生理中のシュノーケルの注意点や水中用ナプキンなど対策!サメの危険性は?

スポンサードリンク




旅先で「シュノーケリングを楽しむぞぉ〜♪」と思っていても…。

生理と重なってしまうとことってありますよね。
旅行と月のモノが重なるだけでもうんざりなのに…。
せっかくのマリンスポーツまで楽しめないのは、かなりガッカリですね。

しかし、大丈夫です!
きちんと対策をすれば生理中でもシュノーケリングを楽しめます。
そこで、どんなことに気をつければ良いのか?など見ていきましょう。

さらに、月経による出血をかぎつけてサメに襲われるという話もあります。
こちらについても真相や対策方法をまとめさせて頂きました。

生理中のシュノーケルの注意点や水中用ナプキンなど対策!サメの危険性は?

1、無理をしない!

イベントごとになるとついテンションもアップしてしまいます。
そのために、生理中でも「大丈夫!」と無理をしてしまいがちです。

しかし、生理中は旅の疲れと重なって体調を崩しやすいです。
さらに、海に入ることで下腹部も冷えてしまいます。

お友達や彼氏に迷惑を掛けてしまったら迷惑です。
その日の体調に合わせて海に入るかを決めましょう!

2、衛生さを保つ!

海って雑菌ばかりです。
それでなくても生理中は、非衛生的になりがちと言われています。
海から上がったらすぐに生理用品を交換しましょう。
また、シュノーケリングを終えたら必ずシャワーを浴びて陰部をきれいに保つことも必要です。

3、水着やウエットスーツなどは、濃いめの色を選ぶ!

ナプキンやタンポンを使っても漏れないとは断言できません
万が一という時、人目が気になります。
色の濃いウェアーを着て事前に対策しておきましょう。

4、あらかじめトイレの場所をチャックしておく!

ナプキンを取り替えるために、トイレの場所は要チェックです。

5、カイロを持参する

生理中だと、海から上がった後に腹部が冷えやすいです。
こんな時にカイロがあると局所的に温められるので便利!

◾生理中のシュノーケリング対策

海やプールに入っても膨張しない生理用ナプキンがあると嬉しいですよね。
しかし、残念ながら販売されておりません

マリンスポーツの女性インストラクターの方は、生理の時にナプキンとタンポンを併用されている方が多いです。
タンポンに不慣れな方は、夜用ナプキンでOK!

また、最近では月経カップという商品もあります。
しかし、海外性のモノが多くサイズも日本人には大きめです。
入らない」、「取れない」という方も中にはいるようなので抵抗がありますね。

そんな方に、純国産「ROSE CUP」!

日本製と聞くとやはり、安心しますね。
説明書も日本語ですから海外性のモノに比べて使い方も分かりやすいです。

当日使うのは,トラブルがあると大変ですから事前に使用してみてはいかがでしょう。

◾婦人科で生理日をずらしてもらう!

どうしても生理中に海に入るのは、抵抗があるという方もいますよね。
私も実はそうです。
やはり、人の目が気になります。

そのような時には、産婦人科の医師に相談しましょう。
ピルで一時的に生理を止めることも可能です。
また、ホルモン剤を使い生理日をずらすということもできます。

ただし、どちらの方法も旅行に行く3ヶ月前ほどには医師に相談しましょう。
すぐに生理をずらすということは、お医者さんでも無理です。

ところで、マリンスポーツをする際の服装をちょっと工夫するだけで生理の不快感をグーンと減らせます。
早速、ご紹介させて頂きます。

◾ウエットスーツとドライスーツがある!

マリンスポーツって普段しないのでどのような服装があるのか、ちょっと分かりづらいですね。
ダイビング、シュノーケリングをする時には、ウエットスーツもしくはドライスーツを着用します。

1、ウエットスーツ

  • 水が浸透してしまうので生理用ナプキンが、海水まで吸収してしまう。
  • 生理用ナプキンとタンポンの併用が理想的
  • インナーとビキニタイプの水着を着れば、ナプキンだけでも大丈夫!
  • 海から上がったらすぐに生理グッズを交換しないといけない。

2、ドライスーツ

  • 水が浸透しない構造なので生理の時におススメ。
    (普段着の上から着ることができる)
  • タンポンを使ったことがない人でも生理用ナプキンだけで安心して楽しめる

こうしてみると生理中の方には、ドライスーツの方が安全でしょう。
また、血で汚してしまった時には、すぐに水洗いすれば落とせます。
それでも落ちない汚れの時には、中性洗剤とぬるま湯を使ってゴシゴシとこすり洗いしてみて下さい。

◾サメの心配は?

人食いザメは、血のニオイをかぎつけて来ると言われているだけに怖いですよね。
生理中に海に入ったために、サメに襲われたなんてことになったらシャレになりません!

真相は、YESともNOとも言えません。
なぜなら、サメのいるポイントを遊泳していたら生理中でなくても襲われる確率が高いです。

どのような場所、状況でシュノーケリングをするかに左右されます。
ただし、生理中だからサメのターゲットになりやすいという話はデマです。

サメ生息地!遊泳禁止

というスポットには、絶対に近寄らないことが大前提と言えます。
いざサメが襲って来ても誰か助けくれるだろうという考えは、甘いです。
自分の身は、自分で守るためにも安全な場所でマリンスポーツを楽しみましょう!
もちろん、サメの姿を見たらすぐに海から上がって下さい。

◾まとめ

生理中のマリンスポーツは、何かと面倒そうです。
使い慣れないグッズを利用するのもやはり抵抗があります。
そう考えると、早めに医師に相談された方が無難ではと思います。

生理のことばかり気にしてしまい、結局思う存分楽しめなかったという方も意外と多いです。
せっかくの綺麗な海!
最高の状態で楽しみたいですね。
体調に気を付けてシュノーケリングを堪能して来て下さい。

スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です