放射能泉の効能や飲泉は安全?妊婦や赤ちゃんへの影響も

スポンサードリンク




赤ちゃんが生まれる前にゆっくりと温泉にでも行きたいと思う女性も多いでしょう。
リラックスして過ごすことができる温泉旅行を楽しみたいけれど、
気になる事も多いですね。

温泉はいろいろありますが、そのなかでも放射能泉の効能や妊婦や赤ちゃんへの影響が気になるところです。

そこで今回の記事では、放射能泉の効能などを中心にご紹介していこうと思います。

放射能泉の効能や飲泉は安全?妊婦や赤ちゃんへの影響も

放射能泉という言葉を耳にしたことはありますか?
ラジウム温泉やラドン温泉という方が知られているかもしれません。

そもそも温泉は、地中から湧き出る温水、鉱水、水蒸気などで温泉法に定められた温度や物質を有するものです。

その中でラジウムやラドン、トロンなどの放射性元素をふくんでいるものを放射能泉と言います。

「放射能」というと驚いてしまうかもしれませんが、その量はほんのわずかです。

レントゲン写真も放射線が含まれていることが知られていますが、レントゲン写真よりも少量なので、気にするほどではありません。

放射能泉の効能は、体内に停滞している老廃物を取り除くことができるということです。
また、自律神経系の復調にも効果があるといわれています。

*放射能泉の飲泉は安全なの?

放射能泉は、飲泉場があるところも少なくありません。
そこで気になるのは安全性でしょう。

実はヨーロッパに比べると日本の飲泉はあまり多くはありません。

とはいえ、日本でも最近では飲泉所を設ける温泉施設も増えてきました。
温泉愛好家の間ではだんだんと人気となっています。

とはいえ、どんな温泉でも飲めるわけではありません
温泉には有害な物質が含まれていることもあるので、その含有量が多い場合は飲むことはできません。

もちろん、衛生面での問題もあります。
ですから、飲用する場所は湯栓など衛生が確保できるように限定していることが必要です。

*妊婦が温泉に入るのは大丈夫?

では、妊婦は温泉を利用することができるのでしょうか?
胎児などへの影響が気になりますね。

温泉によっては効能などと一緒に妊婦さんの入浴を禁止していることもありますので、きちんと調べることが必要です。

とはいえ、禁止されている理由が妊婦さんにとって温泉が危険だからではなく、何かトラブルがあったときの責任を負えないからという理由が強いようです。

妊婦さんが温泉に入ること自体はプラスの効果もたくさんあります。

たとえば、

  • 筋肉疲労の緩和
  • リラックス効果
  • 肩こりや腰痛の緩和
  • 血行促進
  • 疲労回復
  • むくみの緩和

などがあります。

妊婦さんは、ホルモンバランスがくずれるので自律神経が乱れやすく、イライラしたり落ち込んだりすることもありますので、温泉のリラックス効果を活用したいものです。

また、妊娠中は足がむくんだりします。
温泉で温まることで血流を改善して新陳代謝をよくすることで浮腫みを改善することも期待できます。

*放射能泉の妊婦への効能は?

では、いろいろある温泉のなかで放射能泉は妊婦さんへどのような効能があるのでしょうか?

ラジウム温泉ともいわれる放射能泉は、万病の湯と称されるほどさまざまな疾患に効果があります。

とくに関節リウマチ、痛風、高血圧、皮膚炎などに効果が期待できます。

*温泉は胎児への影響はないの?

妊婦さんが温泉に入ることで、もうひとつ気になるのは胎児への影響です。

温泉が皮膚から吸収されて胎児に影響することはありません。
ただ、胎児に影響があるとすれば子宮収縮が起こる可能性があることです。

温泉のために旅行をして疲れていたり、動きすぎが原因でお腹が張りやすくなってしまいます。
それが子宮収縮を起こす可能性があるのですが、温泉が直接胎児に影響するわけではありません。

*妊婦が温泉に入る時の注意点は?

温泉が妊婦さんや胎児に影響がないとはいえ、気をつけなくてはいけないことがあります。

1.42度以上の湯ぶねは避けること

温泉だけではなく、自宅でもあまりお湯につかりすぎると心拍や血圧が上がってしまいます。
そのため、血液の粘度が増して血栓症を引き起こす可能性があります。

2.転倒に気を付けること

お風呂場は滑りやすくなっています。
とくに温泉施設は床がつるつるしていて滑りやすいこともありますし、湯気で前がみずらいこともありますので一人で入浴するのは避けた方がいいでしょう。

3.のぼせに注意すること

温泉に長く浸かることで体内の血管が拡張したままになってしまい、脳に送られる血液量が多くてのぼせることがあります。

とくに妊婦さんはホルモンバランスが変化して自律神経が乱れることがあるので、のぼせを起こしやすくなります。

このように妊婦さんが温泉を楽しむことに問題はありませんが、できるだけ気を付けて入るようにしましょう。

*まとめ

いかがでしたか?

今回は、放射能泉について、効能や安全性、妊婦さんへの影響などをご紹介してきました。

温泉はいろいろありますが、放射能泉は万病の湯と言われるほど、さまざまな効果が期待できます。

ご紹介したように温泉が直接妊婦さんや赤ちゃんに悪影響があるわけではありませんが、妊婦であるという体に対して、影響を起こしてしまう可能性があります。

できるだけ安全に温泉を楽しめるように今回の記事の注意点もしっかりと理解しておきましょう。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です