuyaku2/fk_2_tenganjijyogu/fk_2_tenjijyo.html

◾️まとめ

簡単なようで難しい目薬の差し方ですが、ちょっとしたコツをつかんでしまえば
スムーズに使用できるようになります。
今は、便利なアイテムもドラッグストアで販売されているので、どうしてもうまく
できない方は使われてみると良いでしょう。

さらに。目薬を利用される際には、1日に点眼する回数や用量をきちんと守ることも大切です。
適切に使用して目の健康を維持するように心掛けましょう。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です